FC2ブログ
ガンは、その元になるものが、一日に5000~一万もの数が
人の血液の中に、生まれているそうです・・・・

健康体で生活していても、生まれているそうです。

(゚∇゚ ;)エッ!?

不摂生したり、たばこ吸ったり、ストレスの多い人は、
一日に10000以上も、生まれているそうです・・・・

<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

だけど、
その悪い細胞の中に入り込んで、
修復して、残骸にしてしまうのが、
赤血球よりも小さなソマチットなのです。

魔法の免疫、ソマチット!

ソマチット 青 


百聞は一見に如かず!
下の動画をご覧ください。



不死の生命体ソマチット
命をはぐくむソマチット


〉〉〉これは人間の血液を映した顕微鏡の映像です。
そこに赤血球よりも小さく、ちらちらと動く物質がいるのが
おわかりになるでしょうか?

〉〉〉大きさはおおよそ0.5から50ナノメートル
赤血球の数千分の一の超微小生命体!
これが、本日の主役の、ソマチット!

〉〉〉これほど微小な生命体でありながら、
昨今の研究により、このソマチットには、
生命の根源ともいえるエネルギーが隠されていて、
免疫や、恒常性維持機能(ホメオスターシス)の
基本的役割を担っているのがわかってきました。


【注】
・・・「恒常性維持機能(ホメオスターシス)」とは、
環境が変化しても、体の状態を一定に保とうとする働きのことで、
例えば、「暑くなったら、体は勝手に汗をかいて体温調整をする」
ことですね・・・

アッアレネ! φ(*゚ω゚´*)カキカキ

〉〉〉人間の体には60兆の細胞がありますが、
ソマチットは、その何百倍、何千倍も存在し、
動物、植物、バクテリアなど、
地球上のすべての生命体の中に存在します
2500年前の化石の中や、
10億年前の化石の中でも生きていることが確認されました。

どんな条件下でも死なない不死の生命体ソマチット
地球上のすべての生き物の中に共存していて、
命を育むソマチット
ソマチットとはなんなのか、その謎をひもといて行くことにしましょう。

ソマチッドとは 

ソマチットは、どんな条件下でも死なない生命体で、
例えば、1000℃、-30℃、無酸素、塩酸中、硫酸中、超高圧下、高レベルの放射線・・・
どの条件下でも、死にません!

♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!凄スギル

そして、大きさは、

ソマチッド 遺伝子 

そうなのです、もっとも小さなソマチットは、
なんと、DNAより小さい・・・

だから、
ソマチットはDNAを持たない
というか、小さすぎて、持てない・・・


・・・これまで、
脂肪の粒だとか、ゴミだとか言われていたソマチット、

それを、有機体であり、生命体であると発見したのは、
今から80年も前の1940年代、
フランスの生物学者・ガストン・ネサンさんでした。

ガストンネサン 顕微鏡 

そして、これが
末期ガンの患者をも治してしまったのです。

〉〉〉ネサンのガン治療法はきわめて簡単で、
楠の樹液から抽出した天然カンファー(樟脳)
原料にして開発した製剤を
鼠径リンパに注射してリンパ系に循環させるというものでした。

〉〉〉このカンファー剤はX-714と命名され、
大勢の末期ガン患者やエイズ患者に使われたが、
その完治率は、なんと75%に達したという。〉

その魔法の免疫が、ソマチットだったのです。

ガストン・ネサン氏が使用したのは、楠の葉っぱ。

ソマチッド 楠 

凄い量のソマチットですね。
この楠の葉から作った製剤が、これ!
ソマチッド 714x 

この製剤を、鼠径リンパに注射して、リンパ系で循環させました。
ネサン 治療法

その結果、大勢の、それも末期ガンやエイズの患者が
75%という高確率で、完治したのですから、
超おどろきです。

スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノスゴィ

こんなにすごい力を持ったソマチットなのですが、

残念なことに、
健康な体の血液中でしか、働かないのです・・・

上記の動画の5分30秒~のところで、
乳がんの方の血液画像を見ることができます。

〉〉〉この大きなもの、これは、
ソマチットが、たくさん集まって殻を作っているのです。
このように、ガンやアトピー、糖尿病、過度なストレスなど、
体の中の環境が悪くなると、
ソマチットは、赤血球や血小板の中に逃げ込んだり、
こうしたシェルターを作って免疫活動を放棄します。
すると、体の免疫力が低下して、病状が進行します。

体の中の環境が悪くなる
    ↓
ソマチットが免疫活動を放棄
    ↓
免疫力の低下・病状進行

ε=ε=ε=(艸゚Д゚*)嫌ァー

・・・それでは、
この私たち人類の救世主・ソマチット
殻からたくさん出てきて、
自由に動いて、あなたを健康にする方法とは?



上の動画をまとめると、

・・・このぎざぎざの楕円状のものは、
ガンの卵だそうです。

ところが、
この女性の、がんの卵の中には、
ソマチットが何百もいて、
変成したタンパク質を分解している最中なのだそうです。

白っぽい部分は、分解がほとんど終わっている場所!

この変成した細胞は、一日に5000から1万発生するのですが、

それを、分解、消去するという働き
ソマチットがしているとのこと。

そして、これだけたくさんの、
子供なみのソマチットがある人は、
何も心配いらない、とのことでした・・・

ところで、

この女性は、どうしてこんなにたくさん、
ソマチットを増やすことができたのでしょうか・・・・

上記の動画の一番最後をお聞きください!
最後にひとこと、おっしゃってます。

ケイ素のサプリを取っているって・・・

ケイ素 

ケイ素とは、シリコン、
人間の体はケイ素でできているそうです。

ケイ素1 

そして、
「ケイ素を中心にすると、
すべての宇宙の出来事がつながっていく」そうです・・・

ケイ素 宇宙の謎

びっくりですね。

今回、ソマチットのおかげで、
本当におもしろい世界を、
そして、喘息で悩んでいた私にとって、
健康になるための知識を得ることができました。

そして、早速、
ケイ素に、テラヘルツ、試しています。

結果は、また、このブログにてお知らせしますね!


WHAT'S NEW?