2017年9月3日
秋篠宮眞子内親王殿下と、小室圭様とのご婚約内定会見が行われました。

眞子内親王

眞子 小室

お二人の命式とホロスコープを見てみましょう。

秋篠宮眞子内親王殿下 
1991年10月23日 23時41分生まれ
太陽・天秤座  月・牡牛座  出生時間・獅子座
金星・乙女座  火星・蠍座
日干支・丙寅  戌亥天中殺


小室圭 1991年10月5日
太陽・天秤座  月・乙女座 
火星・天秤座  金星・獅子座
日干支・戊申  寅卯天中殺

お二人とも、太陽が天秤座、

そして、内面の月が、地の星座の牡牛座と乙女座なので、
お互い、よくわかり合える二人なので、相性はばっちりですね。

わかりすぎて、欠点も見えてしまうのが、難ですが、
そこは、片目つむって、円満な家庭をお作りになられることでしょう。


お二人の出会いは、2012年6月とのこと、

〉〉〉交換留学生のための説明会をきっかけに、
お2人は親しく話しをする間柄となり
(眞子さま、小室圭さんともに留学にご興味があり、スキーが得意との共通もあり、
意気投合するのに時間はかからなかったようです)
交換留学前からお付き合いを始めたそうです。

〉〉〉眞子さまは2012年後半からはイギリスのエディンバラ大学に1年間留学をしています。
小室圭さんはアメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校へ1年半留学していましたが、
この時、小室圭さんは眞子さまに会いにイギリスを訪れていたといいます。

〉〉〉プロポーズは2013年12月
場所は都内で、食事の後に2人で歩いていた時に、
小室圭さんから眞子様に「将来、結婚しましょう」と伝えたのだそうです。
https://shirutoku.info/mako-sama-komurokei-san


2013年は、癸巳年です。

「戊申」の小室さんにとって、
「癸巳」年は、配偶者・恋人の年で、
カリフォルニアからイギリスにまで、眞子内親王殿下に会いに行ったのは、
結婚したい運気が来ていた小室さんだからでしょうね。

そして、この2013年の12月にプロポーズ!

ヽ(*^▽゚ *)ゞ^ ヾ☆イエイー!

そこから丸三年半、やっと婚約内定となりました。

お相手が、
世界で一番古い万世一系の日本の皇室、
皇紀2677年、
古代のその古代から、営々と続く
日本の皇室の、
天皇陛下の直系のお孫さんの、秋篠宮内親王殿下ですから、
そりゃ、そんなに簡単にことは運びません・・・・・

そこまで待っても、眞子内親王殿下への思いは消えなかったのでしょうね。


眞子内親王さまのほうは、
もともと命式に、配偶者(夫)をお持ちの方ですから、
結婚されることは、
内親王さまの命式を消化できるので、とてもいいことですね。

それに、眞子内親王さまのホロスコープを見ると、
生家を出て、独立したい、と思われる方なのだ、ということがよくわかります。


週刊誌に車中のラブラブデートをスクープされても堂々とされていましたよね。

1syatyuu.png

小室 ペアリング

眞子内親王さまの生まれた時間が獅子座で、
人前でも堂々とおできになられるし、
腹も天貴星で、まあ、見せて減るもんじゃ無し、って思う
射手座のようなところがあるからでしょうね。


〉〉〉眞子さま:
一言で申し上げるのは難しいですが、
小室さんは私を温かく励ましてくれる存在でございます。
最初にひかれたのは太陽のような明るい笑顔だったと思いますが、
性格を深く知るうちに、
まじめでご自分の強い考えと意思を持ちながら、努力されるお姿、
また、物事に心広く対応される姿に心惹かれました。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/17621

小室さんの日干支・戊申は、
「渕泥」(エンデイ)と言いまして
人間の平和を守る人で、
この人がいると、その場が平和で穏やかになるそうですが、
まさに、この「太陽のような笑顔」がそれなんでしょうね。


〉〉〉小室さん:
宮さまは私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。
とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに強く惹かれました。

眞子内親王さまの牡牛座の月が内親王さまの、おっとりとした性格を形作っていますね。

牡牛のゆっくりとした、力強い歩みが象徴するように、
あわてず、動じず、ゆっくりと物事に対処するのが、月の牡牛座なのです、

だから、小室さんにとって、
眞子内親王さまは、月のように静かに見守るお方だと、感じられるのでしょうね。


さて、
結納にあたる「納采(のうさい)の儀」などを経て、
来秋にも結婚式が行われる見通し、とのこと・・・・

お二人の末永いお幸せをお祈りしたいと思います。

WHAT'S NEW?