FC2ブログ
ガンを治す秘密兵器!コウケントー

子宮ガンのポメラニアンのモナ

その腫瘍を治すのに、
ドテラ社の精油・フランキンセンス飲用塗布を行い、

そして、
昔からある治療器のコウケントー

DSCN1025.jpg
コウケントーに当たっているモナ♬

    ・・・・・・・・・・

大沼四廊先生のナチュラルメディスンで、
コウケントーの治療を受けるビービーちゃん♪
ダックス 12歳

DSCN0581.jpg

ビービーちゃん、
彼は以前に、
ダックスの胴の長さを活かして、
台所にあった焼き鳥を3本
なんと、串ごと丸飲み込みをしてしまったことがあり、

∑( ̄□ ̄;)ナント!!

獣医さん、何を思ったか、
背中から開けてこの串を取り除こうとして、
背中に30㎝もの切り傷作り、

(*ノω<*) ムチャクチャ!

でも、背骨があるから、当然、無理で、
急いで、背中の傷を塞いで、

改めて、開腹手術をして、竹串を取り除いて、
一命を取り留めたという過去を持つわんちゃん、

( ; ´ ₃ `)ふぅ…

今回は、ぐったりとして、動けなくなってしまって、
大沼先生のナチュラルメディスンに、
治療を受けに来ていました。

ビービーちゃん、
毎回、全く歩けなくなって来院するのですが、

大沼四廊先生のコウケントー
アロマオイルマッサージの治療を受けると、
歩けるようになるのです。

元気になると、とことこ歩いて、
メディスンの前にある公園に行こうと、おとうさんを促し、
そこのブランコに乗って、遊んで帰るのが楽しみなわんちゃんでした。

そして、

「コウケントーで奇蹟の生還」

コウケントー 猫 タルト
3歳7ヶ月 鈴木タルト オス

2009年12月27日、
全く動けなくなって、低体温・極度の貧血・黄疸。

獣医さんは、「9分9厘、棺桶にはいっています」

死にかけているタルトくんを、
大沼四廊先生の指導のもと、
コウケントーに、一回2~30分を1日に数回当てていきました。

6日後には、階段をあがって屋根にいられるくらい、
元気を取り戻しました!

えっ!棺桶にはいっていた猫ちゃんが?

ウソ!ヾ(゚ロ゚*)ツヾ(*゚ロ゚)ノホント!ホント!

倒れて、30日めの診断では、
黄疸も、貧血も、体温もすべて異常なし、と動物病院で診断されました。

動物病院の先生・・・(゚_゚i)タラー・・・

現在も、元気で生きているようですよ!・・・

    ・・・・・・・・・・

うちでは、最初に、
大きさが手軽な三井温熱治療器の温灸器、

DSCN0790.jpg
79,000円 (税込85,320円)

注熱でガン・難病が治る
   三井式温熱治療のすべて」

三井温熱器 注熱

「ガンが治る」と言う話だし、
でっかく場所を取るコウケントーよりいいなあ、と、思って、

この三井の温灸器を、買ったのです・・・・

だけど、抱きかかえて、温灸器を当てていると、
そのうち、熱いのか、いやがるし、
また、当てている間は、こちらもかかりっきりになってしまいます。

それで、思い切って、
ガン抑制作用があるというコウケントー
中古で、買い求めました。

大沼先生のところと同じタイプの
小型軽量パーソナルタイプの2号機が欲しかったのですが、

コウケントー 2号機

こちらは、中古でも税込み6万円近くしました。

なので、税抜き45,000円の安さにひかれて、

コウケントー 1号機

こちらを、急遽、購入!

届くまで3日から一週間、というのを、
なんとか無理言って、翌日に配達してもらいました・・・・

中古電位治療器専門店 ヘルス55さま
ありがとうございました!助かりました!
<(_ _*)>

このコウケントー、初期のタイプなのか、
網戸も、引っかけタイプなのですが、

カーボンからの光が出てくれれば、それでいい!
と、思いまして・・・・

気持ち良さそうに眠るモナ

DSCN1049.jpg

コーケントーの光を浴びさせて、しばらくすると、
とても気持ち良さそうに、すやすや眠り始めます。

「眠る」は、「治る」第一歩ですから!

本当に、一安心!!!

   ・・・・・・・・・・・

コウケントーは、「光線療法」と呼ばれるもので、
昔から、
太陽の光を浴びることで、病気が治ることが知られており、

古代エジプトでは、太陽ラー信仰があり、
日光浴や、日光療法に親しんでいた記録がありますし、

古代ローマ人は、日光浴場を自宅に持っていて、
痛風、リウマチ、神経痛、皮膚病などに日光浴を応用したそうです。

このコウケントー可視光腺は、

〉〉〉太陽光と同じように、
紫外線、可視線、赤外線の3種類の光を含む連続スペクトルであり、
人工太陽とも呼べる光線です。
したがって、太陽光と同じ作用が得られ、
人体にとって一番自然であり、一番適合する人工光線なのです。

そのうえ、
〉〉〉太陽光で問題になっている
短波長の有害紫外線を含んでいませんし、
紫外線量も太陽光に比べて、微量です。
したがって、照射時間が長くなっても、生体に悪影響を及ぼすことがありません。
とのこと!

コウケントーは、
炭素の電極棒に電気を通して、スパークさせることで、
炭素棒を燃やして、光を発生させます・・・

我が家のコウケントー一号機ですが、

DSCN1120.jpg

球体の中に出ている2本の棒が炭素棒で、
その先を接触させて電気を通すと、
燃えて、炭火の光と熱を発生させるのです。

炭素棒が燃えて、だんだん短くなって、
2本の炭素棒の先端が離れてくると、自然と消えます。

だから、
火事の心配もなく、安心して使える機械なのですね・・・・

そして、効能は、
① 光化学作用で、発がんを抑制
② 深部温熱・・・
 生体への浸透力の大きな長波長の可視線(赤色)と
 短波長の赤外線(近赤外線)の作用により、
 光線照射局所に充血を起こして
 血流を増加させ、患部の血行を改善する。
③ 生体リズム調節・・・
 可視総合光線の中の可視線は眼球を通過して網膜に届き、
 その刺激は視神経を介して脳神経系に達し、
 脳の中心付近にある松果体に作用して、
 松果体ホルモン(メラトニン)分泌を調節する。
 メラトニンは脳下垂体に作用し、
 生体リズム、からだの成熟、性腺の周期的活動、
 血圧調節、免疫機能、抗酸化作用など、多くの機能に関与する。
④ 鎮痛消炎(膨張吸収)
 深部温熱作用により患部の血流を改善し、
 プロスタグランジン、ヒスタミン、ブラジキニンなどの発痛原因物質をすみやかに除去し、
 痛みの原因を改善して、鎮痛作用を発揮する。
 また、強い抗炎症作用もある。
⑤ 免疫調節・・・
 皮膚で産生されたビタミンDには、
 からだが持っている天然の抗生物質を増やす作用がある。
 多くの原因不明の疾患には免疫異常が関与しており、
 光線による免疫調節作用の応用範囲は広い。
⑥ 肉芽発生・・・ 
 創傷部(負傷部位)の血行改善とともに創傷部の治癒過程をすみやかに進め、
 種々の細胞を呼び寄せて強靱な肉芽を形成を促進して、
 創傷の回復を早める。  

・・・その他、まだまだ、たくさんありますよ・・・

    ・・・・・・・・・・・

さて、我が家のモナっちゅ!

