FC2ブログ
晩秋の季節になって、冬がそろそろ、というこの季節、
体調をくずしたりすることが多いですよね。

ストレスだらけの生活をせざるを得ない私たち、
そして、
有機栽培無農薬栄養たっぷり食事をできているわけでもない私たちは、
体を壊しやすいですよね。

...ρ(..、)ヾ(^ー^;)ヨシヨシ

インフルエンザもそろそろはやり始めるし、
風邪もはやってるみたいだし・・・

だけど、
どんなにインフルエンザがはやっていても、かからない人って、たくさんいますよね?

そして、
インフルエンザワクチンを、痛い思いして、お金まで取られて打ったのに、
インフルエンザにかかってしまう人って、いますよね?

ということは、つまり、
かかるか、かからないかは、私たちの体の状態で決まるということ!

私たちの体が、ウィルス対抗できる体力があれば、
どんな病原菌がこようが、罹患しないということなんですよね!

(*゚▽゚)ソウソウ!

健康でいられる体がほしい!

でも、現代に生きている以上、
ストレスは、避けては通れない・・・!

だったら、抵抗力のある体作りですね!

まず、栄養があるものを食べたい!


・・・ということですが、

現代の化学肥料で育てられた作物には、
無機質の「チッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)」がはいっています。

ちなみに、
「チッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)」は、
有機質の「窒素、リン、カリウム」とは別のものなのです。

( ゚д゚)エッ!ソウナノ?


有機質の「窒素、リン、カリウム」は、
化学肥料ではなく、堆肥(有機肥料)にはいっているもので、

化学肥料にはいっている「チッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)」は、

堆肥にある、有機質の「窒素、リン、カリウム」を
さらに、微生物で分解して作った無機質のものなのだそうです。

で、最終的に、植物が育つのに必要なのは、
この無機質のチッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)」の三要素なのだそうです。

だから、化学肥料には、この無機質のもの3っつが入っているのですが・・・


・・・フルボ酸のところで、すでに挙げた画像ですが、

有機肥料1

そして、化学肥料は、
有機肥料をさらに微生物で分解して、
無機質、つまり、元素そのものにしている、だからすぐに効く!

有機肥料と化学肥料

・・・それじゃあ、すぐ効く化学肥料のほうがいいでは、と思いますが、

〉〉〉特に化成肥料(化学肥料)
化学的に合成したり、化学的に処理して人間が作ったもので、
自然界にはそのままのカタチでは存在していないものです。
自然には無いものだからこそ、
与える量はなるべく少なくしておくに越したことはありません。

(*^-^*)

・・・なるべく、少なくしておきましょう、だって・・・

野菜たちも、びっくりするのでしょうね。

だから、自然のものを!

ということですが・・・


有機質肥料油かす、骨粉、発酵鶏糞、有機石灰など

有機肥料2


いろいろありますが、
これらは、自然界に存在しているものから作られているので、
野菜を育てるのに必要な三要素チッ素、リン酸、カリ」が
バランス良く含まれてはいない、みたいですね・・・

(* ̄- ̄)ふ~ん


だけど、

この有機質肥料を、続けて与えていると、
堆肥の中でも分解されにくい有機物が土壌中にだんだんと溜まるようになって、
野菜を植えている土の中の養分量は次第に高まっていくそうで、
このような土への養分の累積効果は、化学肥料では見られないもの、だそうです。

だったら、堆肥=有機肥料での栽培をお願いしたいところですが、

やはり、大量に収穫できる化学肥料には、まだまだ負けているようですね・・・


そこで、今回連載してきました「フルボ酸

これを植物に与えると、畑の作物は、生き返るそうです。

たとえば、山梨県の桑畑ですが、

フジミン 畑1

今年は収穫できないか、と諦めていたところ、

フジミン 畑2

2週間後に、こうなったそうです・・・

〉〉〉『フジミン®フルボ酸』を最も生育状態の悪い畑に散布しました。
散布から2週間後、畑は信じられないような光景が広がっていました。
「枝丈は50cmを超え、芯がしっかりしていました。
葉も青々と繁ってツヤがある…まさに桑本来の生命力を取り戻した感じでした」
たった2週間でここまで変わるものかと驚いたそうです。

