十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の12の漢字は、
植物(農作物)の一年の様子を象った漢字です。

たとえば、稲の生長過程ですが、

稲 成長 

まず、種が

種のなかで、芽をだすけれど、まだ外に出られない状態が

地中で、種の殻を破って、芽が出るのがで、

その芽が、地上に顔をだすのが、です。

その顔を出した葉っぱが、すくっと立って
田植えができるくらいの苗になるのが、

稲 辰 


田植えされた苗が、まっすぐ伸びていく
上記の稲の図の「分げつ期」というのが、です。

 稲 巳


そして、
になって、植物は、花をつけて、受粉します。

稲 花 


は、作物の実になっていく時期です。
」は、口へんと、未(ひつじ)と書くように、
未月は、作物の実がおいしく育っていく時期です。

稲 未 


は、育ってきた実がしまってきて、
しっかりとした実になっていく時期・・・

稲 申 

そして、
は、みのった実を刈り取る時期。

稲刈り 

:戉(まさかり)が元字であるように、
 まさかりで全ての実を取り切る
そして、取れた米の余剰分を、売って商売する時期

最後に、
種になって、来年の発芽のために養分を蓄える・・・

これで、ちょうど一年ですね。
植物(農作物)の一年の様子を漢字にあてはめれば、
カレンダー(暦・こよみ)も作ることができたというわけですね。

参照:【十二支にはなぜ猫がいないのでしょう?
 十二支の動物はどうやって割り振られたのでしょう?①】
【十二支にはなぜ猫がいないのか?
 そして空想上の生き物・辰(たつ)が入っている理由とは②】


それで、残りの「巳」と「亥」ですが、

精霊を象徴する蛇の形に象り、
   神をとどめまつる意を表す。『角川新字源』
 
巳は、5月5日からの一ヶ月で、初夏の陽気。音は「シ」
上へ上へと、植物が伸びていく状態を表す

〉〉〉陽気が立ち上がって天まで届き、最盛期に向かう。
 地上では陰気が隠れてしまう。
 感性と理性をともに備えるものの、
 両立できずに揺れ動き、不安定になる。
 この不安定要素が何らかの手段によって、芸術的表現力となる。
 芸術における間接的な表現。特殊な創作能力。
 大衆の中で、孤高を保ちながら前進し、大衆の目標となる。
 外面が明るく内面が暗い。つまり外面(そとづら)が良い。
 常に助けられることを望み、助けることは迷惑となる。
 感受性が強い(蛇は触られるのをいやがります)ために、六親に縁が薄くなる・・・
東洋占星学Ⅰ 十二支』 上田享矢 

 「巳」って、上の四角が頭で、残り胴体・・・
「巳」という漢字は、蛇の形そのままですよね?

ただ、四角の部分を頭にすると大きすぎるから、こういう図柄になりますけど・・・
巳 
それに、
蛇はネズミを退治してくれるし、
脱皮を繰り返して大きくなることで、不死の象徴とされました。
八岐大蛇(やまたのおろち)が、八つの支流をもつ川の象徴とされているように、
途切れることのない川の流れを、蛇と見たて、
川の渦を巻くところを、蛇のとぐろを巻く様子と見たてた、とも言われています。
また、日本の古代語では、蛇は「み」「ち」の音で、「水・み」と通じ、
水の神様として崇められました。


蛇 弁財天 
〈白蛇弁財天 栃木県真岡市〉

蛇の十二支入りは、文句のないところでしょう・・・・


そして、12番目の「亥」

もと大きないのししの形を象る
 この亥(囲いの意味)と木で、かご(籠)の意を表したが、
 そこから転じて、「核」=「殻」にかこまれた、
 果実の中心の「さね」=「種」の意味になった。
 音は「カイ・ガイ」 『角川新字源』

11月7日からの一ヶ月。

〉〉〉亥水で、水支配
 万物が絶えて、生物や種はじっと春を待つ
 陽気は消滅して、純陰。内外ともに陰。
 粘り強く、苦労や困難に向く。
 性格は、表面は明朗だが、内面は陰気。
 孤独に弱く、衆を作ることを好み、家庭内にあっては、明るさの中心となる。
 知恵があり、生活におけるアイディア・工夫が上手で、
 計画・企画に見事な才能を発揮する。
 何事につけても万全を期し、どんな困難にも知性で乗り切る。

「亥」が「いのしし」になったのは、
漢字自体が「いのしし」の形からできていました・・・・

(≧∇≦)b OK!!!