お腹の腫瘍に
しっかりコウケントーの光が当たるように、
仰向けにさせてみたら、

DSCN1078.jpg

仰向け状態をいやがらずに、そのままで・・・

そして、
そのまんまの格好で、眠りについてしまったモナ

DSCN1076.jpg

ぽかぽか気持ち良さそうですね!

足の関節のところが、茶色くなっていますが、

当初、モナの免疫力が落ちて、
接触する面の毛が抜けたのだと思います。

肌と肌が直接触れる状態になってしまい、
ジュクジュクとしてきていました。

それで、
殺菌力のあるレモングラス、グレープフルーツ、
レモン、パチョリ、イランイランなどを塗布していましたら、
かさぶた状態になったのです。

DSCN1124.jpg
塩田清二 昭和大学医学部教授
「〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療」

【ガン細胞に影響を与える精油】
非常に強い 
 サンダルウッド・パチョリ・レモングラス
強い
 イランイラン・スイートオレンジ・グレープフルーツ
 フランキンセンス・サイプレス・ジュニパーベリー、
 ベルガモット・メリッサ・レモン

   ・・・・・・・・・・・

モナに、
フランキンセンスを20日以上飲用させて、

上記の
サンダルウッド・パチョリ・レモングラス・
フランキンセンス・グレープフルーツ・レモン

すべて、ドテラ社のものを買いそろえ、毎日、お腹に塗布!

そして、このコウケントーの光を
日に何度も、浴びさせて、
たった3日目

モナのお腹の下腹部が柔らかくなっていることに気づきました。

DSCN1005.jpg

足の付け根のおしりあたりが、
へこんでいることがおわかりでしょうか?

そして、その翌日の夜!

パパさんが仕事から帰ってきたら、
モナが、起き上がって、
「ワンワンワンワンワンッ!」

「パパ、お帰りなさい!待ってたよ!」って。

そして、その翌翌日、
テニスから帰ってきた私にも、
「ワンワンワンワンワンッ!」

もう、うちのと手を取り合って、大喜び!

「モナが吠えたーーー!」

ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪

そうなんです!

散歩で、歩かなくなってから、

そして、
自分より、数倍大きな体の龍之介が
注意を別に向けて、モナのそばに不用意に来たりすると、

「危ないでしょ!気をつけてよ!う~~!」
と龍之介にうなるので、

パパさんから、
「おまえはよく怒るネタがあるね~」と
いっつも、感心されていた、そんなモナが、

まったく吠えなくなっていたのです・・・

それが、「ワンワンワンワンワンッ」と・・・・

そして、
いつものごとく、他のことに気を取られて、
モナのところにふらふらと行きそうになった龍之介に、
「う~~!」とうなったのです!

「龍ちゃんに、モナが怒ったー!」

(●≧艸≦)゛

本当に嬉しかったですね!

治る!
モナは回復する!

そう確信しました!

   ・・・・・・・・・

人間の場合、
治療の成果が出てくるのに4ヶ月、と言われています・・・

そこまで、この小さな体がもつのだろうか・・・

そして、犬や猫は、一年で成人してしまうように、
成長がとても早い!

つまり、人間よりも、細胞分裂の速度が速いのです・・・

モナの腫瘍だって、
ニヶ月前にはなかったのです・・・・

あれ?と気づいたときには、
お腹がパンパン・・・・

だけど、モナは、吠えるまでに回復したのです。

細胞の成長が速いということは、治るのも速い!

よし、治療、がんばるぞ!
モナの免疫力、がんばれ!
治るぞ!治すぞ!

と、希望をもった四日後、

モナに生薬やミネラルを飲ませたあとで、

じゃ、コウケントーに当たろうか、と声かけて、
抱きかかえた瞬間、

急に、喉を詰まらせ、吐こうとして、でも、吐けなくて、
背中をさする間もなく、
モナの首が、くらっ!と横に倒れました!

「えっ!何?どうした?」

それから、心臓のあたりをさすって、さすって、
一時間くらいしたころでしょうか・・・・

・・・モナの息が戻ってきました・・・・

「あー、よかったーーーー!」

落ち着いてから、水分を取らせようと、
ほんの少し、スポイトで、入れてやるのですが、
とっても辛そう・・・

そうなんです・・・・

腫瘍が喉にできていました・・・・

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

厳しいなあ・・・

DSCN1084.jpg
コウケントーの光を喉にも当てるようにして

    ・・・・・・・・・・・

さすがに、限界だったのだと思います。

コウケントーの光があたっている間は、
穏やかに、眠っているのですが、
消えたときに、ゲホゲホと咳したりするので、

とにかく、
コウケントーの火を消すまい、と、がんばっていたのですが、
夜中、ちょっと寝込んでしまって、
コウケントーが消えてしまい、

そのころに、モナは、あの世に旅だったようです・・・

消えたことに気がついた夫の声に起こされて、
あわててつけたのですが、
ふとモナをみると、こと切れていました・・・

やさしい、穏やかな顔でした。
DSCN1100.jpg

がんばったね!モナちゅ!

本当に、よく頑張ったね!

゚・。(。/□\。)。・゚!!!!

でも、ママは泣かないよ!
神様のところに帰っただけだもんね!

フキフキ(;^-^)ヘ..

(*'v`*)・:*゜★,。・゜☆

子宮ガンになったポメラニアンモナ

DSCN1011.jpg

カメラを向けると・・・
寂しげな顔の写真になってしまうのですが、

それもそのはず、

モナの腫瘍は、半端なく、大きい・・・

IMG_1497.jpg

IMG_1500 (2)
白いもにゅもにゅしたものが腫瘍です・・・

一年前の、エコーの器械は、もう少し簡易的なものだったのですが、
そのときの画像では、

IMG_1502 (1)

おなかに「白い塊」はなかったのです・・・

そして、モナの肝臓・・・

IMG_1499 (1)

肥大しているとのこと・・・・

私は、まず、この肝臓を治そう、って、思いました。

肝臓が治れば、解毒がしっかりとできるようになり、
腫瘍になっている細胞を、
新しい正常な細胞に変えていくことができる!

肝臓には、しじみ!