フルボ酸 フジミン

国土防災技術株式会社

凄い!(*゚Д゚艸)


ほかには、
天然ガスを取ったその残りから抽出した
鹹水(カンスイ)フルボ酸」というのもあります。

関東天然瓦斯開発株式会社さんのHPより・・・


ガス田

天然ガス地下の鹹(かん)水に、大量に溶存していることがあるそうで、
この千葉県の天然ガス田は、

〉〉〉千葉県を中心とする広大な水溶性天然ガス田であり、
可採埋蔵量が3,685億m3にも達する、わが国最大の水溶性天然ガス田です。
当社鉱区における天然ガス可採埋蔵量は、約1,000億m3
現在の年間生産量で計算すると約600年分にもなります。
(算定方法はJIS(M-1006-1992)の容積法による。)

Σ(゚Д゚☆ノ)ノ スゴーイ!!!

gasu

上の画像のグリーン色の「ガス層」ですが、
ここが、水を含んだ砂岩泥岩が交互に積み重なった地層になっています。

この地層にある水は、
かん水(鹹水)と言って、塩化ナトリウム(塩)を含んだ水です。

塩化ナトリウムを含んだ水と言えば、「海水」ですね。
海水から塩を取る作業の中で、出てくる水も、鹹水(カンスイ)と言いますね。

この砂岩と泥岩に含まれている「鹹水
たぶん、もとは海水だったのだと思いますが、

〉〉〉地下の高い圧力下で地下水に溶けている天然ガスは、
大気圧の下では水にほとんど溶けないため、
地下水を地上へ揚水すると天然ガスが自ら分離して発生する。
これを回収して利用する。(Wikipedia・鹹水より)

ガス 吹き出し
ガス井戸から噴霧する天然瓦斯を含む水(創業当時の写真)

この千葉県の水溶性天然ガスは、
地中に埋もれた有機物が微生物によって分解されて生まれたメタンガスだそうで、

この有機物というのは、
第四記と呼ばれる地質時代(氷河期が始まり、人類が出現したころ)に
堆積した動植物と推定されているそうです。

チバニアン

・・・つまり、動植物の堆積したものということは、腐植土でもあったわけで、
当然、フルボ酸が溶けこんでいる・・・・


鹹水フルボ酸

上の豪快に吹き出している写真がありますが、

そこからメタンガスだけを取り出して、排水するのではなく、
ヨウ素を取りだし、そして、フルボ酸も取り出して、残りを排水している!

まさに、資源の高度利用ですね!


鹹水(塩水)の中に含まれているフルボ酸なので、「かん(鹹)水フルボ酸」といいますが、

この「鹹水」から、まず、メタンガスを分離して、
そして、次に、「ヨウ素」を取り出しています。

ヨウ素

このヨウ素は、人間の発育、そして生存にとても大事なものだそうですね。

海洋国家である私たち日本人は、海藻や魚介類を豊富に食べられているので、
ヨウ素の必要量はとれるのですが、

内陸国等の海産物摂取の少ない国では、発育不全、ヨウ素欠乏症になり、
今、16億人がヨウ素欠乏症の危機にさらされているそうです。

だから、このヨウ素は、日本の大切な輸出品になっており、
その産出のほとんどが、この千葉のガス田からのもので、
なんと、世界2位の産出だそうです・・・

そして、このヨウ素を取り出した残りの鹹水から、
さらに、フルボ酸も取り出している・・・

kann.png
「かん水フルボ酸水溶液」

色は、真っ黒ですね。

日本のあちらこちらで、出ている黒湯が、
腐植土=泥炭の地層を通って出てくるものでしたが、

だから、これも黒いのですね。


かん水フルボ酸使用と使用なし
syokubutu

やっぱり、元気になっていますね!

レタス
サニーレタスの葉っぱも大きい!

