2017年2月13日夜、安倍総理と昭恵夫人は
トランプ大統領からの異例の厚遇を受けた今回の訪米から、帰国されました。


2017,2.11.12.03 産経新聞 
【予定外のハグにゴルフ
トランプ大統領「安倍首相とはケミストリー(相性)がいい」 】

トランプ 安倍 握手

トランプ氏は、(安倍)首相がホワイトハウスに到着すると
車寄せまで出迎え、両手でがっちり握手。

予定ではそのまま首相を招き入れるはずだったが、
トランプ氏は首相を抱き寄せ、ハグした。

トランプ 安倍2

トランプ 安倍 ハグ2

トランプ 安倍 ハグ1

会談後の共同記者会見では
「(ハグしたのは)そういう気持ちになったからだ。
すばらしい関係を築ける」と笑顔で語った。
http://www.sanspo.com/geino/news/20170211/pol17021112030006-n1.html


トランプ大統領は潔癖症で知られており、
握手自体も珍しい、とのこと・・・・

それが、こんなに近くで、手を握り合い、

そして、ハグ・・・・

゚+。*・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・*。+゚


手を握り合ったトランプ大統領のお顔は、
「会いたかった・・・・」
「やっと会えた、うれしい・:*:・o(*' '*)o・:*:・

そんなふうに言っておられるように見えます・・・

・: *:・(*´∇`*).・: *:・

だから、ハグされた・・・・


トランプ大統領は、
「車寄せで握手するつもりだったが、
思わずハグしてしまうほど親しみを感じている
と首脳会談で安倍首相に明かした。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H28_R10C17A2PE8000/

とのこと・・・・


トランプ氏は共同記者会見で、
発言する首相の表情をのぞき込んだり、
うなずいて相好を崩したりと20回近くも動きを見せた。


トランプ 安倍1


トランプ氏は
「首相とはケミストリー(相性)がいい。
もし変わったら申し上げるが、そうはならないだろう」


と笑顔を見せた。
2017,2.11.12.03 産経新聞
http://www.sanspo.com/geino/news/20170211/pol17021112030006-n1.html


【トランプ米大統領は、よほどうれしかったに違いない】

ホワイトハウスでの日米首脳会談の冒頭、
19秒間にわたった安倍晋三首相との握手。

トランプ 安倍


会談後、両首脳がともに週末を過ごすフロリダ州パームビーチに向かうため、
乗り込んだ大統領専用ヘリ「マリーンワン」の機中では、
満面の笑みで首相と2人で写真撮影を行い、ツイッターに掲載した。

トランプ 安倍 飛行機

米国大統領が外国首脳との初顔合わせで、
ホワイトハウスでの会談や昼食会にとどまらず、
今回のように大統領の別荘というプライベートな空間に招待するというのは異例のことだ。
11日朝には、安倍夫妻について「素晴らしいカップルだ!」とツイッターに書き込んだ。

トランプ 別荘


近年では最高の日米蜜月関係を築いたとされる
ブッシュ大統領と小泉純一郎首相(いずれも当時)の間でも、
ブッシュ氏がいきなり小泉氏をテキサス州クロフォードにある個人所有の牧場に招待するということはなかった。
http://www.sankei.com/world/news/170212/wor1702120007-n1.html


なるほど、それで、ご自分のtwitterに
安倍総理とのツーショット写真を・・・・

安倍総理と一緒でうれしくてしょうがない、
という感じが伝わってきますね。


トランプ大統領を満面の笑みにする安倍総理、
お二人の相性はどうなのでしょうか・・・・

(/・・)(/・・)知リタイ知リタイ


トランプ大統領の太陽は双子座です。

双子座はその名前の通り、
パートナーが常にいて欲しい星座です。

一人では不安なのです。
一人では何も決められない

なぜなら、
一人が持っている情報では少なかったり、偏っていたりするので、
判断を間違えてしまう心配があるからなのです。

パートナーの情報と照らし合わせて、
総合的に判断して、間違いのないようにしたいのです。

知性の星座・水星が守護神ですから、
間違えるのはいやなんだと思います。


だから、より多くの情報が欲しいし、
別の視点からものを見られるパートナーが欲しいのです。
それが双子座なのです。


トランプ大統領は、選挙中に、
自分は政治の素人だ、と、当初より言っていました。
だから、対応しきれない部分は、
政治のプロに頼みたい、と、言っていましたが、


その政治のプロが、
昨年2016年の11月に目の前に現れたのです。

日本の安倍晋三首相です。

安倍総理は、乙女座
現実対応が上手な地の星座
その地の星座の中でも、完璧に実務をこなす乙女座です。


政治は理想論だけではいかない世界です。
人を惑わすお金と権力の世界、
魑魅魍魎の蠢く世界でもあります。
一筋縄でいきません。

だから、現実対応のうまさが求められます。

その乙女座を太陽に持った安倍晋三という人間を、
国のトップに迎えることができた日本は、
本当にラッキーでした。

そういえば、麻生副総理も、乙女座ですね。

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン


安倍総理の回でご紹介しましたが、
http://uranaiwanko.jp/blog-entry-222.html

安倍総理には、政治家が持つ
「ぎらぎらした私利私欲がない」
「目の前にあるのは日本という国」のことだけというお方・・・・

そんな汚れのない方が、
「アメリカも日本も平和で繁栄するためには、
世界に平和と繁栄を構築しなければならない、
それには、
アメリカと日本が手を組んで、事にあたらなければならない」
と言われたかどうかはわかりませんが、

でも、安倍総理の言葉は
トランプ大統領を納得させるに充分だったのだと思います。


その上、
その崇高な信念は理想論ではなく、
乙女座ゆえに、細部にまで目が行き届いた、
実現可能なプランになっている・・・・


それを、
生まれた時間が獅子座なので
堂々とした、揺るぎない態度で、話しされる、
そうすると、話に確実性が増してくる


それも、
月・蟹座の母性的なやさしさと気配りを伴って話されたら、
トランプ大統領でなくても、惹きこまれますね


トランプ大統領にとって、メディアは決して味方ではありません。

先だって、
トランプ大統領が大統領令で規制したのは、
「違法移民の入国」であって、
単に移民の入国を規制しているわけではありません。
しかし、アメリカのメディアは、
わざと「違法」をはずして、報道しました・・・・


安倍総理も同じでした・・・・
難病で政権を退いたときも、
「腹痛で、政権を放り投げるとは・・・」と散々叩かれました。

そんなマスコミと戦ってきた安倍総理は、
今、トランプ大統領の足を引っ張ろうとしているメディアと戦っている彼にとって、
まさに戦いの先輩であり、
戦いの同志かもしれません。

(*¨)(¨*)ふむふむ・・・・

トランプ大統領にとって、安倍総理は、
政治の素人である彼が手本としたい政治のプロであり、
メディアとの戦う同志であり、
大切なパートナー・・・・


それらが、安倍総理を出迎えたときの、
トランプ大統領が見せた表情だったのではないでしょうか・・・・・

WHAT'S NEW?