大沼四廊先生のナチュラルメディスンにあった、

あうんしじみエキス

カプセルの中に粉末になったしじみエキスがはいっていて、
これをそば湯に溶いて、スポイトで飲ませよう!
あうん しじみ
あうんのしじみエキス 9936円

    ・・・・・・・・・・・

そばには、ビタミンB1、B2
それに、ビタミンPであるルチン
ビタミンと同じような働きをするコリン

モナは、そばを食べてはくれませんが、
そば粉100%のそば湯には、どろどろするくらいそば粉がいっぱいなので、
その効果の一部はあるはず・・・

かじの 十割そば

北海道産そば粉100%の「かじの」の十割そば

ゆでたそば湯は、全部ポットにいれて、翌日までに
すべて、残すことなく、飲みきります。

このときに、
茶葉まるごとの和香園あらびき茶を入れて、
味を変えて飲んだりもします・・・・

あらびき茶
和香園 あらびき茶

前々回の記事、
Hさんとのナチュラルメディスン珍道中で、
大沼先生がHさんに作った飲み物、
それを飲んだら、
Hさんの海胆(ウニ)状血液が、がらっと変わったあの飲み物!

その飲み物の中に、抹茶を入れておられましたが、

DSCN0890.jpg
有機栽培の宇治抹茶

抹茶に含まれる葉緑素は、
赤血球となるんだそうです!
つまり、葉緑素を取れば、赤血球が増えるのです。

赤血球が増えれば、酸素や栄養をしっかりと運んでくれるのです。

我が家では、かなり前から、
和香園あらびき茶を愛飲していました。

使用する肥料は、基本的に有機栽培

そして、害虫駆除は、
台風の後に、害虫が吹き飛ばされていたことにヒントを得て、
水圧の高い水と強い風圧で除去する器械・
ハリケーン・キングを使用して、

ハリケーン・キング

農薬を極力抑えているとのこと・・・

あれ?σ(・・?)..


「極力抑える」ということは、農薬ゼロではないんだ・・・

「基本的に有機肥料」ということは、有機肥料100%でない・・・

がくっ(:D)| ̄|_

で、こちら、
京都・播磨園製茶の「お手軽宇治抹茶」は、

【私たちは昭和50年頃から
本格的に有機栽培を取り組み始めました】

〉〉〉それ以前は茶畑を農薬散布するの丸2日がかりで、
年間7~8回散布する一般慣行栽培を行っており、
その農薬散布は身体に大きな負担がかかるものでした。

〉〉〉昭和47年・夏に自園の茶畑で、
現社長(余士行)が農薬散布中に薬害に倒れ
医師に「こんな暑い日中に軽装で、農薬散布を続けていては、
いずれ肝臓に障害が出ますし、お酒もやめなくては」と言われ、
何とか無農薬でお茶の栽培ができないか、と考え、
無農薬・無化学肥料栽培有機栽培へ転換する一大決心をいたしました。

〉〉〉当初は収穫が激減し、後悔したこともありましたが、
「生産する自身や家族、また私共のお茶を飲んでいただける人たちの健康の為に、
この栽培法を全うする」そのような覚悟をもって、

〉〉〉大変厳しい時期が続きましたが、
試行錯誤を重ね、
徐々に茶の木も強くなり、収穫も安定するようになりました。

〉〉〉有機農法除草作業に大変手間がかかり、
特に暑い夏場での茶畑の草引きは大変な労力がいるものではありますが、
消費者の皆様や周りの人たちに安心・安全を評価していただき、
有機栽培を取り組んだことに大変満足しております。
おかげで肝臓も丈夫になり、
毎日大好きな晩酌を続けております。

本当にすごいですね!

☆*スッゴ―d(o′ω`o)b―ィィ*☆

で、
チョーガックシ、だったので、

鹿児島志布志市の和香園さんに直接お電話して聞いてみましたところ、

商品に表記のとおりに、
化学農薬は、全く使っておらず
厳しいヨーロッパの検査にも合格しているとのこと!

つまり、無農薬栽培しておられました。

だから、パッケージに、
化学農薬に頼らないお茶を育てました」
って、書いてあるんですね!

そっか、よかったあ!

ε-(´∀`*)ホッ

ただ、
肥料に関しては、味やお茶の色の関係で、
春先の一時期に限り、化学肥料を使用しておられるとのこと

それなのに、
和香園さんのあらびき茶は、無農薬!
そう、信じて、もうかれこれ10年近く飲み続けてきてましたので、
もし、違っていたら、超ショック!

だけど、
本当に、無農薬栽培であることを聞いて、
そして、
化学肥料もごく一時期、ということをお聞きして、ほっとしました!

(´・`*)ホッ!ヨカッタ!

    ・・・・・・・・・・


さて、話を、もとのしじみエキスに戻しまして・・・・


あうんのしじみエキスのカプセルの残りが少なくなっていたので、
早速、自然食の店あうん」で、購入しようと、
ネットでみると・・・・

友の会にはいると、最大15%オフ・・・

日持ちするものだし、多く買ってもいいかな・・・

(*゚ェ゚))フムフム

でも、カードは使えないみたい・・・
ちょっと電話して聞いてみようっと!

お電話口に出られたのは、
あうんの店主の鎌田麗子さん、今年87歳だそうです・・・

こちらがしゃべる暇も与えてくれないくらい、
弾丸連射のごとく、お話なさる元気なおばあさま店主さん!

この方に強く勧められたのが、こちら・・・

あうん さとしのしじみ

さとししじみエキス 10800円

未熟児で生まれ、肝炎を患い、
他に治療法はない、と医者にも見放されてしまったのだけれど、

民間療法のしじみエキスで、元気になられ、
現在も健康で、このしじみエキスを今も作っておられる、
鎌田哲(さとし)さん。

そのさとし(哲)さんご自身が、お造りになっている
さとし」のしじみエキス・・・


〉〉〉自然食の店あうんの始まりは、
 リューマチの私、鎌田麗子、
 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の主人、
 アレルギー体質の長男
 この一家が健康になりたい一心で、
 今は故人となられた馬淵通夫先生のご指導のもと、
 40年前に始めた玄米食にあります。

〉〉〉その後、充分に回復しなかった母体から生まれた次男は未熟児
 ガラスケースから出、家に帰ったら肝炎

〉〉〉しかし有効な薬がなく、民間療法のしじみエキスを用いることにより、
 いまでは未熟児肝炎だった息子、家族全員共に健康に過ごしております。

あうんのしじみは、天然の大和しじみ100%

あうん しじみ

いつも同じ業者さんから仕入れて、
品質が落ちないようにされているそうです・・・

〉〉〉良質な大和しじみに少量の水を加えて煮出し始めます。
煮出す時間と煮詰める時間にあうんはこだわっています。
時間を短くすれば作業時間の短縮により、短時間でしじみエキスが作れるでしょう。
けれど、この煮出す工程で手を抜くと、後々の製品の品質に影響します。

〉〉〉しっかりとゆっくりと時間をかけて煮出したら、身と殻を取り除きます。
綺麗な乳白色のむし汁の出来上がりです。
〉〉〉あうん自慢の一切混ぜものナシ

大和しじみ100%のむし汁です!


