FC2ブログ
大沼四廊先生のナチュラルメディスン
4回目の治療となりましたが、

今回は、10年前に、大腸ガンで、大腸一部摘出
それで、ストーマ(人工肛門)になられた
オストメイト(排泄のための開口部を増設した人)のHさん、

しかし、その4年後の平成24年、肺ガンが見つかって、
それが大きくなってしまい、
2年後の平成26年3月に、右肺の下葉1/3摘出手術

そのあと、両肺ともにガンが見つかって、という73歳の男性、
Hさんを伴って出かけました。

DSCN0868.jpg
Hさん・・・

DSCN0644_20190420112310d20.jpg 
Hさんのお話をお聞きになられる大沼四廊先生

Hさん、
大腸癌で摘出手術の後の抗がん剤は、
あまりの苦しさに、二回目以降は拒否!!!

「俺は、こんなのやれない!」と!

拍手!パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

医者の言う通りに抗がん剤をやらなくて、ホント!よかったよねえ・・・

命拾いしましたね!

(゚∇^d) グッ!!

抗がん剤投与を拒否したので、
Hさんは、ご自分で、いろんな本を読んで、

ガンのえさは、糖分!」と知って、

だったら、ガンを大きくさせないためには、
糖分は摂取しないで行こう、と、徹底した食事療法を始めました・・・

しかし、その後、
肺に転移したと医師に言われて、
2017年の9月から約1年、計15回の抗がん剤を受けてしまい・・・

「今の抗がん剤は、昔のように、副作用はひどくないから」
と言われて、受けてしまった、とのこと・・・

ところが、
昨年の10月撮ったCT画像では、
肺がんの大きさは、縮小せず、同じ大きさ・・・

医師は、大きくなっていないということは、
抗がん剤が効いている証拠だ、と、主張したそうですが、

Hさんは、
「縮小していないのなら、これ以上やっても無駄!」と、
昨年10月に抗がん剤を拒否!

なにしろ、副作用が少ない、と医者は言ってるけれど、

抗がん剤をやると、
両足の裏から甲まで、最初は黒い斑点、
そして、続けて受けているうちに、足が真っ黒になったそうです。

そして、びりびりしびれ冷たく

手も同じように、びりびりして、冷たく

水道の金物の蛇口も冷たくて触れず、

冷蔵庫のものを出そうものなら、
あまりの冷たさに、掴めもせず、その場で落としてしまっていたそうです。

すごいね!
抗がん剤の「副作用」という名前の「主作用」!

ゴシゴシ(-дゞ≡ ゚Д゚)スッスゲ-!!

っていうか、

抗がん剤って、
人も殺してしまう猛毒を薄めているだけなんだから、

あちこちの、正常に機能している大事な体の細胞を
壊して殺してしまうのは、当然の理屈なんだけどね・・・

毒である抗がん剤が、
ガン細胞だけ狙い撃ちして殺す、ってわけではないですもん。

でも、そんなことは、医者は言わない!ない!

自分や自分の家族には、絶対に抗がん剤を投与しないのに、
他人であるガン患者には、投与する!

!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)???

ところで、Hさんと私は、

Hさんが抗がん剤15回を受けたあとの昨年2018年9月末日、
ある縁で、初めて、Hさんと顔を合わせました・・・

以前よりHさんが癌患者であることは知っておりましたので、

早速、Hさんに、ソマチットのyoutubeをお見せして、
ケイ素と「太古のカルシウム」をプレゼント!

そして、
次は受けないで!と進言。

Hさんも、抗がん剤が毒であり、
第一次世界大戦で使われたドイツのマスタードガスであることは知っていらしたのです。

だけど、
肺の1/3摘出手術のあとに医者から、
「抗がん剤をやらないと、ガンがどんどん大きくなってしまう、
副作用も、昔とは違うから!」
と言われて、拒否できなくなっておられたみたいでした。

そうなんです!