そして、

このフルボ酸、植物のほうに吸収されるわけではないので、
減る分は野菜の根っこに付着した分だけだそうですね。

だって、

フルボ酸は、野菜が吸収しやすい形にしてあげるだけで、
土壌中に残るものでしたよね!

鹹水フルボ酸 ミネラル

画像のほうは、フルボ酸も一緒に、根っこが食べているようになっていますが、

フルボ酸は、ミネラルを植物が取り込みやすい形にしているだけで、
ミネラルと一緒に、取り込まれていないのですね。

これが、何万年前の地層に、フルボ酸が残っている証拠!・・・ですね!


さて、私たち、
抵抗力のある体作りのためにも、
ミネラルたっぷり、栄養たっぷりの野菜や穀物を食べたいですよね!

このフルボ酸を使っての、有機栽培、すごくいいですよね!

農家の方にお願いするにしても、

消費者である私たちが、多少高くても、体にいいものを買いたい、というのを示していかないと、
農家の方たちも、そちらに移行できないのかもしれませんが・・・





日本で産出のフルボ酸は、モール温泉に含まれてのもののようで、
フルボ酸だけを抽出している場所はないようです。

〉〉〉Moor(モール)とは、
亜炭などを含む泥炭(Moor)のことで、
太古植物堆積していき、
長い年月をかけて石炭になる手前の状態をいいます。


このモール層を通過して出てくる温泉を、モール温泉といい、
植物起源の有機酸を含んだ温泉になります。

モール温泉

2000年までは、日本の十勝川温泉と、
ドイツのバーデン=バーデンだけだったようですね。

十勝川温泉 モール
十勝川温泉


亜炭
金沢市 深谷温泉

・・・まさに、炭、一歩前だから、
黒いお湯の温泉になるのは頷けますね。

十勝川温泉1
十勝温泉

出てくるときは、透き通った色なのですけど、
溜まると黒褐色になります。

この泥炭(亜炭)のMoor層は、
太古の植物の堆積なので、
植物が生きているときに取り込んだミネラル、
そして、土壌中に含まれていたフルボ酸が含まれている、

だから、
つるつるした感触のお湯で、
「美肌効果」「皮膚病に効果あり」なんですね!

+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚


最近は、
福岡市の大川温泉、
鹿児島のつるまる温泉、
金沢市の深谷温泉などなど、各地で発見されているようです。

日本のモール泉 (wikiwandより)
1 十勝総合振興局の帯広市、音更町、士幌町、幕別町、芽室町と広範に存在する。
 a 十勝川温泉 北海道遺産に選定されている
 b 幕別温泉
 c しほろ温泉
 d 札幌市 森林公園温泉きよら
2 釧路湿原周辺では、鶴居村、弟子屈町別海町、標茶町に点在している。
3 青森県青森市(旧南津軽郡浪岡町)、上北郡東北町
4 宮城県大崎市の東鳴子温泉
5 秋田県大潟村
6 福島県南部一帯
7 東京都大田区や神奈川県川崎市、横浜市などの一部。
 大田区に点在するモール泉については、「大田区の黒湯温泉」を参照のこと。
8 神奈川県鎌倉市の稲村ヶ崎温泉 
9 佐渡市の佐和田温泉、仙道温泉
10 金沢市の深谷温泉をはじめ市内、白山市(旧美川町)や津幡町に存在する
11 山梨県の甲府盆地一円。甲府市、山梨市などに存在する
12 愛媛県八幡浜市 中国・四国地方初のモール泉
13 福岡県大川市の大川温泉は、フルボ酸を含むモール泉。
14 熊本県人吉市や鹿児島県湧水町、宮崎県えびの市に点在する
15 別府湾・大分平野・大分川中流域に沿って広がっており、
 大分市、由布市、別府市北浜地区の一部に存在する。
 「大深度地熱温泉」「挟間温泉」「庄内温泉」「別府温泉」を参照のこと。
(wikiwandより)

゜。+゜(*′▽`*)。+゜。゜ワーオ!

