石原さん、都知事の任期を全うしてほしかったですw

 05, 2016 14:28
石原慎太郎さん、ご自身が提唱したオリンピック招致を、
どうして途中で放り出してしまったのでしょう?

それも、都知事の任期を全うせずに・・・・

石原慎太郎2


石原慎太郎  1932年9月30日生まれ
太陽 天秤座  月 天秤座  水星 天秤座
日干支 甲午  辰巳天中殺




石原慎太郎さんと言えば、芥川賞作家 『太陽の季節』ですね。

猪瀬直樹さんも、作家です。


お二人とも、全体のエネルギー値が小さい

猪瀬さんが11、石原さんはたったの6しかありません。

舛添不要一の、舛添さんは、無限大・・・・


どうしてもエネルギー値が低いと、気が小さくなりますね。


舛添さんは、2億5000万円の公金の私的流用が言われているのに、びくともせずにいるのに、

猪瀬さんは、5000万円でやられてしまいました。

ほんとに、なんで、舛添は捕まらないの???


さて、
作家であった、石原さんが、政治家をめざすようになったのは、
ベトナム戦争の取材をしてから、とのこと。


参議院選挙に初当選したのは、38歳


大運が癸丑にはいって、5年目。

人生の転換期、「甲癸の境目」のころでしたね。



そして、石原さん、1995年に、突然、

議員勤続25年を祝う永年勤続表彰の場で、突如議員辞職を表明


このとき、石原さんは、63歳。


実は、石原さん、
63歳の誕生日から20年間の大運天中殺に突入だったのです。。


石原さん、ご自分の運気を感じて、議員を辞められたのでしょうか?

もし、運気を感じての行動なら、ちょっと、びっくりなのですが・・・

ヽ(*'0'*)ツ ヤッパリ、ナンカ感じた??



その人の人生と、算命学から割り出す後天運とを見比べると、

ぴったり一致するのに、本当にびっくりさせられます。

そして、一致するということは、
その人が、自分の宿命を消化していることになり、
その人は幸せを引き寄せているのです。


だからこそ、人は、自分の運気を知ることが大事なのです。



だからでしょう、石原さん、
天中殺に突入したので、政治の世界から足を洗ったのかと、思いきや

1999年、都知事選挙に出られて、当選。


人気で左右される今の日本の選挙では、
虚の状態になる天中殺中はうってつけです。



都知事になられてから、石原さんがなさったことは・・・・

① 従来の官庁会計である単式簿記・現金主義会計を改め、東京都は石原の肝いりで、戦後初めて、自治体公会計に、複式簿記・発生主義を導入

② 銀行への外形標準課税(銀行税)の導入

③ 日本初で世界三番目のキャップ・アンド・トレード型排出量取引制度の導入、

④ 浮遊粒子状物質(SPM)を減らすためのディーゼル車排ガス規制での硫黄除去装置導入

⑤ 中小企業の支援のため1000億円の都予算を投入した新銀行東京(石原銀行とも)の設立、

⑥ 首都大学東京の開学

⑦ 1970年(昭和45年)以来、美濃部都知事(当時)や国に凍結されていた東京外かく環状道路整備を解禁し、
 効率的な物流ネットワークの構築や慢性化した渋滞の緩和等を提唱・推進する


まだまだ、ありますが、

石原さん、一橋大学在学中に公認会計士になるための勉強をしたことがあった経験から。
「この国には健全なバランスシート、財務諸表がない。」として、
国家の会計制度にも複式簿記・発生主義の導入を提起しておられるそうですね。


えーーっ?! 
国はまだ、単式簿記・現金主義会計なんですかぁ~?

国家の会計が健全でないのは、まずいでしょ?

ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓ブーブー!



2003年の都知事選挙では、都知事選最高得票数の308万票で当選。

とにかく、人気は、うなぎ登り!

天中殺中の現象ですね。


ところが、

2011年79歳で四回目の都知事就任となるものの、

翌2012年10月25日に、突然、都知事を辞任し、太陽の党を立ち上げます。


2012年は、まだ、大運の天中殺中です。

その上、2012年は、壬辰年で、年運の天中殺もきた年でした。


そうなんです。

天中殺中は、本人寝ていて、夢の中の状態ですから、

石原さん自身が判断して、現実として行おうとすると、それはうまくいかないのです。

判断を間違えてしまうのです。



案の定、2012年11月13日に結党した太陽の党は、すぐに休眠状態になり、

2015年4月30日、石原さんの大運の天中殺が明ける前に、解散となってしまいました。


その上、都知事を辞めて、衆議院議員に鞍替えしたあと、

石原さんは、軽い脳梗塞を起こされています。

┐(´-`)┌ネッ! 無理シチャイケナイノヨ



虚の状態である天中殺の時は、自身での判断はせずに、
受け身でいるのが本当に大事
なのです。

私たちの体は、自然の一部なのですから、
自然界の運気に逆らっては、うまくいかないのです。



石原さんは、大運の天中殺の運気に乗って、都知事になられたのです。

四選めに都知事になられたときも、天中殺運気だったのです。

だのに・・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。ク~悔しい!


有能な人材の猪瀬直樹都知事に無理をさせることになってしまいました

。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!



石原さんは、太陽も月も水星もすべて天秤座。

ほんと、ノリがいいんですよね~。


天秤座の太陽は、理性と感情のバランスが取れて、
物事を感情にとらわれずに判断できるし、

天秤座の月は、清純で明確なポリシーを持って行動できるし、

天秤座の水星は、頭の切り替えは早いし、ダイレクトに本質に迫ることができるし


凄くいいのですが、

もしかすると、「石原さん、国政のほうもお願いしますよ」とかって、頼まれてのっちゃったのでしょうか・・・


かえすがえすも、猪瀬さんの失脚が悔やまれます・・・・

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?