FC2ブログ
さて、突然、予定変更して、
2日目も大沼先生のもとで治療することになったHさん!

「明日は、うちまで帰らなくてはいけないから、
一番にナチュラルメディスンに行くぞ」と、前夜言っていたHさん・・・

その決意を反故にしてはいかん!と思い、
メディスンの開始時刻に間に合うバスに乗れるようにと、
急いで、身支度をして、
慌てて、ホテルを出て、
駅に向かっていることを、Hさんに電話して告げると、

「今、シャワーから出たばかり、ごめん!」

( ̄ェ ̄;) エッ?

聞けば、Hさん、

昨夜、チェックインしたあと、

すぐに道中で見つけたコンビニに走って、
寝酒の缶酎ハイとつまみのナッツをゲット!

(≡^∇^≡)ニャハハ

お風呂にはいるつもりが、そのまま寝込んだそうで・・・

翌朝まで爆睡!

よく眠れて、よかったね!

(゚∇^d)~~ イエーィ


さて、本日の治療が始まり・・・・

今日は土曜日なので、平日来れない方が来ておられて、
ちょっと混み合っております・・・

まずは、足湯・・・

この時に、「これで、体をあっためて」と言われて、
何気なく体に当てていたものなのですが、

DSCN0790.jpg 

Hさん大感激の足浴マットと同じ会社の、
三井式温熱治療器Ⅲで、名称は、「温灸器」、
定価 79000円(税抜き)

高っ!

温灸器1 

③のヘッドの部分は セラミックコーティングで、
ここから遠赤外線が放射されており、

面的に大きく使えますが、
ピラミッド状に盛り上がった中央の部分が、
冷えてるところや、つぼ・痛みの部分を、ピンポイントで、
お灸のように、熱さで刺激してくれる、とのこと。

かなりの優れものです・・・

先端で体に当てていると、「あつっ!」
「おお、お灸だー!」効いたのかも・・・

(≧∇≦)b ヤッタ!

そのあと、ドームに入って、体を温めて、
石灰化した靱帯のところにレーザーを当てて、

・・・ちっとでもいいから、もとに戻ってね・・・
と願いを込めつつ、40分ほど・・・・

そして、
次ぎに、コウケントー!

DSCN0816.jpg 

体の状態が悪くなると、
体中が大腸菌が住める環境になってくるので、
大腸菌があちこちに散らばってしまうそうです。

そして、体中の細菌の7割は、日和見菌

日和見菌 

善玉菌は酸素が嫌いで、
悪玉菌は酸素が大好き!

地球には、酸素がたくさんありますから、
悪玉菌が増えやすい環境になっているとのこと・・・

ヾ(´Д`;○)エッ! ヤダ!!

そして、多くて強い方に味方してしまうのが、
この日和見菌・・・・

まあ、自分の身のためには勢力の大きいほうに付くってのは、わかるけどさ・・・・

少しは、「忠誠心」てものがないんかね~

「よし、ご主人さまのために、善玉菌に付いて上げよう!」
なんていう律儀なヤツはいないの?

┐( ̄ヘ ̄)┌ダネダ、コリャ

なので、体の状態が悪いということは、
体の中の8割は悪玉菌になっているということなんですね・・・・

そこで、このコウケントーの出番です!

DSCN0757.jpg 

その大腸菌を、コウケントーの光と暖かさで、
本来のすみかである大腸に戻すことができるそうなのです。

「大腸菌さん・・・・
体のあちこちで悪さしないで、大腸に戻って行ってね!」

それに、昨日Hさんが、大感激をした
腹マットと足マット温水浴・・・

これでしばらくゆっくりします・・・

そして、レーザー・・・・

DSCN0821.jpg 

アームが、ロボットみたいに、競り出てきてます・・・

そして、骨格調整をやって、

DSCN0828.jpg 

そうでした、Hさんの体は、右が相当に下がってました・・・

DSCN0674.jpg 

身体の土台である骨盤は、
過剰なストレスを受けることで、
腸間膜根が萎縮し、
右側の腸骨が上前方に傾いてしまいます。

つまり、体は左側へ引っ張られ、右側の足が短くなります。

だから、足の長さも・・・・

DSCN0675.jpg 

右足が短くなっていますね。

そして、今度は、
左側に体重が掛けられなくなってしまうと、
右側に傾いてしまいます。

これが、右肩が下がってしまっている原因とのことでした・・・

さて、Hさん、

アロマのマッサージをやって、

最後の解毒・・・・

DSCN0825.jpg 

うお!真っ黒ですね・・・

このナチュラルメディスンで、
長期に滞在して治療を受けている方がおられ、
その方の友人が、
南米から一時帰国したので、と、訪問されておられまして・・・

さすが、健康そうで、よく焼けておられまして、

「ちょっと試しに解毒、やってみる?」
なんてノリで、30分・・・
解毒のお湯の中に足をつっこんいました・・・

そうしたら、彼のも、真っ黒!

健康だと思っていたご本人、
さすがにショックを受けておられました・・・

「なんで、こんなに毒が!俺の体から!」

いやいや、健康だ、って、思っていても、
現代社会の中で生きている限り、食生活や、ストレス等で、
知らず知らずのうちに、やられているってことなんですね!