ちなみに、月偏に「亥」は「豚・ぶた」で、
この月偏は、肉月の月で、
いのししから毛を取ったのが「豚・ぶた」となったのではないでしょうか・・・・
推測ですが・・・・

v(*'-^*)-☆タブン、ソウカモ!!!

また、日本で「いのしし」と読む「猪」は、
中国では「豚・ぶた」を意味する、とのことですよ。


さて、表題の「なぜ十二支にねこがいないのか?」に迫りましょう・・・

:読みは「し」 水支配
これを、「ね」と読むのは、
この漢字が幼児を象っており、最初の意味を持っているからで、
「根・ね」や「種・たね」に通じることは、②でお話しました。

時期も、12月7日からで、
子月の真ん中が、一年で一番、日が短くなる「冬至」です。
季節は真冬なのですが、
一番日が短くなる頂点の「冬至」を過ぎたら、その時点から、日がすこしずつ長くなってきます・・・
ずっと、真冬、ということはあり得ません。
その分岐点が子月なのですね!

〉〉〉新しい命が種の中に生まれ始める。
 陰の気が極限に達し、陽の気が出始める。
 「一陽来復」の分岐点であるため、陽を生み出す。
 それゆえ、「子供」子を生む「母」
 そこから(産み出されるものとして)「知恵・学問」の意味をもつ。
 なので、知恵と行動、知識吸収と創造が一体化し、前進がうまい。
 ただ、蓄積と放出を繰り返すため、運勢の上下は激しい。
 初代運の質を持ち、初代であることが成功につながる。(同上)


で、これが、「ねずみ」になる理由ですが、

1、「ネ」は「ヌ」に通じ「ヌスミ」の意味。
  盗みをする動物であることから。(『日本釈名』)
2、「寝盗」。寝ている間に盗みをする動物であることから。(『和訓栞』)

そして、3つめに、

3、「ネ」は「根の国」の「根=暗いところ」「スミ」は「棲む」
  暗いところに棲む動物であることから(『東雅』)

「根・ね」に「棲む・住む」動物で、「ねずみ」
「根」は「子」と同じ意味なので、「子・住み」=ネズミ

ナルホド!∠(*^ー^*)oラジャ!!


では!!!

音が「ね」である「子」、
これを、「子こ・ネコ・猫」としたら、なんで、ダメなのでしょうね???

まず、「ねこ・猫」の語源ですが、

≫≫≫有力な説は、「ネ」が鳴き声、「コ」が親しみを表す接尾語というもの
 『源氏物語』では猫の鳴き声を「ねうねう」と「ネ」の音で表現しており、
 「猫」の呉音は「ミョウ」「メウ」で鳴き声に由来する
 幼児語で猫を「にゃんにゃん」やニャアコ、犬を「ワンワン」ワンコと鳴き声で呼び、
 あとに「コ」を加える点も共通している。
 漢字の「猫」は、獣偏に音符「苗」で、
 「苗」は体がしなやかであることを表したものか、
 「ミャオ」と鳴く声になぞらえた擬声語と考えられている。

(*'▽'*)ワァ♪ソレデ、ネコ・・・

まあ、猫・ねこは、地中の根っこのところには住まないし、
「根・ね」の意味からは、ちょっと遠い動物であることは確かですね。

猫 箱入り2 

でも、狭い箱など、
まわりが囲われているところに入っているのは大好きなんですけどね。

猫 箱入り 

猫 箱入り3 

どちらにしても、ねこは、かわいいですね。
ネコ派さんがいるのも、肯けます。

昔、私も捨て猫を飼っていて、
一度拾ってきたけど、やはり飼えない、と思って、表に出したら、
うちの娘が、また拾ってきたので、観念して飼ったのですけど、

その子は、私が帰ってくる時間になると、
家族に背を向け、玄関のドアに向かって、ずっと座って、
主人である私の帰りを待っていたそうです。
「また、ニャーちゃん、ママ待ってるよ、みんなにケツ向けて・・・」

