田母神俊雄氏 なぜ二年も経って、今、逮捕の不思議

 16, 2016 11:45
田母神俊雄氏と、島本事務局長が昨日、公選法違反ということで、逮捕されました。

田母神さんはtwitterで、

「本日、田母神は逮捕されるようです。
何とも理不尽さを感じますが、国家権力にはかないません。
暫(しばら)く発信できなくなります」

田母神 1

そうなんです。
この逮捕自体が、いくつか、どうしても納得のいかないことがありまして・・・・


『井上正典のブログ 歴史を通じて未来を見よう』から・・・

航空幕僚長までされた方を一介の検事が捜査を指示することはないはず
もっと上のほうから(の指示があったはず。)
(だいたい)二年も前のことを今頃蒸し返すというのはどういう意図なのでしょう?
(括弧内筆者)
http://ameblo.jp/rekishinavi/entry-12137640515.html


(`◇´)ゞアイアイサー!

なるほど、そうですよね、一介の検事が捜査を指示することはない!

それに、この件は、2015年のちょうど一年前に問題になっていたのです。
それが、なぜ、そのまた一年後の今になって???

...?^^);・・)?゚◇゚)?よくわかんねぇ


そして、続けて

「会社の経理が使い込みをしてそれが発覚し、ちゃんと警察にも届けたにもかかわらず、
会社や社長本人の家に家宅捜査をするでしょうか。

 使い込みをしていた人とそれを管理していた人が調べられるのはわかりますが、
ここにきて社長本人を強制捜査するのは
明らかに何かの恣意的なものが働いているとしか思えません


 やはりこの日本は、誰かの思惑でちょっと目だってその人の気に入らないことをすれば、
国家権力が動くということでしょうか?
http://ameblo.jp/rekishinavi/entry-12137640515.html


オイオイ・・ (;´д`)ノそんな理不尽な・・・


毎回のようにチャンネル桜で水島氏が田母神閣下を糾弾するような放送が続きます。

 閣下としても、きちんと話し合おうと申し出をしますが、
水島氏は何度もドタキャンして話し合いの席上に出てこなかったといいます。
http://ameblo.jp/rekishinavi/entry-12136946479.html


このことは、『暴れん坊侍のブログ』でも指摘されていましたね。


軍のトップはそれぞれの責任者を全面的に信頼し、
上がってくる報告をもとに方向を決めていきます。

それは軍隊が運命共同体であり、
誤った事実を報告することにより部隊の全員を危険にさらすということはしないという認識から成り立っています。

だから上がってくる報告の信ぴょう性についていちいちチェックしないのです。

それが田母神閣下の軍人出身者所以のミスといえばミスでしょう。
http://ameblo.jp/rekishinavi/entry-12136946479.html


今の世の中は、昔の日本のように、人と人との関係が信頼関係で結ばれているのではないですからね・・・

悲しいけれど・・・・(w_-; ウゥ・・・・


以前にも書きましたが、
田母神俊雄氏は、土性天干一気格に準じる格をお持ちの方です。

人は、年干支・月干支・日干支の三つを持ちますが、
その年干・月干・日干がすべて同じになると、

純粋で、仲間意識が強くなり、自分と他人を同じ立場だと考えがちになってしまうのです。


田母神さんの場合は、その「干」が土性(戊・己・戊)です。

「温厚で篤実、お人好し」
「頼まれると嫌と言えない。厄介ごとも引き受ける。」
「みんなのまとめ役になる。」
「人を惹きつける魅力を持ち、どこにいても目立つ。」


どれも田母神さんにぴったり当てはまりますね。

そして・・・

「人の本性を見抜けない勘の鈍さがある。」


田母神さん、自衛隊という運命共同体でお仕事されていたからよかったのですね。

もし、人を蹴落とさないと上には上がれない一般企業だったら・・・・

┌┤´д`├┐ヤラレテイタカモ・・・



それにしても、公職選挙法の罰則では、

「当選させる目的のもとに、お金が配られている」、ということが大前提です。

今回、お金が配られたのは、一ヶ月も後のことですし、

配布のリストを勝手に作ってきたのは、島本事務局長ですし、

選挙というものを知らない田母神さんに、「普通、こんなもんです」と言って、納得させたのも、島本事務局長です。


また、島本事務局長がリストを作ることを、
選挙のすべてを取り仕切っていた水島選対本部長が全く知らない、という話もおかしいのです。

なにせ、水島選対本部長と、島本事務局長は、よく知った仲であることは、
『動物が掘り下げる』ブログが、証明しています。

まさか、島本事務局長が、細部の値段を決めることまで、一人でやったとは、到底考えられないですし、


田母神さんが、応援演説を頼みたい、と、倉山満さんに、ご自分で直接依頼の電話をかけたのに、
それすら、水島選対本部長がOKしなかったために、実現できなかったし、
(倉山満氏の件)
http://uranaiwanko.jp/blog-entry-91.html


そう、すべての実権を、水島総選対本部長が握っていたのが、田母神陣営だったのです。

名目上は、田母神俊雄氏が総責任者ですが、
実権のすべては、水島総選対本部長が握っていた
ということです。


おまけに、部下を信じるという田母神氏の大きな懐を逆手にとって、
いちいち検閲されないことをいいことに、
裏でやりたい放題やっていた
のが、田母神陣営の上部の人間だった???



先に引用した『井上正典のブログ』では、

「田母神閣下が代表取締役社長とすると水島氏は専務取締役のようなものです。

その専務取締役が社長と経理部長・課長を訴えているようなものです。
そして自分には一切非がないと主張していますが、ますますおかしいでしょう。
明らかに水島氏も責任を問われる立場です

にもかかわらず、水島氏は訴えているのでしょう。何をしたいのでしょう?
http://ameblo.jp/rekishinavi/entry-12149820362.html

と疑問を投げ掛けておられます。


本当に、これからどうなるのでしょうか?

(゚-゚*;)オロオロ(;*゚-゚) (ノ_-;)ハア…

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?