   ・・・・・・・・・・・・・

さて、二日間の治療メニューが終わったので、
Hさんの血液がどうなったか、を、見ることになりまして・・・

DSCN0842.jpg 

いびつな赤血球があるものの、
白血球(顆粒球)がしっかりあって、

DSCN0840.jpg 

うん???

バクテリアに食べられている赤血球があるけど・・・・

右上の二つは、ぎざぎざ金平糖になっているけど・・・・

他のは、良好かな?

DSCN0843.jpg 

いや・・・
だいぶん、いがいが赤血球が、あちこちに・・・

そして!
先生が、叫ばれました・・・・

「あれ?ゴーストだ!

DSCN0833.jpg 

よく見ていただかないとわからないかもしれません、

左の方の、うすぼんやりした円です・・・

光の色合いを変えて・・・
DSCN0838_20190421134248a2f.jpg 

こちらの方がはっきりわかるでしょうか、
右下に見える薄い円です・・・

これは、消えかかっている赤血球とのこと・・・

最初は、ゴースト?なに?どれ?どれ?状態でしたが、
見えてくると、なるほど! と・・・・

~~~(m´□`)mウラメシヤ~

・・・と、感心して画面をみんなで眺めていたら・・・

大沼先生は、すぐに、梅醤エキスをお湯に溶いて、

DSCN0888.jpg 
「梅醤エキス」2108円

Hさんに飲むように指示され、

5分ほどで、「もういいでしょう」とおっしゃって、

再度、血液を見ることに・・・

DSCN0873.jpg 

うわー!

( ̄□ ̄;)!!!ナンジャコレ!?

光の加減を変えて・・・

DSCN0878.jpg 

うわー!うわー!

「どぶさらいしたんです!」

ええーっ!?

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

実は、これはHさんの

血管に付着していた死んだ赤血球たち・・・

だから、イガイガ、イボイボ・・・

でなくても、丸い赤血球はひとつもなくて、
どれも、いびつな赤血球たち・・・・

そうなんです、

この二日間の治療によって、
Hさんの血液のめぐりが良くなってきたので、

血管壁にはりついていた消えかけていた赤血球が、
最初に少し剥がれて、
まるで幽霊が出てくるみたいに血流に乗って出てきたのです!

これが、最初の、ゴースト赤血球

ヘ( ̄ー ̄ヘ)~~フラ~フラ~

それで、先生は、
これは、と、思われて、梅醤エキスで、
Hさんの血液の流れをもっとよくしてみた・・・というわけで、

そうしましたら、
出てくる、出てくる・・・・
どんどん、どんどん・・・・

昨日はまったく見えていなかった、
この不気味なイガイガ・イボイボの赤血球たちが
ゾロゾロと血液中に現れてきたのです・・・・

そりゃ、そうですよね!

そう、長年にわたって、
Hさんはガンを抱えて生きてこられたのです。

抗がん剤だって、
大腸ガン摘出手術のあと一回やりましたし、

肺腺ガンでは、15回もやっておられます!

つまり、
抗がん剤という「ガンを殺す」という名目での猛毒
何度も投与されたHさんの体が、

無事でいたはずもなく・・・

そのときに、
ダメージを受けてやられた赤血球たちが、
しっかりと血管の壁に付着して溜まっていた・・・

パキュン! ( ・・)σ ‥…------- ・(☆||| ̄□ ̄) ヌウォ!!
>┼○ バタッ

そのやられたイボイボの、ギザギザの
死んだ赤血球がぞろぞろと流れ出してきたのです・・・

なので、「どぶさらい」!

さて、それから、また、先生は、

DSCN0889.jpg 
「黒大豆珈琲」4860円
国産有機黒大豆(黒豆)を丸ごと焙煎して微粉末にしたもの

黒豆のアントシアニンの抗酸化力は、
ブルーベリーよりも強力で、
黒豆のアントシアニンの約90%以上が
強い抗酸化力をもつ「シアニジン-3-グルコシド」なのだそうです!

そして、
DSCN0890.jpg 
「宇治抹茶」

抹茶は葉緑素として取り入れています。

葉緑素」は、「赤血球の核」となりますので、
赤血球を増やすには、ものすごく大事ですね!

o(*'o'*)oウオ!!大事!!

DSCN0892.jpg 
「ビートオリゴ糖」4320円

乳酸菌の餌ですね!

乳酸菌は腸内環境を整えて、栄養吸収を助けると同時に、
石灰化して固まった軟骨や靱帯を溶かしてくれます・・・・

DSCN0891.jpg 
「フラクトオリゴ糖」

この4つを入れて、お湯で溶いて、またHさんに・・・

そして!
もう一度、血液を見てみると、

DSCN0902.jpg 

あらま、不思議!

つながってはいるものの、
先ほどの、イボイボ、イガイガ赤血球はどこかに消えて、
真ん中がへこんだまあるい赤血球が流れていました・・・

拍手!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

本当に不思議ですね!

これが、大沼先生流の食事療法!

薬膳です!

・・・こんなに改善した血液を見たHさん・・・

帰りの新幹線の中も、超ハイテンション!

もちろん、缶酎ハイを一杯やりつつ・・・

とは言っても、350ccたった一缶だけなのですけど、

それをちびりちびちやりながら、
2時間近く、しゃべりっぱなし・・・

もちろん、声は抑えて、ですけど、