本当に、日本全国でモール泉が発見されているのですね!

そして、東京でも、天然温泉や、源泉掛け流しのお風呂に入れる!

それも、「温泉銭湯」なので、

銭湯の入浴料金 12歳以上の大人470円 で入れるんです!

٩(ˊᗜˋ*)وヤッター!


・・・さて、そこで、飲むほうの、国産フルボ酸ですが、

含有率または、含有量を明示してあるものだけ、ご紹介しますね。

まずは、
岐阜県中農森林組合の「フルボ酸ウォーター」
フルボ酸ウオーター
500ml×24本 6170円

一本あたり258円ですね。

こちらは、純国産高純度フルボ酸を1.8ppm/L配合とのこと。

1ppm=0.0001%なので、
フルボ酸が、0.00018%含有・・・
そうすると、1L=1000ml中0.18ml
500mlのペットボトルなので、0.09ml含有ということになりますね。

・・・ちょっと少ないかな・・・

こちらは、
福岡県の大川温泉の「フルパワーS」5L という商品
surupawa-.jpeg
「植物性フルボ酸ミネラル
クックウォーター フルパワーS」 
2L 870円  2L×8本=16L 6960円
5L 1740円 5L×4本=20L 6960円 

「自然沸出により精製するので、超低価格でお届けできます」とのこと。

大川温泉の社長さんとお話しました。

たまたま、植物堆積地層にぶつかって、
フルボ酸が含まれた温泉が湧き出したそうです・・・

検査結果の画像を送ってくださいました。
20190916135431-0002.jpg
大川温泉のフルボ酸は、くみ出す検体の水によっては、
700mg/L以上のところもあるそうですが、

「まとめ」のところに記載があるように、
平均、460mg/1L 
つまり、0.46g/1Lのフルボ酸含有だそうです。

mgとml、単位が異なっていますが、
水1gが1mlの容積と考えると、
1Lあたり0.46mlのフルボ酸含有、ということでしょうか?

このフルパワーS、20L・6960円に送料600円で7560円
そうすると、1Lあたり378円

上のフルボ酸ウオーターの2.5倍の濃度で、
500ml換算すると、190円なので、こちらのほうが安くてお得!

写真ではわかりにくいのですが、
鉄と結びつきやすいフルボ酸特有の色である金色、
濃くはありませんが、きれいな薄い金色をしています。

ただ、
前回お伝えしたアメリカ・ユタ州のフルボ酸が、
推定ですが、
1Lあたり30~40%のフルボ酸(300ml~400ml)ということから考えると、
こちらはやはり、少ないですね・・・

それが、金色の薄さに、そのまま現れているのかな?

それで、
300mlのフルボ酸を、大川温泉のもので摂ろうと思うと、
300÷0.46=652・・・
フルパワーSが、1Lあたり378円なので、378円×652で、24万円・・・

!Σ( ̄□ ̄;

もちろん、ミネフル70は、720mlなので、18万円弱になりますが。

フルボ酸70

ミネフル70って、高いように思いますが、
含有されているフルボ酸の量を考えると、
定期購入12130円は、格安なのかもです。

(*๓´╰╯`๓)♡

それだけ、
フルボ酸って、希少なもので、抽出も困難なもの。

大川温泉のフルパワーSは、源泉そのままなのだそうです。
だから、うちのは、安い、と、社長さん。

大川温泉さんのは、
フルボ酸が含まれていることは確かですが、

「フルボ酸分画に分画される有機物には、
そのほかの有機化合物も含有している可能性もある」と注に書かれているように、
純粋なフルボ酸ではなさそうですね。

さて、このフルボ酸の効能をまとめたものですが、
「フルボ酸 ミネラル 画像」の画像検索結果
1 ビタミンが効果的に働く
2 筋肉繊維を柔らかくする
3 丈夫な骨格を作る
4 良質な血液を作る
5 体内バランスを調節する
6 抗酸化(老化防止)する
7 細胞を作る
8 消化を促進する
9 ホルモンが効果的に働く
10 酸素が効果的に働く
11 免疫の機能を活性化する
12 酵素が体内で効果的に働く
13 エネルギーの蓄積
14 毒素の排泄・分解を促す
15 神経を正常に働かせる
16 栄養の代謝を効率よくする

ミネフル70を、毎日10~15ml飲んでいますが、
体が軽くなった感じ、ありますね。

やっぱりフルボ酸って、いいのかも!です!