あうん しじみ むし汁

〉〉〉大和しじみ100%で出来た綺麗な乳白色のむし汁を炊いていきます。
炊き始めてから27~28時間後の様子です。

長時間火入れすると色が変わっていきます。


あうん しじみ 煮詰める

そして、完成・・・

あうん しじみ 完成

完成したこのエキスを、瓶詰めしていきます。

カプセルに入っている粉末のしじみエキスのほうは、
製薬会社との提携により、
蒸し汁の段階で、特殊製法により粉末にして、カプセル詰めするそうなのですが、

このさとししじみエキス
カプセルのものより少しお値段高いのですが、

中身は、
煮詰めた「さとし」のほうが、カプセルのものより、
4割ほど多いそうです・・・

∑o(*'o'*)o エーッ!!!

・・・9936円に対して10800円。
1000円違わないのに、中身が4割多い・・・

そりゃあ、
断然、煮詰めてあるほうが、お得!!

そして、鎌田麗子店主さんは、
病人には、煮詰めてあるほうが絶対に効きます!

絶対量が多いし、ネ!

でも、鎌田店主さんがおっしゃることには、

煮詰めたほうは、しじみの独特の味がするので、
「みなさん、この濃い味がいやだ、って、おっしゃるの」・・・

私、買って、舐めて味わってみましたが、

「うーーん、しじみだあ!濃厚で、うまい!」

私は大好きです!

この一瓶のしじみエキスを作るのに、
だいたいですが、逆算すると、
大和しじみ10キロ分だそうです・・・・

スゲェ━━ヽ(゚Д゚)ノ━━ !!!!

ということで、友の会に入会して、15%引きで購入!

モナの肝臓を、もとに戻すぞ!

 ٩(ˊᗜˋ*)و エイエイオー!


さて、さて、

前回、ミネラルは、
ドテラ社の液体ミネラルをご紹介しましたが、

ビタミンは何から?
・・・・ということで、

アロエ 平田農園

平田農園の「アロエファインエキス」です。

〉〉〉アロエには約200種類もの有効成分が含まれています。


す、すごい!Σ(゚◇゚;)


〉〉〉原産地である砂漠の厳しい環境でも生き抜くことができるよう、

多くの栄養成分がその葉に蓄えられたためであると考えられています。


〉〉〉アロエの主成分の一つは、ゼリー質に含まれる多糖体です。

多糖体とは、たくさんの糖が繋がり、様々な働きを持つ成分のことです。

〉〉〉アロエには他にも、

胃の調子を整え健胃作用を持つアロエモジン

殺菌作用を持つアロエチン

腸を刺激し、穏やかに排便を促す緩下作用(かんげさよう)を持つアロイン

抗腫瘍性の働きを持つアロミチンアロエウルシンなどが含まれています。


抗腫瘍性」・・・

これ!モナに最高ですね!


〉〉〉また、

ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、B12、

ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類、

カリウム、鉄分などのミネラル類など、多くの成分も含まれています。


〉〉〉アロエに含まれる約200種類もの成分が

協力し合って健康に働きかけることから、

アロエの健康効果は「シンフォニー・オーケストラ効果」と表現されることもあります

http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/aloe/


ホント!スゴイですね、アロエの栄養って!


アロエ 効果


このキダチアロエエキスを製造している平田農園さんは、

有機JAS認定工場!


本当に安心ですね!


そして、そのまま飲んでも、そこまでの苦みではなく、

おいしく飲めてしまいます・・・・


v(´∀`*v) グッド!!!



さて、それにそれに・・・

乳酸菌生成物質ビオネフレッシュ


DSCN0623.jpg


骨の石灰化を溶かしてくれると同時に、

胃腸を健全にする作用があるのですが、


この製品は、より濃いものが出たとのことで、


また、次回のお話とさせていただきます・・・・


モナは、体がちいさいこともあって、

すこしづつ、スポイトで飲ませてやっています。


きっと、よい結果が出る、って、信じています!

がんばります!


おなかにおおきな腫瘍ができてしまったポメラニアンモナ・・・

DSCN0929_20190519200117a2a.jpg

おなかの中の腫瘍って、見えないし、

そのうえ、わんこは、ものが喋れないから、
何が食べたいのか、どうしてほしいのか、わからなくて、
最初は、どうしようか、って、思いました。

でも、基本は犬も人間も血液です!

赤血球が元気なら、酸素と栄養をしっかりと細胞に運んで、
細胞を新しくすることができるし、

白血球が元気で動いてくれていれば、悪い菌を食べて、
尿や便や、そして、皮膚から汗として排毒してくれます。

そうなんです。

どんな病気であろうと、
どんな難病の病名が付いていようと、
そんな病名に関係なく
私たちの体は、血液きれいであれば、治るのです。

「ガン細胞は、敵ではない!」

今は亡き安保徹先生が何度もおっしゃってましたように、

また、
千島・森下学説森下敬一先生もおっしゃるように、

ガン化した細胞を、
正常な細胞に取り替えてあげればよいだけの話なのです。

私たちの体の細胞は、動物も含めて、
いつでも再生可能なのですから!

    ・・・・・・・・・・・・・

そうは言っても、
ぐったりしている二キロ半の小さな体を目の前にして、
当初、何を食べさせてよいのか、全く解らず、

動物病院から帰ってきてすぐに、
大沼四廊先生に電話して、相談に乗っていただきました。

体の深部が冷えていないか?
そして、酵素をしっかり取らせなさい、と・・・・

大沼先生のご実家は、北海道で事業をやってらしたそうで、
工場も敷地にあったので、とにかく広い!

その広い敷地を見張るのに、
番犬として何匹も、犬を飼われておられたそうで・・・

そのわんちゃんたち、
「大根の煮たのとか、大好きだったよ」って・・・

大根には、酵素が一杯なんですね!

とはいえ、これまで、お肉主体の食事だったモナは、

もちろん、デカ・パピヨンの龍之介は、ぱくぱく食べましたが、

腫瘍のせいもあって、「いらない、食べない」

なので、まず、これ!命潤』

DSCN1034.jpg

これは、大沼四廊先生が、
すばらしい発酵技術をもつ奈良の老舗の酒屋さんに働きかけて作った、
酵素エキスが一杯はいった製品。

野菜や果物から取った発酵エキスを、
コーンスターチに吸収させて、乾燥させたものなので、

きれいに溶けてくれるので、スポイトで飲ませやすいのです。

ただ、大量生産でできるものではないので、
お値段はそれなりにしますが、
やさしい甘みがあって、そのまま食べて本当においしいのです。

これを、まず、生薬である
『甦液』に溶かして飲ませます。

DSCN0619_201905171907274fd.jpg

これもまた、15種類の天然の生薬が入っている優れもの!