病気になったら、病院に行って治してもらうものだ
というのが、私たち現代人の常識であり、

それへの疑いを抱いたことのない私たちは、

自分自身に、よほどの、
「抗がん剤とはどういうものであり、
がんを治すためには、何をしたら良いのか」という
情報や、治すための確固たる方法論
こうすれば癌は治るんだ、というやり方を知らなければ、

「あなたはガンです!」と言われてしまったら、

医者の言うことに逆らって、
抗がん剤はやりません、とは、なかなか言えないですよね。

苦しくても、抗がん剤をやれば、治ったかもしれないのに!
と、後で後悔したくないから、やってしまう・・・

病気になったら、病院!
 病院は病気を治してくれる!
 医者にかかれば安心!
という医者そして病院信仰がある限り、
これに逆らえる人は、よほどの自信や経験智のある人だけ・・・

私だって、ガン治療の嘘歴史を調べてきたからこそ、
Hさんに強く言えたけれど、

自然治癒、免疫療法ということを知らないときに、
また、ガンは怖くない、治る病気だ、ということを知らなかったときに、

自分自身が、ガンと宣告されたら、果たしてどうだったかしら・・・と思います・・・

(・_・。)(._.。) ウンウン

さて、10月の受診予約日に病院に行ったHさん、

現状維持の大きさのCT画像を見て、

抗がん剤はやらない!
 半年後のガンの様子を見てから考える!」

慌てた先生、院長までが飛んできて、
「とにかく、抗がん剤受けて!」と言われたけど、

いや、俺はやんねえ!」と、
それを蹴って、帰ってきたHさん!

拍手☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

さて、Hさんは、ガンになってからというもの、

小麦の皮である「ふすま粉」をネットで取り寄せて、ふすまパンを焼き、
大豆パンに、玄米食、

それに、
ケイ素に、種も丸ごとゴウヤ粉末も混ぜたボトルを持ち歩き、
ソマチットも摂取、

もともと麦飯石で水を濾過する装置を自宅に設置しているHさん宅、
お風呂の水もそれを使っているのですが、

その浴槽に、重曹も250グラム入れて、
アルカリ性のお湯にして、はいっておられて、

また週一くらいに、

レイモンド・ライフ博士が発見した
ガンを治す周波数の治療器械と、
バドガシュタイン鉱石のホルミシス効果の温熱ベッドのある
ライフ・ウェーブに通っておられて、

とにかく、今ある情報で考えつく「ガン対策」をしておられたせいか、

この日の前夜、ほとんど寝ていないにもかかわらず、

Hさんの血液は、かなりきれいで、
真ん中に見える白血球も、動いていました・・・

 DSCN0659.jpg

すごい!連なってない・・・

変形し、ゆがんだ赤血球もあることは確かですが・・・

いいなあ~ 私の時のような、ギザギザこん平糖赤血球ではない・・・

DSCN0666.jpg 

とは言うものの、やはり、ガン患者さん!

見つかったのが、
画像真ん中、ちょい右にいる、パラサイトくん!

耳が立ってて、下ぶくれのお顔みたいな赤血球!

まさに、パラサイトくん、と呼びたくなるような、
かわいいやつがいますが、

これが、
バクテリアに食われた赤血球パラサイトだそうです!

「俺、さしみは、毎日のように食ってるから!」
と、Hさん・・・

生のさしみには、バクテリアはいるそうで、
そいつにやられた、と、Hさん・・・

ところが、

指先と足先の、血液やリンパの流れを検査してみると、

DSCN0647.jpg 

DSCN0655.jpg

で、グラフがどうなっているかというと・・・

DSCN0654.jpg 
「東洋医学 気の流れの測定」を使用とのこと。

そして、体のゆがみ診断・・・

DSCN0674.jpg 

Hさん、右肩がさがっています・・・

ちょっと深刻な状況だそうです・・・

DSCN0684.jpg 
大沼先生の触診・・・

DSCN0689.jpg 
肺にガンがあるので、先生から説明・・・

DSCN0695.jpg 
優しい笑顔で、いつも対応の大沼先生!