3席の窓側にしっかりと陣取ったはずのビジネスマンのおにいさん、
隣に爺とおばさん、二人に居座られて、
おまけに、なにやら、しゃべりまくりで、

ため息がしきりと、聞こえてきていました・・・・

ε= (´∞` ) ハァー

「こんなはずじゃあ・・・」って気持ちだったのでしょうね・・・

すみません、ごめんなさい!

m(*- -*)mス・スイマセーン

さて、Hさんとの珍道中は終わりましたが、

たった一杯の薬膳で、あっという間に変わってしまった血液には、
ほんとうに驚きましたね。

なぜ、こうなるの?の詳細は、またにしますね・・・
では、楽しい10連休をお楽しみください!

大沼四廊先生のナチュラルメディスン
4回目の治療となりましたが、

今回は、10年前に、大腸ガンで、大腸一部摘出
それで、ストーマ(人工肛門)になられた
オストメイト(排泄のための開口部を増設した人)のHさん、

しかし、その4年後の平成24年、肺ガンが見つかって、
それが大きくなってしまい、
2年後の平成26年3月に、右肺の下葉1/3摘出手術

そのあと、両肺ともにガンが見つかって、という73歳の男性、
Hさんを伴って出かけました。

DSCN0868.jpg
Hさん・・・

DSCN0644_20190420112310d20.jpg 
Hさんのお話をお聞きになられる大沼四廊先生

Hさん、
大腸癌で摘出手術の後の抗がん剤は、
あまりの苦しさに、二回目以降は拒否!!!

「俺は、こんなのやれない!」と!

拍手!パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

医者の言う通りに抗がん剤をやらなくて、ホント!よかったよねえ・・・

命拾いしましたね!

(゚∇^d) グッ!!

抗がん剤投与を拒否したので、
Hさんは、ご自分で、いろんな本を読んで、

ガンのえさは、糖分!」と知って、

だったら、ガンを大きくさせないためには、
糖分は摂取しないで行こう、と、徹底した食事療法を始めました・・・

しかし、その後、
肺に転移したと医師に言われて、
2017年の9月から約1年、計15回の抗がん剤を受けてしまい・・・

「今の抗がん剤は、昔のように、副作用はひどくないから」
と言われて、受けてしまった、とのこと・・・

ところが、
昨年の10月撮ったCT画像では、
肺がんの大きさは、縮小せず、同じ大きさ・・・

医師は、大きくなっていないということは、
抗がん剤が効いている証拠だ、と、主張したそうですが、

Hさんは、
「縮小していないのなら、これ以上やっても無駄!」と、
昨年10月に抗がん剤を拒否!

なにしろ、副作用が少ない、と医者は言ってるけれど、

抗がん剤をやると、
両足の裏から甲まで、最初は黒い斑点、
そして、続けて受けているうちに、足が真っ黒になったそうです。

そして、びりびりしびれ冷たく

手も同じように、びりびりして、冷たく

水道の金物の蛇口も冷たくて触れず、

冷蔵庫のものを出そうものなら、
あまりの冷たさに、掴めもせず、その場で落としてしまっていたそうです。

すごいね!
抗がん剤の「副作用」という名前の「主作用」!

ゴシゴシ(-дゞ≡ ゚Д゚)スッスゲ-!!

っていうか、

抗がん剤って、
人も殺してしまう猛毒を薄めているだけなんだから、

あちこちの、正常に機能している大事な体の細胞を
壊して殺してしまうのは、当然の理屈なんだけどね・・・

毒である抗がん剤が、
ガン細胞だけ狙い撃ちして殺す、ってわけではないですもん。

でも、そんなことは、医者は言わない!ない!

自分や自分の家族には、絶対に抗がん剤を投与しないのに、
他人であるガン患者には、投与する!

!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)???

ところで、Hさんと私は、

Hさんが抗がん剤15回を受けたあとの昨年2018年9月末日、
ある縁で、初めて、Hさんと顔を合わせました・・・

以前よりHさんが癌患者であることは知っておりましたので、

早速、Hさんに、ソマチットのyoutubeをお見せして、
ケイ素と「太古のカルシウム」をプレゼント!

そして、
次は受けないで!と進言。

Hさんも、抗がん剤が毒であり、
第一次世界大戦で使われたドイツのマスタードガスであることは知っていらしたのです。

だけど、
肺の1/3摘出手術のあとに医者から、
「抗がん剤をやらないと、ガンがどんどん大きくなってしまう、
副作用も、昔とは違うから!」
と言われて、拒否できなくなっておられたみたいでした。

そうなんです!

病気になったら、病院に行って治してもらうものだ
というのが、私たち現代人の常識であり、

それへの疑いを抱いたことのない私たちは、

自分自身に、よほどの、
「抗がん剤とはどういうものであり、
がんを治すためには、何をしたら良いのか」という
情報や、治すための確固たる方法論
こうすれば癌は治るんだ、というやり方を知らなければ、

「あなたはガンです!」と言われてしまったら、

医者の言うことに逆らって、
抗がん剤はやりません、とは、なかなか言えないですよね。

苦しくても、抗がん剤をやれば、治ったかもしれないのに!
と、後で後悔したくないから、やってしまう・・・

病気になったら、病院!
 病院は病気を治してくれる!
 医者にかかれば安心!
という医者そして病院信仰がある限り、