紀  陽 花:抗疲労、元気づけ、血液浄化、生理痛の緩和、便秘回復
霊  芝:強壮、鎮静、抗がん作用
冬虫夏草:強壮、鎮静、鎮咳、寝汗に効果あり
珍  珠:滋養、美肌、不眠、早漏、毒瘡に効果あり
羅  漢 果:解熱、咳止め、去痰に効果あり、甘味など
田七人参:止血、消腫、鎮痛、消炎作用あり
枸  杞:強壮、強精作用
   視力減退、涙目、生殖機能、動脈硬化、糖尿病の治療に。
甘  菊:解毒、目の充血、高血圧に効果あり
百  合:鎮痛、鎮静、更年期障害の緩和
蓮  子:滋養強壮、抗疲労、健胃作用、
   下痢、動悸に効果あり
山  査 果:血管緩和、食欲増進、下痢止め
金  絲 棗:増血、健胃、自立神経安定
薏  苡 仁:美肌、利尿、ポリープ退治
銀  杏:強精、抗老衰、鎮咳作用、頻尿・夜尿症に、
桔  梗:解毒、排膿、抗感染作用、アレルギーに

・・・なぜ、こんなに効くのか・・・

人間の体は、ビタミン類の栄養素を、体内生産できません。

また、野菜からのビタミン摂取は理論上可能ですが、
野菜はビタミンの結合力が強
人間の胃液では十分な分解が困難なため、
大量摂取しないと、必要なビタミンは摂取できないそうです・・・

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

(´ヘ`;)困ッタ

ですが、これらの天然・自然の植物には、
抗酸化物質であるビタミンが豊富に含まれているので、
少量で、摂取できるそうなのです。

また、

細胞内に発生した活性酸素分解する酵素

スーパーオキシド・ディスムターゼ
(Superoxide dismutase, SOD)
SOD.gif

この活性酸素分解酵素SODは、
タンパク質で構成されているので、
適切なタンパク質が充分に摂取されていれば体内で合成されるそうなのですが、

40歳を超すとSODの体内生産力が減少して、
老化現象、生活習慣病、ガンに罹りやすくなってくるので、
SODを摂取したほうがよいとのこと。

そこで、この『甦液』
これが、ビタミンとSODを補充してくれるそうなのです・・・

("▽"*) スゴーイ


そして、もうひとつ、
体内では合成できない五大栄養素のミネラル

前回の記事、
ガン消滅させるアロマオイルフランキンセンスでご紹介した、
ドテラ社のミネラル!
ドテラ ミネラル

もちろん、ミネラル摂取には、

たとえば、ニューサイエンス社のマルチミネラル・ビタミン
マルチビタミン・ミネラル
農薬・化学肥料一切不使用の土壌で育てられている
有機野菜を原料としているもので、
原材料はアメリカ合衆国とインドだそうです。

また、現在、取り扱い中止となりましたが、
オーガニック ビタミンミネラル 日本製

原材料:有機アセロラ(アメリカ産)
    有機せん茶(静岡産)
    有機アルファルファ(アメリカ産)
    食用ドロマイト(ドイツ産)
    鉄酵母(アメリカ産)
    亜鉛酵母(カナダ産)

というのもあります。

ただ、ドテラ社のPHOSSILミネラルは、
他のミネラルが、今栽培されている植物から抽出されているのに対し、

なんと、
約一億年前古代植物から抽出されているとのこと・・・

ウヒャーヽ(゚Д゚)ノ スゴスギー!!!!!

〉〉〉米国ユタ州エメリー郡の大地には、
約一億年前の古代植物が埋もれてできた
ミネラル豊富な地層
ヒューミックシェール腐植泥板岩が広がっています。

この古代植物堆積層から抽出し、
イオン化しているために、
体内にはいってからの利用効率がとても高い、とのことです。

そして、粉末のものより、
液体のほうが、ミネラル吸収がとても早いそうなのです。

この二つのことにおいて、
ドテラ社の液体ミネラルは、超おすすめなんです!

d(>_・ )グッ!

・・・・それはともかく・・・・

上記でご紹介したニューサイエンス社のマルチビタミン・ミネラルと、
オーガニック マルチビタミン・ミネラルの原材料ですが、

日本産というのは、
オーガニックのほうの、静岡産煎茶だけ・・・

ニューサイエンス社も、名前は横文字ですが、
北隆館という会社の姉妹会社で、日本の会社・・・

どちらも日本で作っているビタミン・ミネラルの製品なのに、

日本製の原料は、煎茶だけ・・・

びっくりしました・・・・

有機肥料を使って、
石油原料の農薬を使わないで育てた野菜を
日本では製品にする原材料として調達できないという事実・・・

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

日本人の健康を支えている野菜たちが、
どれほど、農薬化学肥料だらけであるか・・・

もちろん、無農薬で、有機栽培のものも売っていますが、

流通に乗せるだけの量が生産されていないがために、
スーパーで買う値段の、2~3倍の価格になっていますし、

それを取り扱っているお店も、探さないといけないくらい、
すぐ近所にあって買える、というわけではありません・・・

・・・これが、今の日本の現状なんですね・・・・

だから、
製品として、有機で無農薬のものを作ろうとすると、
輸入するしかない・・・

なんだか、ほんと、悲しいなあ・・・・
  • 。o゜o(´□`*)o゜o゜оカナシイ・・・

・・・・ところで、
四無農法、っていう自然農法、ご存じですか?

日本が誇る哲人・福岡正信
(1913年2月2日~2008年8月16日)

耕さず、肥料も農薬も使わず、除草もしない農法

〉〉〉福岡式自然方法には、
不耕起、無肥料、無農薬、無除草という四大原則があります。
不耕起とは耕さないことで、農家の常識では理解しがたいことのようですが、
耕した土は乾燥しやすいのだそうです。
また、有機肥料を含め、堆肥をやると、作物を過保護にしてしまいます。
無肥料にすることで、
強靱菜作物ができ、味も濃くなるそうです。
無除草に関しては、
雑草を根から抜くのではなく、花の咲く頃を見計らって刈るのだそうです。
そして、刈った雑草はそのままその場所に倒しておくと、
夏は保湿、冬は保温の役割をしてくれ、腐って肥料にもなります。
また、極力やりません
水をやらないと、根が水を求め、地中深く根を張っていきます。
ところが、水をやると、植物は簡単に水を手に入れることができ、
根は浅くしか張らない、弱い作物になってしまうそうです。

・・・・とっても簡単そうに見えますが、
一度、人の手がはいったものは、
放っておいても、自然にはもどらないそうで、
自然に形にもどしてやるために、手を貸さないといけないそうです。
これが、また、大変・・・とのことですが、

言われてみたら、なるほど!ですね!

(゚∇゚;)ナルホド

大変だけど、とっても理にかなったやり方ですよね!

でも、なぜ、みんなこのやり方やらないのかしら・・・
農薬で、農家の人が病気になっている、というのに・・・

( ̄- ̄;)ンー

そして、もうひとり、
微生物に着目された比嘉輝男博士!