だから、というのではないのですけど、

でも!!!
十二支のどこかに入ってほしいですよね、「ねこ年!」

「子」はダメでも、
毛皮から、冬の動物なので、「丑」・・・・
でも、猫って、行動が敏捷だからなあ、ちょっとダメ

「寅」は、気迫の点でダメだったし、

猫の耳は、うさぎのように象徴的ではないから、「卯」もダメ、

「辰」は、植物がしっかり「立つ」からだし、

「巳」:神さまになっている蛇は押しのけられないし、
上に上に伸びていく感じは、ないし・・・

「午」は陽の頂点で「夏至」の時期で、猫は、へばっていそうだし・・・・

「未」は「味」のある肉として食べられても嫌だし・・・

「申」:武官にはなれないし、硬いどころか、形を変えられるくらいしなやかな体だし、

「酉」は「取り・穫り」で、やはり「鳥」に軍配だし、

商売人の「戌」のように、にこにこ、遜(へりくだ)るはできないし、
 
「亥」は元が「いのしし」だし、毛も硬くないし・・・・

ヤッパリ(^┬ ┬^=)ダメカ・・・

十二支には入れないけど、やっぱり、ねこって、かわいいですよね。

猫

もうすぐ冬至ですね。
今年の冬至は、12月22日 午前1時28分です。

古代の人は、一年が365日とわかっており、
昼の時間が一番長い日・夏至と、短い日・冬至、
それに昼夜の時間が同じになる春分、秋分の日もわかっていて、
この4日がそれぞれの季節のちょうど真ん中になるように、
四つの季節に切り、それぞれをまた三つに分けたのです。

そして、12ヶ月を区切り、それぞれの月をおぼえやすく、
動物にたとえたのですね。

もちろん、暦は十干と十二支の組み合わせなので、
空間を表す十干のほうも、「木・火・土・金・水

甲乙は「木」で、陽の甲は、木の兄(え)、陰の乙は、木の弟(と)
丙は、火の兄(ひのえ)、丁は、火の弟(ひのと)
戊は、土の兄(つちのえ)、己は、土の弟(つちのと)
庚は、金の兄(かのえ)、辛は、金の弟(かのと)
壬は、水の兄(みずのえ)、癸は、水の弟(みずのと)
というように、
陽と陰を、兄と弟にして、
みんながわかりやすく、そして、覚えやすくしているのですね。

さて、
その時間を表す十二支は、植物の成長の様子を漢字で表しています。

種から芽が出て、成長して、実がなり、収穫して、また、種になる、
それで、ちょうど一年ですね。
だから、その時々の
植物(農作物)の一年の様子を表せば、一年の区分けができるのです。

それが、「子・丑・寅・卯・・・」という十二の漢字なのですね。

では、残りの五つですが・・・・

農作物を収穫するのに、まず、種をまきます。
植物の最初は、「」です。

種子(しゅし)ですね。種は「た」ですね。
 それは、植物の)でもありますね。
 だから、「」も「」という読みになります。
 そして、
「子」が、十二支の最初に来るのは、この理由からですね!

ナルホド! (^0^ゞ ラジャ!


二番目に来るのが、「丑」。①で解説済みですが、

この漢字は、
:種の殻のなかで、芽を出すために伸び始めているけれど、
 殻をまだ打ち破れないで、曲がっている様子を表しています。

時期も、1月5日から節分までの時期なので、寒いですから、
まだ種は、地中で眠っているころですね・・・・


そして、立春の2月4日からが、「寅」
:硬い殻を打ち破って、
 芽が土のなかで伸びてきている様子を表した字

種の硬い殻を打ち破らなければならないので、
その前進力に気迫が必要ですね。
「寅」という字も、を両手で持ってまっすぐのばしている形になっていますね。
だから、気迫の「虎・トラ」


この次の、3月6日からの一ヶ月が「卯」です。

:芽が土の上に顔を出した双葉の状態を表した字
 万物が芽を出し、繁茂しようとしている時期です。
 昼夜の時間が同じ、春分の時期です。

〉〉〉春の中心で、柔らかい草木です。
 組織を作るのが得意で、平和な時代には体制側で活躍し調和します。
 一方、動乱の時代になると、反体制側につき、アウトローとなります。
 時代観察の能力に優れ、政治経済の世界で活躍します。
 外柔内剛で、波乱に際して、何度でも立ち上がる粘り強さがあります。
(『東洋占星学Ⅰ 十二支』上田享矢より 以下同じ)

「卯」とは、肉を二つに切り分けた様を象っている漢字だそうですけど、
植物が芽を出すと、双葉になりますが、
その双葉の、二枚の葉っぱの形に見えませんか?