これに逆らえる人は、よほどの自信や経験智のある人だけ・・・

私だって、ガン治療の嘘歴史を調べてきたからこそ、
Hさんに強く言えたけれど、

自然治癒、免疫療法ということを知らないときに、
また、ガンは怖くない、治る病気だ、ということを知らなかったときに、

自分自身が、ガンと宣告されたら、果たしてどうだったかしら・・・と思います・・・

(・_・。)(._.。) ウンウン

さて、10月の受診予約日に病院に行ったHさん、

現状維持の大きさのCT画像を見て、

抗がん剤はやらない!
 半年後のガンの様子を見てから考える!」

慌てた先生、院長までが飛んできて、
「とにかく、抗がん剤受けて!」と言われたけど、

いや、俺はやんねえ!」と、
それを蹴って、帰ってきたHさん!

拍手☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

さて、Hさんは、ガンになってからというもの、

小麦の皮である「ふすま粉」をネットで取り寄せて、ふすまパンを焼き、
大豆パンに、玄米食、

それに、
ケイ素に、種も丸ごとゴウヤ粉末も混ぜたボトルを持ち歩き、
ソマチットも摂取、

もともと麦飯石で水を濾過する装置を自宅に設置しているHさん宅、
お風呂の水もそれを使っているのですが、

その浴槽に、重曹も250グラム入れて、
アルカリ性のお湯にして、はいっておられて、

また週一くらいに、

レイモンド・ライフ博士が発見した
ガンを治す周波数の治療器械と、
バドガシュタイン鉱石のホルミシス効果の温熱ベッドのある
ライフ・ウェーブに通っておられて、

とにかく、今ある情報で考えつく「ガン対策」をしておられたせいか、

この日の前夜、ほとんど寝ていないにもかかわらず、

Hさんの血液は、かなりきれいで、
真ん中に見える白血球も、動いていました・・・

 DSCN0659.jpg

すごい!連なってない・・・

変形し、ゆがんだ赤血球もあることは確かですが・・・

いいなあ~ 私の時のような、ギザギザこん平糖赤血球ではない・・・

DSCN0666.jpg 

とは言うものの、やはり、ガン患者さん!

見つかったのが、
画像真ん中、ちょい右にいる、パラサイトくん!

耳が立ってて、下ぶくれのお顔みたいな赤血球!

まさに、パラサイトくん、と呼びたくなるような、
かわいいやつがいますが、

これが、
バクテリアに食われた赤血球パラサイトだそうです!

「俺、さしみは、毎日のように食ってるから!」
と、Hさん・・・

生のさしみには、バクテリアはいるそうで、
そいつにやられた、と、Hさん・・・

ところが、

指先と足先の、血液やリンパの流れを検査してみると、

DSCN0647.jpg 

DSCN0655.jpg

で、グラフがどうなっているかというと・・・

DSCN0654.jpg 
「東洋医学 気の流れの測定」を使用とのこと。

そして、体のゆがみ診断・・・

DSCN0674.jpg 

Hさん、右肩がさがっています・・・

ちょっと深刻な状況だそうです・・・

DSCN0684.jpg 
大沼先生の触診・・・

DSCN0689.jpg 
肺にガンがあるので、先生から説明・・・

DSCN0695.jpg 
優しい笑顔で、いつも対応の大沼先生!

いろいろと原因が見つかったので、
まずはドームで体を暖めつつ、レーザーで固まった股関節をほぐします。

DSCN0736.jpg 
Hさんの話にやさしく耳を傾けてくださる大沼先生!

本当に、やさしい先生です。

なにせ、ここ何回か通いましたが、
怒った顔も声も、一度も聞いたことがないですね!

いつも笑顔で、穏やかな先生。

さすが、壬子、腹の天将星

o(´▽`*)/イエーィ!

そして、レーザー治療・・・
石灰化を溶かします・・・

DSCN0746.jpg 

そして、
コウケントーと、温水浴の腹マットに足マット・・・・

DSCN0749.jpg 
コウケントーの光と暖かさがしっかりあたるように、
上に布がかけられています・・・・

DSCN0757.jpg 
パチパチ、炭火が燃えてます・・・

そして、Hさんが大感激したのが、この足浴・温水マット!

DSCN0755.jpg 

これまで、何重に靴下をはこうが、ホッカイロを貼ろうが、
どうやっても、冷たさの取れなかった足が、

この足浴マットに入ってあっためたら、

なんと、足裏から汗が出て、ぽかぽかになったそうです!

こんなことって、何年も経験してない!
最高の収穫だ!って、にこにこ(^_^)/で、
最高のテンションのHさん!

DSCN0780.jpg 

そして、
今回は「日帰りする!」と宣言していたHさんだったのですが、

突然に、「今夜泊まって、明日も治療する!」
「どこか今夜のホテルないか、探してくれ!」と、急な要請・・・!

今日は花金だよ!空きなんてあるの?

∑(; ̄□ ̄A アセアセ

と、思ったら、
楽天トラベルで探し当てた「残室1」!
朝食付き、大浴場あり、6600円!
急いで、ID入れて、パスワード入れて、速攻GET!

ただし、ストーマ装着のHさん、
大浴場があっても、猫に小判じゃないけど、入れない・・・・

(;一ω一||)残念!

それにしても、

人がコウケントー浴びて、
左脳を働かせずに、リラックスして、足浴マットやってる、っちゅうに、

「今夜、泊まるぞ~!どこか探してくれ~!」