博士が発見、そして、発明されたのが、EM菌
Effective(有用な)Microorganisms(微生物たち)
の略語の「EM」で、

乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、
人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりなんだそうです・・・

比嘉輝男先生も、また、
農薬の化学物質で病気になって、農薬を使わない農法に取り組まれたそうです。

 〉〉〉当時、「嫌気性(空気を嫌う)微生物と
好気性(空気を好む)微生物は共存しえない」というのが微生物学の定説でした。
そして、自然界における土壌では、
作物を枯らせたり病気にさせる有害な菌が優占するか、
分解型の菌が優占するかのどちらかしかないと考えられていました。

空気があって、湿気があるところにいるのが、乳酸菌
例えば、森林の腐植の中や、草の中

空気がなくて、湿気が非常に多いところにいるのが、光合成細菌
例えば、ぽっとん便所の中やどぶの中

この自然界では出会わない二つの菌を出会わせて、
植物を元気にさせたのが、比嘉輝男博士なんだそうです・・・

それが、EM1

em.png

EM1は、植物栽培用ということなので、

EM ゴールド

まだ、飲み始めて一週間ほどですが、
お腹の調子がとってもよくなった気がしています。
お通じの出が最高にいいのです・・・

これは、

「世界が注目の大沼式瞬間血流改善療法!
血管壁に付着してたトンデモ赤血球のどぶさらい治療その②」

で、ご紹介した「ぽよよよよ~ん」の日和見菌たち・・・

日和見菌これは、

それが、EM菌が入ってくると・・・!

EMパワー

悪玉菌に付いていた日和見菌たちのうち、
「はっ!」と気がついた菌たちが、
悪玉菌の応援をやめて、善玉菌に付く、というお話・・・

EM菌

それでも、
何にも気づかずに、ぼけーっとしている菌たちは、
「ぽよよよよ~ん」って、したままみたいですけどね!

( *´艸`)ウフフフフ

ただ、ね、どれも、ちょっと、高いんだ・・・

最後のEMーXgoldは、
2本組みで、定期購入しても、一本4650円!

だけど、
ガン患者さんには、超人気で、飛ぶように売れている、とのこと・・・

それで、
ちょっと見つけたのが、このサイト!

「EM菌をプロ直伝の活性液にして飲んでみたら
お腹に驚きの効果が!」

EM入門セット
em入門セット

これだと、1500円くらいで買えますね。

そして、たくさん、増やせるそうですよ!

∑d(*゚∀゚*)チゴィネ!!

ただし、
農業用資材なので、自己責任でどうぞ、ということらしいです。

私もこれから、チャレンジしてみよう、と思っているところで、
まだ、飲んでいませんが、
一応、ご紹介まで・・・

ということで、今日は、
命潤と甦る液と、ミネラル、EMーXgoldをご紹介しましたが、

DSCN1033.jpg

大沼式食事療法は、これで終わりではないんです・・・

まだまだ、続きます・・・・
   
我が家のわんこの、マリィモナ龍之介

それが、昨年2018年4月に、ヨークシャテリアマリィ
15歳と2ヶ月で、あの世に旅だって、一周忌というころに、

DSCN0256.jpg 

ポメラニアンモナのお腹に腫瘍があることがわかりました・・・・

DSCN0916.jpg 

(Tーヾ)エグエグ...

それは、
Hさんとのナチュラルメディスンでの
珍道中治療から帰ってきた翌日、

モナが歩かないんだよ・・・」と
散歩から帰ってきたパパさん・・・

まあ、いつもの面倒くさい、抱っこ、かな?って、思っていたのですが、
お腹のふくれ方が、尋常ではない・・・

DSCN0923.jpg 

そして、下痢をして、
それまで、ほとんど飲まなかった水をちゃぷちゃぷと音を立てて飲んでいる・・・

おかしい・・・と、思って、
動物病院で、エコーで診てもらうと、

もにゅもにゅと白いものがお腹に・・・

そう、腫瘍です・・・

モナはとっても小さいぽめちゃんだったので、

mona 双子座 030 

この子の子供がほしい、と、思ったこともあり、
卵巣を取ってしまう手術は二の足を踏んでいたのです・・・

卵巣を取る手術は、最初の生理が来る前に、ということで、
一年目の一番愛らしいときには、する気持ちにはなれず・・・・

そのうち、ま、いいか、で、年数を過ごしてきました・・・

腫瘍の原発は、卵巣か子宮か、だと思います・・・・

モナは今、12歳と9ヶ月・・・

昨年、ちょうどマリィがお星様になったあとくらい、
5月終わりか6月くらい、
モナがごはんを食べなくなって、受診したら、
胆嚢が脂肪だらけになっていて、
脂肪が分解できなくなっていました・・・

そうなんです・・・

我が家はドッグフードではなく、手作り
とはいえ、超簡単手抜き手作りだったのですけど、

モツがダメだったのです・・・

そう言われれば、ものすごい脂肪ですよね、
モツって・・・

犬は動物だし、体温は人間より高いし、と、思ってましたが、
肉を取るために飼育されている牛や豚の内臓であるモツは、
油だらけでした・・・

薬を飲ませるか手術、といわれましたが、
12歳に近かったこともあり、
獣医さんも「高齢だしね・・・」とおっしゃって、
薬だけにして、
手術はしない、ことを、お話してありました・・・

このときに飲ませたも、
元は、と言えば、石油だから、
体に、何にも影響はなかった、とは言えないと思います・・・

この時は、薬はちょっとね、と、思いつつも、
これで治ったわんこがいますよ、って言われると、
拒否はできなかったなあ・・・

ともかく、
この時には、子宮の辺りに、腫瘍はなかったのです。

この時から、モツは止めて、
鳥レバーなどの脂肪も注意してはずすようにしていたのですが・・・

しかし、いつのまにやら、腫瘍は、
モナのおなかがぱんぱんになって、ふくれるくらいの
大きさになっていました・・・

もっと、体型とか、注意しておけばよかったのですが・・・

(-_-;ウーン、難シイナ

年齢も年齢だし、腫瘍がおおきいようなので、
手術で取り除くと言っても、難しいと先生も思われたのか、

「どうしようか、抗生剤でも出しておきましょうか?」
と言われましたが、

「抗生剤!? いりません」

抗生剤・抗生物質って、抗菌薬とほぼ同じで、
体の中の細菌をやっつけるものです・・・

腸内細菌」=「腸内フローラ」とも呼ばれていますが、
これらは、体の中で、とっても大事な働きをしています。

腸内細菌 

では、抗生物質抗菌薬は、
これらの体にとって必要な細菌は殺さずに、
悪い細菌だけを殺してくれるのでしょうか・・・???

いいえ!

抗菌剤も、抗がん剤と同じく「菌」を殺すための毒です。
その毒が体の中に入って、そんな選別してくれるのかしら?
ね!

ヾノ゚д゚`)ムリムリ

抗生剤はいらないと言う私に、先生は、
「じゃあ、白血球の数だけでも調べておきましょうか」
と、採血の用意を始められたので、

「あっ、それもいらないです」・・・

血液の状態がどうなっているのか調べてくれるのなら、
やってもらってもいいけれど、
数だけ調べて、どうするの?

今の医学、って、数字だけ出して、多いの少ないのって、
それだけで医者は判断するけれど、
本当は、「」が大事なのではないのかしら?

」って、漢字は、「質す(タダス)」と読むように、

正しい状態にするときには、「質」=中身が重要なのだけど、

今の医学は、血液の「質」には、一切、触れない!

触れたら、
今の医療のやり方の不都合さが、露呈するかも・・・

困るんでしょうね、きっと・・・・

ともかくも、
エコー検査の検査代の3500円、
それに再診料の500円に消費税をお支払いして、動物病院を後に・・・・

先生は、最後に、「かわいそうに・・・」と。

でも、
私に打つ手立てが全くないわけではなかったのです!