お肌に、直接、塗ってもいい、と言われているフルボ酸!
植物、そして、人間に、
鉱物であるミネラルを吸収、消化しやすい形にしてくれるフルボ酸!


というすばらしいものですが、その前に「ミネラル」について・・・

私たちの体に必要な五大栄養素、
糖質・タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルですが、
この中で、今、一番欠けているのが、ミネラル!です

ミネラルは体の組成元素の4%ですが、
この、たった4%ミネラルが、
食べ物の消化のために、そして、代謝のために、
ビタミン・酵素を働かせるために、
体内バランスを整えるために、欠かせない栄養素なのです。

これがないと、
いくら栄養を摂ったつもりでも、それが有効活用できない、
どころか、無駄になってしまうし、毒として蓄積されてしまう・・・

Σ(゚д゚;) ヌオ!ヤバイ!

で、そのミネラルは、もともと鉱物なので、
人間が消化、吸収しやすい形にして、そのミネラルを取り込んでいる
植物(野菜)から摂取しましょう、と、これまでお話してきましたが、

その野菜のミネラル含有量は、驚いたことに、
半世紀の間に、ほんとうに少なくなっているのです。



文部科学省 2005年発表「五訂増補日本食品標準成分表」
経済安定本部国民食糧及栄養対策審議会 1954年 日本食品標準成分表



1983年と2005年でも、こんなに減少しています。

ビタミンでも、同じように・・・



新しい数値が2005年ですから、そこからもう15年過ぎています・・・

どれだけ、減っているのか、恐ろしい限りですね!

w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

ミネラルの中でも一番多く摂取しないといけないナトリウムも、
日本高血圧学会は、2019年の今年、
正常高値血圧は120~129で、
血圧130~139高値血圧と指定しましたから、

こちらは、病院・医師が、減塩!減塩!と、
大切なミネラルの摂取を、少なくさせています・・・

・・・みなさん、大丈夫ですか?
・・・塩摂っていますか?

ですが、それは、私たちが気づいて、しっかり塩を摂取すればいいことなので、
別問題なのですが、

塩のように、簡単には摂取できないそれ以外のミネラルが、
これだけ減ってしまっているということ!

その原因は、有機肥料での栽培をやめて、
簡単に、そして、大量に生産できる化学肥料に変えてしまったことにあるのですが・・・

前回のおさらいになりますが、

有機肥料1

有機肥料は、土壌のために必要で、
土壌中の微生物のエサになっていたのです。

しかし、有機肥料は、肥料のコストもかかりますし、
土壌が醸成されるまでに、時間もかかるのです。
だから、連作もできない・・・

有機肥料と化学肥料

だけど、
この微生物たちによって、作られた腐食土壌には、
植物にミネラルを取り込みやすくさせるフルボ酸が醸成されるのです。

フルボ酸 かん水

人間が石油化合物入りの食品食べて、いろんな問題が起きているように、
植物だって、石油原料の化学肥料では、だめになるのは当然ですよね・・・

こんなにひどくなった現在ですが、
このフルボ酸を植物に散布してみたら・・・



元気さが、全く違いますね!

そして、私たち人間にとっても、フルボ酸はこんなふうに、働いてくれるようなのです。

「(株)日本ソフケン」HPより

① 豊富なミネラルを体の隅々に運ぶ

・・・フルボ酸自体に、ミネラルは70種類入っていますから、
 「豊富な」と書いてあるんだと思います。
  ただし、ナトリウムはほとんどないし(しょっぱくないからわかりますね)
 カリウムもカルシウムもマグネシウムも、一日に必要な量は、
 全く満たしていませんから、そこは注意です!