それに、
まだ短い草の間から顔を出している、うさぎの耳に見えませんか?
また、上記の「何度でも立ち上がる」って、うさぎだと思いませんか?
「何度でも」かどうかはわかりませんけど・・・・

うさぎ2 

♪d(´▽`)b♪ウン、似テル似テル

 うさぎ3


さて、次は「辰」・・・・

:二枚貝が、その殻から舌を出している状態を表した字で、
 植物が伸び始めている状態
 
4月5日からの一ヶ月で、春の終わり(晩春)のころです。
草木は、しっかりと立っ、盛んに伸びて行く時期です。

「シン」という読みの「」を「たつ」と読むのは、
草木が、しっかりと「立つ」から来ているのではないでしょうか?

そして、「たつ」という動物は、
」「」であり、空想上の動物です。

辰2 


なぜ、この月に十二支で唯一の空想上の動物がはいったのでしょう・・・・

【辰土の解説】
〉〉〉一気に春の季節がまとまる。
 財運に縁が深く、一代の栄華となるか貧となるかのどちらか。
 内面の情熱を発揮しにくく心の葛藤がある
 内面と外面が不均衡であるために、最高にも最低にもなり、
 最高になれば時代の寵児となる。
 男性的。 (同上) 

(○´^`○) ウーム・・・

算命学には、「格法」というものがあり、
壬騎龍背格」というのがあり、
この格をもっていたのは、芥川龍之介です。

壬騎龍背格」とは・・・
〉〉〉幸運中の不運芸術の才能を持つ。
「龍の背中に乗っている壬」の象意。
伸びる時は、一気に伸びるが、
幸運が続くとそこに不運も内在し、
成功すればするほど、負担が増えていく。
そのために幸運の最中にそこから逃げ出したくなるという
蒸発の格」である。最悪の場合、自殺となる。
『東洋占星学 格局法』より 上田享矢


芥川龍之介 明治25年(1892)3月1日生まれ
  
  

龍之介という名前は、
「辰年・辰月・辰日・辰の刻に生まれたことに由来する」といわれているが、
実際は、辰月ではなく、寅月生まれですが、

〉〉〉龍之介が生まれてすぐに、母親は発狂
 母の実家(芥川家)の養子となる。
 東大在学中(大運)から小説を書いていた。
 東大を卒業して、漱石に認められ、
 作家の道に入ったのは、24歳・年。
 35歳で自殺。自殺の理由は「将来へのぼんやりした不安」
 成功すればするほど、不安定になる。
 「蜘蛛の糸」の心境。 (同上)

ここまで「辰」がそろうと、
「壬騎龍背格」の意味がそのまま出るのですね。

「辰」の説明に、
「内面の情熱を発揮しにくい」
「心の葛藤がある」
「内面と外面が不均衡」というのも、頷けますね・・・・

(゚ー゚)(。_。)ウンウン

四月から五月初めのこの時期って、
ほわっとあったたかくて、
どういうわけだか浮き浮きした気分になったり、
でも、それに伴うものがなくて、むなしい気分もしたりしますよね。

五月病になって、自殺が多いというのも、辰月のせいかな・・・

と、推測してみましたが・・・・
わかりませんけど・・・・

だけど、「辰」の説明にあった「財運」ですけど、

そう!
「お金」って「のものですよね?

紙に印刷されているものを、一万円、千円、と思うのは、
日本政府がその紙に、その価値を保証しているからで、
その信頼がなかったら、それは単なる紙切れでしかありません。
その紙切れ自体は、一万円しません。

100円玉のコストは、約25円です。
逆に一円玉は、2~3円かかるとのことです。
でも、1円は1円ですし、100円は100円。

かと思うと、エラー硬貨や、エラープリントの紙幣が、
ものすごい値段になっていたり・・・


そうなんです!