(*`д´)bヨシ!アレダ!!

別にかわいそうじゃ、ないもん!
治るんだから!

(`^´)プンプン

そうなんです!

ちょうど、その二日前に、
ガンがあるもので治った!という話を、たまたま教えてもらったのです。

ガンは、我が家には関係がない、って思ってましたので、
ふーん、って、聞いてただけなのですが、

ドテラ(doTERRA)社エッセンシャルオイルで、
なんと、ガンが消滅してしまい、
紹介したその方は、とても感謝された、とお話されていたのです。

フランキンセンス 
ドテラ社のフランキンセンス

同じくドテラ社のアロマオイル・
フランキンセンスの説明の本からの抜粋ですが、

IMG_1531.jpg 

〉〉〉大学学術研究で
皮膚癌や癌細胞の増殖阻止、
膀胱癌細胞死滅等、DNA修復機能に期待。
発癌性毒素軽減の肝臓酵素増量・・・

とあります!

それに、

〉〉〉エジプットの伝説では

痛風から頭蓋骨骨折まで治る


♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!


〉〉〉2014年、イギリスのレスター大学において、

機能的薬学ドクターであり栄養士のAxe博士は、

末期の卵巣癌患者に、フランキンセンス

副作用もなくがん細胞消滅させた

という研究成果を発表しました。

フランキンセンス癌に対する効果は、

医学的に証明されています。

しかし、日本では薬事法で

フランキンセンスの飲用が禁止されているのです。


Σ(゚□゚ノ)ノエー!ナンデ-!

日本では、ガン患者が減ったら困る・・・とか?

なぜなら!

① 病院に患者が行かなくなる
② 製薬会社の抗がん剤の薬が売れなくなる
③ ガンは怖い病気だから、という脅しが効かなくなるから、
 ガン保険に誰も入らなくなって、保険会社が困る・・・

ま、こんなふうに、いっぱい、困る人たちが出てくる???・・・

だから、フランキンセンスの医学的証明も認めないし、
また、飲用も禁じているのかな?

\(*`∧´)/ ムッキー!!怒!!!

また、
母親が胃がんの手術をされて、抗がん剤を服用された、という方のブログです・・・

〉〉〉フランキンセンスラベンダー(のアロマオイル)を
毎日身体に塗ることだけは欠かさぬようアドバイスしました。

〉〉〉脊髄と、開腹手術をしたおなかと、足裏に塗っています。
僕が実家にいる時は、塗ってあげるようにしました。

〉〉〉フランキンセンスがん細胞の成長をとめたり、
元気な細胞を増やすなどの効果があるといわれいて、
友人の又吉千恵子さんからも、
実際にお父様に使用したらとてもいい効果があったと体験談を聞いていたので、
それを信じて母親にすすめ、塗ってもらいました。

〉〉〉すると、抗がん剤を服用し続けているのですが、
母親には副作用が出ないのです。
たまに下痢をすることがあるくらいだそうで、
身体の疲れもないし、吐き気も全くないし、
髪の毛が抜けるということも全くありません

〉〉〉むしろ、手術で10キロ近く減った体重が
もうすでに5キロ戻っていて、とても元気そう!
写真のように、今では空港に見送りにまで来てくれるようになりました。
これは息子の僕にとっても、本当にうれしいことです。

〉〉〉副作用がでないばかりか、どんどん元気になっていく母。
これはフランキンセンスの奇跡じゃないかと僕は思っています。

ねっ!

こんなにはっきりと証明されているのなら、
モナのガンも、フランキンセンスで治す!!!

そう、思いました。

当初は、飲用しても良いことを知らなかったので、

私が、ナチュラルメディスンで使っているアロマオイルを、
モナに塗っていました・・・

そうしましたら、

たった1回、塗っただけで、
それまで、顔もあげずに、伏せっていたモナが、

お座りして、しっかりとこちらを診て、
「なにか食べたい、です」のサインを出しているのです!

Σ(*゚◇゚*)ウッソー!Σヾ(*゚○゚)ノホントー!

そんなもの、効くのか、と、思っていたらしい
うちの夫もびっくり!でした!

そして、フランキンセンス
飲用して良いことを知ったあとは、
一滴づつ、いろんなものに混ぜて、一日5滴くらい飲ませています・・・

もちろん、劇的に治りました、ってわけにはいきません。


だって、
たった、2キロちょいの体に、あの大きさの腫瘍です!
一進一退です!

でも、塗るだけでなくて、
飲用させてから、何かかなり変わったような感じはします。

気長に行きます!

そして、食事は・・・!

もちろん、
大沼四廊先生のナチュラルメディスン式!

だから、安心して、モナにスポイトであげています。
もちろん、自分から食べるものもありますが。

ということで、
その食事療法、この後、すぐに、書いて行きたいと思います。

少々、お待ちください・・・・


健康であるということ、
または、病気が治るということ、

それは、体の中の血液きれいになること!
そうなれば、
すべての病気が治るし、体は健康になる・・・・

逆に、

血液の状態が悪くて
体の隅々までに酸素と栄養が届かなければ
当然、体は悲鳴をあげて、どんどん悪くなる・・・


下の画像は、

長患いをされて、
薬をたくさん飲んでこられたおばあさまの血液画像!

IMG_1560.jpg 

赤血球がつながっている、というだけでなく、
赤血球の形も悪くて、色が濃く見えています。

これは、
赤血球がかなりドロドロで、溜まってしまっているからだそうです・・・

この血液では、末梢血管まで血液は流れていかないし、
栄養も酸素も運べていません・・・・

この方は、現在、体も辛く、
歩くのがとてもしんどいのだそうです。

このままでは、
いつ心臓や脳の血管が詰まって倒れてしまうかわからない、
そんな状態、とのことでした・・・・


次の画像は、
白血病と診断されて、
輸血をすでに15、6回も受けてしまわれた方の血液画像です

IMG_0005.jpg

赤血球が、蛇腹のホースをしっかり縮めたように、
びっちりとつながっています。

このホース状になった赤血球にがっちり囲まれているのが、
白血球・・・

わーお!、動けません!

ヘ( ̄□ ̄;)ノアタフタ・・・

白血球は、アメーバー状態になって、
モニュモニュ動いて、ウィルスを食べたり、
情報だしたりして仕事をするのですが、

これでは、なーんにも、できません。

(_ _,)/~~ マイッタ~

白血球の仕事とは、
サイトカインという情報伝達物質を出して、
ウィルスなどを攻撃して、健康を保てるようにすることなのです。

で、
マクロファージとか、顆粒球とか、なんか名前がいろいろありますが、

簡単に言うと、

白血球とは、顆粒球と無顆粒球にわかれ、

好中球、マクロファージ、B細胞、T細胞などの総称


だそうです・・・

【白血球の種類と働き】
顆粒球:好中球・・・細菌などを殺す
     好酸球・・・寄生虫や虫卵を障害する、アレルギーに関わる
     好塩基球・・・アレルギー反応を引き起こしていると言われているが詳細は不明
無顆粒球:単球・・・マクロファージ:病原体を殺す

  リンパ球・・・B細胞;抗体を作り殺菌
         
ヘルパーT細胞;免疫を活性化
         サプレッサーT細胞;不執拗な免疫作用を抑制
      
   キラーT細胞;ウイルスなどの異物を攻撃
        NK:がん細胞などの異物を退治

http://www.wakahino.net/2015/10/index.html

白血球 
このマクロファージたちがいる大きな薄いオレンジ色の円が
白血球だ、ってことですね!