いろいろと原因が見つかったので、
まずはドームで体を暖めつつ、レーザーで固まった股関節をほぐします。

DSCN0736.jpg 
Hさんの話にやさしく耳を傾けてくださる大沼先生!

本当に、やさしい先生です。

なにせ、ここ何回か通いましたが、
怒った顔も声も、一度も聞いたことがないですね!

いつも笑顔で、穏やかな先生。

さすが、壬子、腹の天将星

o(´▽`*)/イエーィ!

そして、レーザー治療・・・
石灰化を溶かします・・・

DSCN0746.jpg 

そして、
コウケントーと、温水浴の腹マットに足マット・・・・

DSCN0749.jpg 
コウケントーの光と暖かさがしっかりあたるように、
上に布がかけられています・・・・

DSCN0757.jpg 
パチパチ、炭火が燃えてます・・・

そして、Hさんが大感激したのが、この足浴・温水マット!

DSCN0755.jpg 

これまで、何重に靴下をはこうが、ホッカイロを貼ろうが、
どうやっても、冷たさの取れなかった足が、

この足浴マットに入ってあっためたら、

なんと、足裏から汗が出て、ぽかぽかになったそうです!

こんなことって、何年も経験してない!
最高の収穫だ!って、にこにこ(^_^)/で、
最高のテンションのHさん!

DSCN0780.jpg 

そして、
今回は「日帰りする!」と宣言していたHさんだったのですが、

突然に、「今夜泊まって、明日も治療する!」
「どこか今夜のホテルないか、探してくれ!」と、急な要請・・・!

今日は花金だよ!空きなんてあるの?

∑(; ̄□ ̄A アセアセ

と、思ったら、
楽天トラベルで探し当てた「残室1」!
朝食付き、大浴場あり、6600円!
急いで、ID入れて、パスワード入れて、速攻GET!

ただし、ストーマ装着のHさん、
大浴場があっても、猫に小判じゃないけど、入れない・・・・

(;一ω一||)残念!

それにしても、

人がコウケントー浴びて、
左脳を働かせずに、リラックスして、足浴マットやってる、っちゅうに、

「今夜、泊まるぞ~!どこか探してくれ~!」

(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ

DSCN0760.jpg 
Hさんの骨格調整・・・

そして、アロマオイルを使って、
脂肪の毒を解かし・・・・

最後に、
足裏から、死細胞、薬などの解毒・・・

DSCN0764.jpg 
先生が、お湯を入れて、準備中!

DSCN0766.jpg 
それに、抗酸化力抜群の岩塩をちょいと入れて・・・・

ね、最初は、にごりのないお湯なんですよ!

DSCN0767.jpg 
神妙なHさん・・・

こんなもので、出てくるの???(半信半疑)

あらら、まだ2,3分なのに、
もう電極のあたりには、何やら、もわもわっと・・・

DSCN0769.jpg 

そして、30分後には、これ!

DSCN0779.jpg 

ふふふふふ・・・Ψ(`∀´)Ψ

一日目、無事、終了!

おなかがすいたHさんと私、
スタッフの方に、無理言って作っておいてもらった
有機野菜と、有機雑穀入りおにぎりのお弁当を頂いて・・・

いざ、ホテルへ!

初めての場所で、暗くなってからのホテルの場所探し・・・

もともと会社のトップまで勤めたHさんだから、
一人でも大丈夫だ、とは思いましたし、
ご本人も、大丈夫、とおっしゃるのですが、

Hさんの、到着したという電話もらうまでは
私が心配してしまうことはわかっていたので、
見届けたほうが早い、と、送っていくことに・・・・

やはり、ちょっと迷いましたが、
無事、送り届けて、自分のホテルへ!

誰もいない大浴場で、
人工だけどラジウム温泉を独り占め・・・

お大尽気分で、ゆったりとおふろに浸かり・・・

では、お休みなさい・・・

ということで、
二日目のお話は、珍道中治療その②に続きます・・・・

近日アップ!乞うご期待!

WHAT'S NEW?