この世には、「実体」のあるものだけではなくて、
「虚」のものもあるのです。

小説も、テレビの映像も、サービス業も、
すべて「虚」=作り物・想像上のものです。

(゚0゚*)オオ!ソウダ!(・0・。) ソノトオリ!


「十二支の中に、空想上の生き物が存在するのは、なぜ?」

それは・・・・

この世にあるものは、実体があるものだけではない!
空想上=「虚」のものは、実際にこの世にあり、
その事実を、十二支の暦のなかでも教えてくれているのかもしれません。

いや、もしかすると、
辰月というのは、ほんとうに、虚の月???


十二支、まだ、途中ですが、
調べれば調べるほど、その意味の深さに驚かされます。

残り2つと、なぜ、猫がいない?の謎に次回、迫りましょう。
乞う、ご期待!


十二支になぜ猫がいないのでしょう・・・

十二支の動物は、無学の庶民に浸透させるために動物を割り振ったのだが、
その順番や選ばれた理由は定かではない、とのこと。
『語源由来辞典』

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥を、
ね・うし・とら・う・・・・と呼んでいますが、
本来の読みは、
子・シ、丑・チュウ、寅・イン、卯・ボウ、辰・シン・・・
であって、
ネズミや、ウシ(牛)や、トラ(虎)ではないのです。

では、なぜ、それぞれの動物が当てられたのか・・・

当ブログは、
西洋占星学の十二星座のそれぞれの名前、
牡羊座・牡牛座・双子座・・・といった名前には意味があり、
それぞれの星座の名前は、
それぞれの星座の端的な特徴があらわされたものではないか、
ということを解き明かしたくて、始まったブログですが、

東洋の十二支のほうも、何か意味がありそうな気がしますね。

(゚∇゚*)ウン!何カアリソウ・・・

その前に、
十二支とは何なのか、ですね・・・・

今から四千年前の人々は、
宇宙の法則を決定する時間の流れを考察した、そうです・・・・

そして、宇宙=この大自然は、
時間と空間からなり立っているものであるということに気がついたそうです。

その時間の法則ですが、

木星が太陽の周りを一巡するのにかかる時間が12年
一年には四季があって、
それぞれの季節を始めと中と終わりで三分割すると12ヶ月で、
一日が12刻=24時間、1時間が12の倍数の60分というように、
12進法は自然の法則を表す数字として、生活に定着していったそうです。

(*゚.゚)ホ・(*゚。゚)ホーーッ!!

それでは、まず、
動物の名前がそのまま発音されている
丑、寅、午、未、申、酉、戌について、見ていきたいと思います。

テキストは、上田享矢先生の
『東洋占星学Ⅰ』「陰占の基本 十二支」を用います。

:音はチュウ
 指先を曲げてものをつかむさまを象る(『角川新字源』)
 芽が出かかっているが、
 まだ曲がっていて地上に出ていない状態、伸びきれずにいる状態を示す

丑月は、1月で、立春前の、冬の終わりの一ヶ月です。
丑は、本元が己土で、冬の湿った柔らかい大地です。
ですから、表面は柔軟なのですが、
まだ、冬で凍っているので、中は固い状態なので、
内面は、剛情で自我が強い
また、行動は鈍く、(だって、寒いもん)
慎重で思慮深いが、垂直思考のため、融通が利かない
平和を好み、動乱を嫌うが、動乱にあっても自己を見失わない。
保守的で、この保守性が忍耐力を生み、
時機到来を待てるので、好機を得て、成功できる、とのこと。

というのが、「丑」なのですが、

この生格を一番もっている動物は、「」だと思いませんか?

牛1 

西洋占星学の牡牛座の性格にも、相通じるものがありますね。

(゚▽゚)(。_。)ウン! ワカル気ガスル・・・


:音はイン 本元は甲木
 矢を両手でまっすぐ伸ばしているさまを象る
 「引き伸ばす」の意味。

寅月は立春(2月4日)からの一ヶ月で、萌え出た芽が伸びる時期で、
万物が出発する場所で、前進するところだそうです。
守りが固く、独立独歩で、内面に前進の気迫がある。
観察力、洞察力に優れ、大局的な情愛の深さを持つ。

独立独歩で、群れを作らない動物、そして、気迫のある動物・・・
獲物を捕まえるために、じっと様子をうかがう(観察力・洞察力)・・・
と言えば、「」!