好中球;バクテリアなど外敵が進入したとき最前線で戦う細胞。
 寿命は数日で、わずか25個程度のバクテリアを処理すると自爆する。
 処理したバクテリアと自爆した好中球が膿になる。

マクロファージ;寿命は数ヶ月から数年。
 100個以上のバクテリアを処理する。
 バクテリアを処理する際、インターロイキンIを生産する。
 これが脳の視床下部にある発熱中枢を刺激して体温が上昇する。
 熱が出るのはこのせい。

B細胞;特定の相手に対して攻撃をする。
 抗体というミサイルを発射して抗原を特定する。
 花粉症になってしまうのはB細胞の暴走。

T細胞;上記の攻撃細胞に対し、戦闘命令を出す。


サイトカイン2 
こうやって、
私たちの体の中では、
免疫細胞たちが、頑張って敵と戦ってくれているんですね!

だのに、
熱が出て病院に行くと、解熱剤を処方されますが、

あれって、本当は、最悪な処置、ってことだったんですね!

熱が出たら、
「よし、がんばって戦ってくれ!
熱が出ると体がしんどくて、辛いけど、俺もがんばるぞ!」

って、言わなくっちゃ、いけないんですね!

だけど・・・

白血病のこの方、ずっとが出て、体が辛くて、
今が最悪の時だ!っておっしゃっていらっしゃいました・・・


だけど、大沼先生もこの方におっしゃってましたが、

本当は違うんですよね!

一番最悪な処置が、実は輸血したそのことだった!

    ・・・・・・・・・・・・・・  

日本赤十字社の「医薬品」サイトには、

輸血は、血液成分を体内に入れる臓器移植の一つであり、
一定のリスクを伴う

と、書いてあります!

ただし、このページに入る前には、
「この情報は、一般向けに書かれてあるものではありません
あなたは医療従事者ですか?」 
「はい、いいえ」の、
「はい」と答えないと、見ることはできませんが・・・・

へーっ!|* ̄Д ̄*|!

一般人は知ってはいけない情報みたいだねーーー!

というか、知られては困るんだろうなあ~、たぶん・・・・

だって、誰も、
輸血=臓器移植だ、なんて、思ってないもんね~~~

生理食塩水を入れるくらいのつもりで、受けているもんね~

リスクって、「危険」って意味だよね?

白血球は、ウィルスなどの自分の体のもの以外を
異物=敵とみなして、攻撃をします!

他人の血液は、自分の血液ではないから、異物=敵です!

これが、たとえ、自分自身の血液であったとしても、
体の外に血液が出された段階で、酸化してしまうので、
同じく、異物=敵になってしまうそうです・・・・

(。□。;)ガビーン!!!

当然、白血球たちは、輸血された血液に対して、攻撃をします!

ということは、
白血病という病を抱えているのに、
それにプラスして、
輸血という臓器移植での異物を体に注入!

って、病気を増やしているんじゃん!

ね!ね! おかしくない?変じゃない?

それに、白血球が多くなっているって、ことで、
病名が付くのが、「白血病」・・・

ということは、

体のどこかに大変な異物があるから、
白血球は、がんばって、それをやっつけて取り除いく仕事をしているわけで、

その白血球が多いから、と言って、悪者扱いにする???

本当は、「白血病」ではなくて、
別のどこかが、大変になっているってことではないの?

それに、栄養や酸素を運び、
そして、悪い菌やウィルスや悪い部分を修復する仕事をしなきゃいけない
白血球のいる血液殺して、どうしよう、というの?

    ・・・・・・・・・・・・・・・

今、こんな血液だけれども、
それでも、輸血から立ち直ろうと、がんばっているところなのだそうですよ!

とにかく、輸血は厳禁!

それじゃあ、大量出血の事故や、
大量出血が見込まれる手術のときは、どうすればいいのか・・・・

生理食塩水で大丈夫なのだそうです。

体のほうが、生理食塩水を自分で、血液に変えるそうですよ。


ところで、

なぜ、赤血球がこんなに連なって、ぺちゃんこになっているのか、と言いますと、

体の状態が悪化する、ということは、
酸化するということなのだそうです。

そうでしたね!
悪玉菌たちは、酸素が大好きでしたね!

そこで、体液が酸化してしまうのを中和するために、
赤血球たちは、自分の細胞内溶液を放出して、
それで身を守ろうとするのだそうです!

だから、

ぺちゃんこになって、くっついてしまっているのですね・・・・

(T▽T;)アア!ナンテ、カワイソウ・・・

(ノД;`)アア!ナンテ律儀・・・


私も血液の状態が悪くなっていましたが、

IMG_1554.jpg 

こんなふうに、
イガイガの血液になってしまったのは、

赤血球が細胞内溶液を放出して、縮んだからなんですね!

(TmT)ウゥゥ・・・

そして、
最終の一番悪い状態が、この前のHさんの、
イボイボ、とげとげの「ウニ(海胆)」状態だそうです・・・・

DSCN0873_2019050613451037c.jpg 

何度、見ても、うわ~・・・鳥肌たつぅ~

そして、これを改善していく薬膳が、

前回あげました
DSCN0888.jpg 
梅醤エキスや、

DSCN0889.jpg 
黒大豆を焙煎したものや、

DSCN0892.jpg 
ビートオリゴ糖なのですが、

と、ご紹介したら、

「解糖系酵素異常症や尿毒症、血清βリポ蛋白欠乏血症、
肝機能障害、便秘や下痢など腸の異常時などに現れ、
適切な治療をすれば消えます」

と、噛みつかれました・・・・

でもね!

病院に行って、保険使って、
つまり、3割か、それ以下の支払いだけど、
7割以上は国民の税金を使っての治療だということ、

それを、私たち、よく忘れているけれど、

安いから、なんて、思っていたら、大間違いで、
その分、税金や保険料やらで、しっかり取られている・・・

そのうえ、
化学薬品=石油原料の薬を飲まされる「治療」・・・

というのと、

上記のものを入れた飲み物を飲むのと、

どっちが安全・安心で、
そのうえ、手軽で
みんなに迷惑かけずに治せるのかなあ、って、思います

だけど、

どうやっても、こんなもので、治るとは信じられない、

という方も、まだまだ相当数、
いえ、大半がそう感じておられるようなのですが・・・

次回は、その薬膳、
そして、驚異の〇〇〇について、お話したいと思います。
では・・・・

WHAT'S NEW?