(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ

DSCN0760.jpg 
Hさんの骨格調整・・・

そして、アロマオイルを使って、
脂肪の毒を解かし・・・・

最後に、
足裏から、死細胞、薬などの解毒・・・

DSCN0764.jpg 
先生が、お湯を入れて、準備中!

DSCN0766.jpg 
それに、抗酸化力抜群の岩塩をちょいと入れて・・・・

ね、最初は、にごりのないお湯なんですよ!

DSCN0767.jpg 
神妙なHさん・・・

こんなもので、出てくるの???(半信半疑)

あらら、まだ2,3分なのに、
もう電極のあたりには、何やら、もわもわっと・・・

DSCN0769.jpg 

そして、30分後には、これ!

DSCN0779.jpg 

ふふふふふ・・・Ψ(`∀´)Ψ

一日目、無事、終了!

おなかがすいたHさんと私、
スタッフの方に、無理言って作っておいてもらった
有機野菜と、有機雑穀入りおにぎりのお弁当を頂いて・・・

いざ、ホテルへ!

初めての場所で、暗くなってからのホテルの場所探し・・・

もともと会社のトップまで勤めたHさんだから、
一人でも大丈夫だ、とは思いましたし、
ご本人も、大丈夫、とおっしゃるのですが、

Hさんの、到着したという電話もらうまでは
私が心配してしまうことはわかっていたので、
見届けたほうが早い、と、送っていくことに・・・・

やはり、ちょっと迷いましたが、
無事、送り届けて、自分のホテルへ!

誰もいない大浴場で、
人工だけどラジウム温泉を独り占め・・・

お大尽気分で、ゆったりとおふろに浸かり・・・

では、お休みなさい・・・

ということで、
二日目のお話は、珍道中治療その②に続きます・・・・

近日アップ!乞うご期待!

金平糖のようなギザギザ赤血球で、流れも悪かった血液が、
3回の治療の後に、

まん丸、さらさら赤血球になり、
いなかった白血球も現れて、
ソマチットもチラチラいる血液に戻してしまう、
驚異的回復をさせる、

大沼四廊ナチュラルメディスン
その治療の内容とは?

   ・・・・・・・・・・・

初日当日、
私は、現実を突きつけられて、相当に落ち込みましたが、

(lll◞‸◟lll)オチコミ~

落ち込んでいてもしょうがないので、

言われるまま、ドームに入って、
股関節の固まった靱帯を、レーザーでほぐす作業に入りました・・・

DSCN0537.jpg 

この中は、ほんとうに暖かい!

そして、レーザーの器械はこれ!
DSCN0538.jpg 

この黒い蛇腹の先のペン状のところから、
赤い光のレーザーが出るので、
それを、自分の硬い靱帯に当てて行きます。

タノム!溶ケテ!! 人(´д`;)

時間は、30分、もっとかな?

名前呼ばれて、次の指示が出るまで、
どれだけやっていてもいいんです・・・

レーザーは10分で切れるのですが、

10分経ったら、20分やったら、はい、終了、
なんて、けちなこと言わないんです、この治療院は!

(^○^)キャハ!

何度でも、スイッチを押し直して、やっていい!

患者が治るためなら、と、
大沼先生は、その点はかなりの太腹!

   ・・・・・・・・・

ところで、一般的メニューでは、
まず、足湯で、体の末端から温めるのですが、私の初日は省略でした。

DSCN0542.jpg 

または、
お湯の入ったバケツの中に、
ヒマラヤ産のブラック岩塩を入れて、それで足湯というのもありました。

そして、次にやるのは、コウケントー!
この宇宙服のヘルメットみないなものが、コウケントーです。

DSCN0584.jpg 

手前二つと、奥の2つの計4台で照らしていきます。

DSCN0587.jpg 

コウケントーとは、

〉〉〉球体の中に炭素の電極棒に電気を通しスパークさせて、
人工的に可視光線をつくり、直接患部に照射すると、
この光の熱と光線が自然治癒力を高めて治療するというもの。

〉〉〉とても温かく優しい光で、
ひなたぼっこをしているような感じ。
治療中も気持ちよく穏やかでゆったりとした深い睡眠がとれる、
とのこと。

このコウケントーの効果は、すごくて、

〉〉〉疲労回復、神経痛、リウマチの痛みの暖解、
肩こり、腰痛、筋肉痛、打ち身(打撲痛)
抜糸後の痛みの緩和、しもやけ、ひび、あかぎれ改善。
さらに、鎮痛・消痒(かゆみ止め)
免疫調節、呼吸機能、神経機能、生体リズム調整、
利尿、光化学作用等々、多岐に及び、
治療及び予防、健康増進に多大な期待をすることができると言われている」

スッゲ━━ヾ(*゚Д゚*)ノ゙━━ェェ♪☆

ネット上で拾った画像ですが・・・
コウケントー アトピー 
「コウケントーでアトピーが治った」

そういえば、指先を切り落としてしまったけれど、
コウケントーをあてていたら、
肉芽が出てきて、治ったという話もありました。

効果絶大なコウケントーですが、

DSCN0585.jpg 

この中に入っているものは、カーボン=炭素です。

これを燃やした光というのは、
炭火の光で、電気的な光とは、まったく違うとのこと。

だから、いろんな症状が治ってしまうのですね。

そして、この可視光のコウケントーの光を体に浴びせると、
体中に散ってしまって、悪さをしている大腸菌を、
本来の済み家の「大腸」に戻すことができるとのこと・・・・

「大腸菌は、悪いものだから、と言って、