② 過剰なミネラルを排出し、体内のバランスを調整

・・・過剰な分も、また、有害なカドミウムや銀なども、排出させます。
  これを「キレート効果」というそうです。

③ 活性酸素を分解

・・・活性酸素は、がんの元になるし、有害ですから、
 それを分解してくれるフルボ酸は、ありがたい存在ですね。


そのうえ、フルボ酸は、直接、肌に塗っても良いのです!

フルボ酸の体表面における効果

① 導入効果・・・ミネラルを掴んで吸収

② 凝集効果・・・皮膚上の汚れを掴んで凝集

③ 分解効果・・・加齢臭やアンモニア臭を分解

そして、
フルボ酸は体表面のpHバランスを整えます


まとめると、

フルボ酸 効果

すごいですよね!

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖スゴイ!スゴイ!

高いけれど、なんとか、摂りたいですよね!

前回ご紹介しました「日本フルボ酸総合研究所」さんのミネラルジュエルと、
フルボ酸1

「(株)スロービレッジ」さんのミネフル70
フルボ酸70

このフルボ酸、どちらも仕入れ先が一緒でして、
「日本オーガニックミネラル株式会社」さんから仕入れておられまして、

中身は、一緒ということがわかりました・・・
もしかしたら、これって、内緒かもしれませんが、

しかし、フルボ酸のことで、わからないことがあったら、
いつでも電話をすれば、教えてくださるとのこと、でした。
03-6277-2324

フルボ酸原液(日本オーガニックミネラル株式会社
フルボ酸原液

本当にきれいな金色ですね!

フルボ酸は、鉄を吸収しやすいので、こんなふうに、金色に輝いているのです!

そして、この原液の中のフルボ酸の量は、
たぶんですが、
30~40%はあるだろう、とのことでした!

フルボ酸って、分子構造も一定せず、
まだ、わからないことだらけのようですが、

腐食土壌からヒューミンと、フミン酸は、固形化して取り除けるので、
残ったものの中に、フルボ酸が含まれていることは、はっきりしているのですね!

で、同じものなら、
500ml 12000円+税 の、「ジュエルミネラル」より、
720ml 14000円+税 の、「ミネフル70」の方が安いだけでなく、

定期購入すると、1本目から、11200円(税込12096円)で、安くなる上に、
4本目から5%引き、6本めは無料、
そして7本めから10%引きで、12本目がまた無料になる「スロービレッジ」さん。



一日あたりの推奨量が、5ml~10mlを一日2から3回、ということなので、
5mlを一日二回摂ることにして、一日10ml!
720mlなので、2ヶ月以上もつし、
一ヶ月あたり5500円ほど・・・

税込12096円を72で割ると、一日あたり170円弱。

濃縮還元の野菜ジュース、
濃縮還元しているということは、100度に熱せられて酵素も壊れていますから、
そんな無駄なジュースを飲むのをやめて、
(野菜ジュースのメーカーさん、ごめんなさい)

その分をこのフルボ酸にあてれば、そんなに負担ではないかな、と思ってみたり・・・

続ければ、値段も安くなりますしね。

٩(ˊᗜˋ*)وイエーー!!!

ただし、フルボ酸を飲めば、
一日に必要なミネラルが摂れるわけではありません!

これまでにお話してきましたように、
塩のナトリウムは当然のことながら、
カリウム、マグネシウム、カルシウムの多量ミネラルは、
日々の食事からしっかり摂取してほしいですし、

また、下の表にありますように、
白米を食べるのなら、その半分を無農薬の玄米にすると、
カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、亜鉛など摂れる量が断然多くなるようです。



ちょっとしたことで、こんなに変わるのですね。

今日は、日本産のフルボ酸のお話をする予定でしたが、
まず、フルボ酸とは何かのお話を先にいたしました。

さて、このフルボ酸含有の温泉が、
日本には、あちこちにあるみたいです。
次回、日本産のフルボ酸と、温泉のお話、乞うご期待!
では・・・



WHAT'S NEW?