射手座♐羽生結弦

 13, 2015 11:07
スペイン・バルセロナの大会で、羽生結弦君が、NHK杯を超える、総合得点 330,43点をマークして、優勝!

羽生 バルセロナ

もう、これは、やるっきゃない!射手座ってなあに?
再度、射手座をとりあげてみたいと思います。

射手座と言えば、あの偉大な作曲家・ベートーヴェンですね。

射手座は、守護星が木星♃・ジュピターになります。

幸福感をもたらし、可能性をひろげ、そして、芸術的美意識をもつ星です。

10ある惑星の中で、最大の吉星です。

そう、この芸術的美意識が、ベートーヴェンをして、あの最高峰の音楽を作り出させたのです。

羽生結弦君も、この芸術的美意識が彼の演技を、他の追随を許さないものに押し上げてくれたのでしょう。

また、射手座は火の星座です。

火の星座は、まず動きます。外に向かって、前進あるのみです

また、力関係で物事を捉えるので、負けるのは嫌いです。

今回のバルセロナでは、羽生君、フリーの演技を終えると、「見たか!」、と言わんばかりのドヤ顔を見せた、とのことですが、

これです、これ、「見たか!」、どや! オレは勝ったぞ! 俺は王者だ!

そして、東洋の命式では、羽生結弦君は、主星が車騎星です。

反骨精神、そして、文字通り、動いて、走って、です。

また、ホロスコープでは、月が水瓶座にあります。

演技に入ったら、自分の世界の中だけで動けるのでしょう。 だから、ミスがほとんどない、のではないでしょうか。

また、運気としても、守護神が回ってきていますし、

それが、彼独自のものを表現し、そして、それを伝達する、という調舒星がきていますから、彼にとって、まさに一番の運気なのだと思います。

ですが、木星♃は、吉星だからこそ、楽観視し過ぎるのでしょう。

だから、逆境には弱い、耐性がないというところがあります。

木星の幸福感を信じ込んで、脇が甘くなるのでしょうね。

だから、登場してあっという間に、たった26歳で生涯を閉じた 尾崎豊 を始めとして、早世するアーティストが他の星座よりも多いですね。

尾崎豊

羽生結弦君、上り詰めれば、降りなければならない、というのが、この世です。
そのときに、負けないでくださいね。

木星♃自体、スパンが長い星座なので、

木星がもたらしてくれる「幸せ」にたどり着くのには、長い長い時間がかかるのです。

たとえ、挫折しても、決して諦めないで、またたちあがって、次の高みを目指してくださいね。





真央ちゃんと一緒に、羽生君を挙げたのですが、
これまで、あまり人気のなかった男子のフイギュアスケートをここまでの注目度にした羽生君なので、別にアップすることにしました。

2015 NHK杯 男子の優勝者、羽生結弦くん
羽生結弦


今回、SP106.33点、フリー216.07点、総得点322.40点、と、3つの世界記録を打ち立てての優勝は、男子のスケートを別次元に持っていってしまいました。
本当にすばらしいです。

昨年はアクシデントがいろいろあったようですが、さすがに火の星座いて座

終わった後のインタビューで言ってましたが、「やってやる!、っては思ってましたけど、へへへ」

最後は照れ笑いでしたが、そうこれこそが、
火の星座 射手座なのです。

その上、火星が獅子座にあるので、四回転ジャンプも躊躇なく、軽々と飛ばせていますね

そういえば、今回、羽生君は、「自分自身にプレッシャーかけて、自分は王者だぞ、と言い聞かせながらやっていました」、と話していました。

これが、月が水瓶座なのだと思います。

自分というものを、自分の世界の中で、こうだ構築できると、それを信じ込めるのでしょうね。
それが、彼の自信となって、羽生君を後押しして、ノーミスの演技になったのだと思います。


ほんとうにすばらしかったですね。

羽生君、言ってました。
「もう、ほんとに血のにじむような、もう、ほんとに辛い努力、練習をしてきました」、って、ほんとに辛かったことがわかるような嫌なものを吐き捨てるように、言ってましたね。

軽々と、この結果が出たわけではないんだ、と、ここぞ、とばかりに、絶対に言うぞ、って気概で、喋っていました(o^^o)

ほんとに、ほんとに、大変だったんだぞーっ、という苦労話は、真央ちゃんにしても、他の選手にしても、あまり言わないのではないかしら。
逆に、練習をがんばったので、ここまでできたんだと思います、と、謙虚に話すると思うのですけど。

たぶん、これが、腹の天胡星かしら、って、私は思います。

次の高みへ!行くぞ!羽生結弦くん!

羽生結弦 日の丸


WHAT'S NEW?