大腸菌を殺すことはないんだよ、
本来の場所の大腸に戻してあげれば、
そこでは大事な役割を果たすのだからね」
by 大沼四廊先生

(゚∇゚〃)ナットク!

コウケントー自体も高い器械ですが、

燃やすために使う消費財のカーボンも、
10本入り一箱で、2500円くらい・・・

一本250円也・・・チーン

カーボン 

さて、この四台の真ん中に寝ると、

写真の真ん中にある長い黒い腹巻きをぐるりと撒かれます。

DSCN0584.jpg 

足には、ビニールをかぶせたあと、
なにやら、黒くておおきなブーツを履かされました・・・・

これです!

陰陽バランス調整マット 器械 

これは、陰陽バランス調整マット というもので、
三井温熱という会社から
「宝睡∞シリーズ 足浴・おなかマット」として出ています。

お値段、税抜き18万円・・・!

陰陽バランス調整マット 

このブーツから太い線が出ていますが、
この中には、温水が流れているのです。

上の写真の、真ん中の器械が「ボイラー」と書いてある通り、
この腹巻きとブーツには、温水が流れて、
温水の自然な暖かさで、体を温める仕組みになっているのです。

同じ三井温熱治療の会社から出ているマットですが、

陰陽バランス調整マット 三つ折り 
幅60㎝:19万円、幅85㎝:21万円

温水の流れ 

この変哲もないマット、実は、お湯が巡り巡って、
体を温めるようになっているのです。

「足浴」とあるように、
温水で暖めてくれるおなかマットとブーツなので、
自然の暖かさが体全体を包むことになります。

人の力の源は熱エネルギーで、
 体を温める温熱は、すべての療養の基本」だそうです。

体温が1度下がると、
免疫力は-37%、基礎代謝は-12%、体内酵素の働きー50%

体温を一度上げると、
免疫力は500~600%アップ!

(ノ゚Д゚)人(゚Д゚ヽ)スゴィ!!

温熱療法は、乱れた自律神経を修復する!

それも、お湯という自然な温かさだからできるのであって、
電気毛布や電気あんかでは、だめみたいですね・・・・

この腹巻きと、ブーツと、そして、コウケントーで、
暖めて、暖めて・・・・

ふーっと、眠りに誘われ、

と、思うと、
足のかかとがチリチリ焼けるような熱さで、目が覚めて・・・

終わるころには、
かなりの蒸し焼き状態になっています・・・

で、ここから出て、少しクールダウン・・・

次は、大沼先生による骨格調整・・・

鎖骨、そして、骨盤のゆがみ調整。



骨盤は、内臓を守るためにある大事な骨です。
でも、これが、ゆがみます・・・

私の足も右が1㎝短いそうです。

やはり、左に傾いている・・・
骨盤は、どうしても、右がずれるようです・・・

で、石灰化した背骨を、
トンカチでカンカンカン・・・・

(゜ロ゜)ギョエ

さて、もうひとつが、このレーザーベッド!

集中してレーザーを当てて行きます。

DSCN0528.jpg 

これも、10分で、一度切れますが、
上向きに、次に背中を、どちらも、二回づつくらいで、
計40分はかかります・・・

そして、そして、解毒です!

DSCN0547.jpg 

ブラック岩塩をいれたお湯の中に、
水素を発生させる電極を入れて、

ここに、足をつけて、30分!

浸透圧の違いから、体の中に水素が入っていくと、
体のなかの「死細胞」、
そして、「脂肪」や、これまでに飲んでた「」が出てきます。

30分経過したものがこれ、です!

DSCN0612.jpg 

エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゚ ゚

Σ(ll||д゚ノ)ノ怖エエエ~

治療に来ていた、アトピーの中学生の男子生徒さん

DSCN0522.jpg

若いから、そんなに酷くはないかな、って思いましたが、
すでに、赤いものがしゅわしゅわ出てきていて、
結果・・・

DSCN0523.jpg 

やっぱり、真っ黒でした・・・・

それにしても、それにしても・・・・

自分の体の中に、
こんなに真っ黒なものが溜まっていたとは、
本当に驚きです。

(;´□)アゥ! (;´□`;)アゥ!

   ・・・・・・・

そして、最後の治療は、

アロマオイルでのマッサージ療法です。

脂の毒は油で解かす!

日本人は、離乳期以降は、
乳糖の分解酵素がでないそうです・・・・

しかし、現代の私たちの生活は、
子供のおやつに代表されるように、
ケーキやクッキー、給食の牛乳、と、乳製品があふれかえっています・・・

この消化・分解されない乳製品の大量摂取は、
脂肪やタンパク質を未消化のまま
小腸から体内に入り込ませることになり、
結果、プラークといわれている汚れとなって
血管の内膜に張り付き血管膜の浸透率を妨げ、蓄積していきます。

これが、血栓やリンパの管の詰まる原因で、
20代から40代でも末期の乳がんや子宮ガン
罹患している方が増加している原因だと考えらる、とのこと・・・

この未消化のまま体内に入り込んだ
動物性の油の汚れを、取り除くために行うのは、

オイルマッサージだそうです。

DSCN0638.jpg 

このアロマオイルのマッサージ、

当初は、
コウケントーや、水素での解毒や、骨格調整、
また、大沼先生オリジナルのゴムバンドによる
血流の鬱血、解放などの施術で、体が軽くなっていたので、
そこまでの効果はわからなかったのですが、

自宅に戻って、