虎 

この性格は、猫も持ちますが、
「気迫」というところで、「虎」でしょう。 


:音はゴ
 もちをつく杵(キネ)の形を象る
 縦棒と横棒が交差するので、午前と午後の交差点を正午という。
 太陽が頂点に昇る時間が正午。
 丙火=太陽支配の時期です。

午月は6月6日からの一ヶ月間で、
夏至は、ちょうど午月の真ん中の6月21日あたりです。
万物が盛大になって、木の枝がおおいに伸びる時期で、
昼が最も長くなるのがこの時期。
激しい情熱と直情径行で、烈火の性格。
内面も外面も明るく、それが、豪放で開放的な性格を作り、
正直で、人から好かれる

馬 

馬は、本当はとても臆病な性格の動物です。
ですけど、この写真のような馬の駆け抜ける様子を見て、
古代の人も、
夏の中心で、陽の気が最高になるこの時期にぴったりだ、
と思ったのではないでしょうか?


:木に枝が出た様子を象り、木に枝が茂って暗いさまを表している
未は未土で、本元は己土で、夏の終わりです。
未月は、7月7日からの一ヶ月で、植物は実をつけ始める

内面は陽で、外面は陰となる。
忍耐強さと剛情な性格
他人との妥協を許さず、他人が自分に和するまで、粘り強く待つ。
平穏で波乱が少ない人生
祭り、祝い事、遊びに縁がある

祭司において、生け贄に使われたのが羊・・・
 
羊 


:稲光が走るさまを象る。読みは「シン」
万物が締め付けられ、硬くなる。8月7日からの一ヶ月。

武官。剛金の質で、動乱の中での闘争。
勇猛果敢に闘って、名を挙げる。
迅速で積極的な行動の中で、成長する。
短慮で、前進する行動力が目的と合えば見事だが、
合わないときは自滅し回復できない。
多芸多才で、実行すればできる。
人生が多岐にわたることがある、まとまりがなくなりやすい。
私情に流されないので、情愛に欠ける場合がある。

三蔵法師を助けて、旅する孫悟空は猿ですね。
孫悟空 
それに、さるかに合戦の猿は、情愛に欠けてますね( ^o^)ノ
さるかに合戦
ネ!酷いね!


:酒を醸す壺の形を象る 読みは「ユウ」
万物が実り、収穫の時期。成長が終わり、冬の時期が始まる。
酉は、方角は西で、酉月は秋分の時期。9月8日からの一ヶ月。

申が武官に対して、酉は文官
内面は直情だが、外面は貴品を尊ぶ。
気位が高く、他者を低く見るところがある。
法律・集団・権力に依存する。
苦労することで名誉が高まる。
実より名を取る生き方を選ぶ。

酉は「取り、穫り」で、収穫の意味から、
音が同じ「鳥」が当てられたのではないか、と、思います・・・・


:小さい「戉(まさかり)」の形 読みは「ジュツ」
戌月は10月8日からの一ヶ月間。

収穫(酉)の時期を引き継いで万物が衰える。
陽気がわずかに残る季節。
内面に万物を収斂し、外面に放出する準備をする。
熟したものを最後まで全部穫り入れる。
商売に才能を発揮し、財運に恵まれる。蓄財の才能。
戌は商人神であり、小財は常に回る。
愛想がよく好感を持たれ、社交上手で機転が利く

犬 

身近な動物のなかで、
にこにこ愛想のいいのは、やはり犬でしょうね。

12支のうちの、動物名になっているもの7つ、見てきましたが、
それらは、全く意味や関連性がない動物ではなくて、
それぞれの特徴に合う、
または、その特徴に近い動物名が割り当てられていることがわかりました。

次回は、残りの、子・卯・辰・巳・亥の動物との関連を見ていきます。
子(ね)はネコではなくて、なぜネズミなのでしょうね?


WHAT'S NEW?