お風呂のあとに、体をマッサージしてみると、
すーっと、体が軽くなることに気がつきました・・・・

(゚д゚*)スゴ(゚ロ゚*)スゴ(゚Д゚*)スゴーイ!

本当に、これほど、とは思いませんでした・・・

そして、
ドテラ社のオイルは、
塗る人の手にも、塗られた体のほうも、全くべとつかないのです。

さらっ!

そして、香りがとてもよくて・・・・

それというのも、このオイルは、
完全無農薬で、純度が高いからだそうですね。

お値段もそれなりに高いのですが、
それだけしっかりと、解毒してくれるみたいですよ。

以上のフルコースをこなすのに、丸一日!

お値段は、行ったその日から、会員価格で、18900円、
それに、オイルマッサージ代 3240円。

本物の治療に保険が効かず、

石油原料の薬を飲ませて、
ドイツが世界大戦で使ったマスタードガス、
それを薄めた抗がん剤を使う治療?や放射線、全摘手術には、
保険が効いて、高額医療費の補助が出て・・・

ほんとうに理不尽な限りですが・・・

怒!!! ( `◇´)ゞ<炎炎炎

   ・・・・・・・

さて、さて、
治療院の中は、ガスストーブも焚かれていて、
ぽかぽかあったか・・・

で、温かい飲み物や、玄米はいが、オリゴ糖などなど
有機で無農薬のものが、
いつでも、口にできる状態で、
リラックスして一日いられる治療院なのです・・・・

私は健康!と、思っておられても、

今の社会、欧米化の食生活や、病院での抗生剤などの薬、
それにストレスで、
私たち日本人の体は、痛めつけられています・・・・

ある日突然、倒れてしまう前に、
そして、
病院の健康診断なんか受ける前に、

自分の血液はどんな状態なのか、
それを確認してみることを、私はおすすめします・・・・

では、次回は、
大沼四廊先生の食事療法について、お伝えしますね!

では、では・・・

実は、ここ2週間、びっくり仰天の日々でした・・・

そうなんです!

自然治癒力を引き出す免疫療法の、
大沼四廊先生の治療院、
ナチュラル・メディスンで、私、治療の身となり・・・

はい・・・

大沼四廊 
大沼四廊先生

それは、先月、春分の日の3月21日、

たまたま、大沼先生のサイトを開いていて、

ふと、失明してしまった引きこもりの知人を思い出したのです・・・

「失明して2、3年経つらしいけれど、
大沼先生の治療なら、治るのかしら・・・?」

そう言えば、大沼先生の講演会のyoutubuに、

病気相談窓口TEL:052-806-2178
 緊急相談窓口:090-5861-4489
 大沼四廊24時間対応可 
 ※病名が付いたら即相談

って、書いてあったっけ・・・」

で、何となく、052・・・に電話してしまいました。

その時は、電話がつながらなくて、
休日だしなあ、って、思っていましたら、

私の携帯が鳴って、
取ってみたら、youtubeで聞いたあのだみ声・・・

思わず、
「えっ!大沼先生ですか!?」「はい、そうです」

うっそー!本当?
めちゃ、大感激!(´。✪ω✪。`)

しばらく、失明の知人のことを話したり、

私が当ブログで、
「血液は腸で作られている」の記事のときに、
大沼先生のことを書かせていただいたことをお話したりしているうちに、

そういえば、私も緑内障って言われてたっけ・・・

ちょっと心配だから、私も診てもらってこよう!

春だし、旅行気分でいいかも!

大沼先生に会えるし!

だって、喘息の薬とおさらばして、もう3年になるし、
このところ、起床時の体温は、36度5分はくだらないし、

きっと、「健康ですね!」って言っていただけるはず!

と、楽しい旅行気分で、おしゃれして、出かけたら・・・・

w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!! 

なんと!
これが、私の赤血球・・・

DSCN0613.jpg 

丸くて弾力があるはずの赤血球が、
つのだらけの金平糖になっていました・・・・

∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!
おまけに、動きがなくて、どんより・・・

Σ(|||▽||| )

これでは、
赤血球の大きさよりも細い毛細血管の中を、
私の血液は通って行かないから、
酸素も、栄養も、運べない!

(x_x;)シュン

さらに、問題は、白血球がいない!

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

・゚゚・(×_×)・゚゚・。

そして、そして、

毎日、元気なソマチットの入っている
太古のカルシウム」を摂取していたのに、
ソマチットが全くいない・・・

:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

そうなんです・・・・

手の指先10本、足の指先10本に電極を当てて、
血の流れとリンパの流れを測定して、
そこから、検出された私の内臓の検査結果は・・・・

いやあー、もう、なんと申しましょうか・・・

惨憺たるものでした・・・・

(ノω;`)ウウウ・・・

確かに、毎朝のお通じが決まってあるわけではなく、

下痢したり、便秘したり、でも時には良い〇〇〇でしたから、
気にはなりつつ、まあ、大丈夫かな、って、思っていたのですけど、

小腸、大腸、肝臓、胆嚢、脾臓

ついでに心臓も、ほとんど機能を果たしていない、とのこと!

☆=>=>=>(+_+。) ガーン

・・・てことは、

毎日食べていたあの食物の栄養は、
一体全体、どこへ行ってしまった、というの?

いや、それより、
こんなに栄養吸収できていなかった、ということは、
私は、どこからのエネルギーで生きていた、というの???

?(゚_。)?(。_゚)?

で、大沼先生がおっしゃるには・・・・

「この血液では、血管が詰まってしまうよ、
いつ倒れても、おかしくない状態だね」

/(´o`)\オーノー!!

・・・ということで、

こうなった原因を探るべく、
まず、大沼先生は、私の骨格を見ました・・・

まっすぐ立ったり、背中そらしをしたり、
そして、合せきのポーズ・・・

合せきのポーズ 

ところが、
股関節が硬い私は、こんなふうに、
ぺたっと膝頭が、床に付かない・・・・

つまり、股関節のところで、
血液の流れをストップさせている!ということらしい・・・

そのうえ、
背中が硬い・・・どころか、
実は、
背骨の軟骨の部分が、石灰化して、固まっている・・・

(~Д~ノ)ノヒエ~ 

私たちの体に指令を出す神経は、脊髄から出ています。

DSCN0607.jpg 

DSCN0608.jpg 
C1~C8までが、首の骨で、
T1~T12までが、胸部の骨で、
ここに、心臓、胃、肝臓・胆嚢・脾臓・腎臓への神経が出ていますが、

このT1~T9あたりまで、私は全部癒着だそうです・・・・

癒着して石灰化していると、
それぞれの内臓臓器が、真っ当に働かない・・・

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

机やパソコンに向かって、
または、スマホの画面を見ていて、
長時間、背中が丸くなる姿勢を続けていると、

胸が張れないがために、
呼吸が浅くなり、二酸化炭素を吐ききれず
体の中が酸化していくそうです・・・

そして、最終的には、骨が石灰化するそうです・・・・

∑(!? ̄Д ̄)゚Д゚) エェーッ!!

確かに、
私の30代は、
元夫からの離婚宣言のあと、
子育てしながら仕事をやり、
そして、仕事のために大学院に通って、論文書いて、と、

ゆっくりと息することも忘れて、馬車馬のように走り、
図書館に籠もり、机にかじりついて、がんばっていた気がしますね・・・

まあ、その割には、学問のほうの成果は出なかったのですけど 笑

仕事は、おかげさまでなんとかやれて・・・

だけど、そのうち、喘息発症・・・

風邪をひくと、咳が止まらず、
なんとか治ろうと、病院で出された薬を飲み続け、
そのうち、夜眠れなくなって、
睡眠薬が手放せなくなって・・・

首は凝り固まり、背中も凝り固まり・・・

まさに、負のスパイラル~

だけど、やっと、そのどん底から、脱出して、

今は、喘息患者も廃業して、元気にテニスの健康体!

と、思っていたのですが、

一度、石灰化した骨は、そんなに簡単に治るはずもなかったのです・・・・

|||||/(=ω=。)\ガーン|||||

なんせ、10年、20年ものですから・・・

おまけに体の基礎となる食事や栄養への考え方も、
マスコミに踊らされて

カルシウムが足りないときは、牛乳を飲みましょう!
牛乳でできたヨーグルトは、お腹の乳酸菌を増やします!
タンパク質、アミノ酸は、お肉から取りましょう!
野菜だけ生活をしていたら、めまいが・・・!

減塩!減塩!
朝ご飯は一日の基礎!しっかり食べましょう!

これって、全部、ウソで、

おまけに、石油製品の化合物だらけの調味料

取る野菜には、農薬が振りかけられ・・・

これじゃあ、病気になるために生活しているようなもの。

ずっとずっと、気がつかなかった・・・

でも、今回、医療の闇問題をブログに書くことで、
大沼先生のyoutubeにたどり着き、

そして、
自分の体の大問題に気づくことができました・・・・

神様からの福音でしょう!

「気づきなさい」と神様から言われたんだと思います。

本当に、気がついてよかったです!


さて、治療の様子は、
次回の記事でお話することにして、

初診日の一日の治療を終えた後の血液画像をお見せしますね!

DSCN0614.jpg 

角のある金平糖のようなギザギザの赤血球は、いなくなって、
丸い赤血球になったのが、ご覧いただけるでしょうか?

まだ、
血液の流れは悪いので、鎖状につながっていますが、

それでも、まあるい赤血球に変わりました!

ヾ(〃^∇^)ノヤッタ! ワァーイ♪

そして、二回目、
今度は、一泊二日で、治療を受けたところ、

赤血球は丸く、そして、ばらばらに流れ
白血球が出現していました!

DSCN0570.jpg 

右のほうのもやもやしたかたまりが、白血球です。
前回は、どこにもいなかった白血球くん!

そして、ちらちら動めくソマチットもいました!

(*^0゚)vイエーィ!!!

悪性リンパ腫で、余命半年と言われた方が、

悪性リンパ種 

大沼先生のところで、
9日間、16回の集中治療を行った結果、
三ヶ月後に、仕事に復帰できたそうですが、

これは、まさに、間違いのない事実なんだ、と、
私は、実感とともに、確証できました!

さて、さて、次回、
大沼四廊先生のナチュラル・メディスンでは、
どんな治療を行っているのか、体験記の続き、書きますね!

では、では・・・


WHAT'S NEW?