舛添さんて、どうしてこんなにせこいの?

 15, 2016 20:54
5月13日に行われた舛添知事の記者会見では、


正月の“会議”が家族旅行と一緒になったのは、「子供との約束のため」。
東京ではなく千葉のリゾートホテルで会議をしたのは「マスコミに追われていたから」。
領収書に宛名がないのは「店側の都合」。
飲食費の公私混同は「会計責任者のミス」。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181384

w|;゚ロ゚|w えっ!全て人のせい?


舛添 飲み方



9日、TBS系のニュース番組「NEWS23」に生出演。
問題についてシドロモドロになりながら弁明した。

海外出張時に使った高級ホテルや空港貴賓室について、
「先方が用意したものをそのまま利用していた」
「事務方に任せきりだった」
と、責任逃れとも取れる発言を展開。

なぜか、ファーストクラスを利用した理由については、
「しっかり寝ないと(外遊先で)仕事ができない」とかたくなに必要性を訴えた。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181000


|)゚0゚(| ホェー!! 海外出張の豪遊も、人のせい!


でも、ファーストクラスを使ったのは、自分の意志だそうで・・・


13日の会見では、

都合の悪い質問には早口になってイラつく。」とのこと。


都知事選挙のときのニコ生放送でも、舛添さん、いらつき、やってましたね。


この自制心がなくて、せっかちで衝動的で、わがままなのは、

舛添さんのホロスコープに、凶座相として出ていますね。


ですが、これを回避する吉座相も持っています。

だから、この欠点を克服できるはずなのですが・・・・



舛添さんの、腹の天将星は、何度も書いてきましたが、

彼が社会に出たときのエネルギー値は、天馳星で「1」


態度はでかいけれど、やることは、本当にちまちまと小さいですね。


マックのクーポンを取りに行かせたり、
その間、外で待ってたらしいですし、


平成四年(1992年)のときには、

長年、生活保護を受けていた四番目の姉への仕送りを、
北九州市の担当職員が
可能な範囲で1万でも2万でもいいから仕送りしてくれ」と
頼みに舛添氏の家を訪ねたが追い返された(元市職員談)。

このころ、当時の舛添氏はタレント学者としてテレビで稼いでおり、
億単位で不動産を買い漁っていた。

(週刊文春 2007年9月13日号)



舛添さんの主星は、禄存星です。

禄存星は、回転財の星で、

周りに財(お金)と魅力とを振りまくことで、自分にそれが返ってくるという星


だのに、舛添さんは、2010年にたちあげた「新党改革」で、

党が役員会の承認もなく、
銀行から2億5000万円を勝手に借り入れるなど不透明なカネの流れが判明。
さらにその借金を政党助成金や立法事務費で返済していた疑いがある
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181385


自分が勝手にかりた金を、公金で返済していたり、

「10人の婚約不履行」と「持参金タダ取り」

ヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ


文春 舛添



また、
「私が政治家を志した一つの原点は、認知症になった母の介護」と、うそぶき、

1999年に『母に襁褓(むつき)をあてるとき-介護 戦いの日々』まで、出版。


文春の取材に対し「長姉夫婦は母を虐待して脅かしていた。
姉夫婦があまりにも酷すぎると親戚も近所もみんな言っていましたよ」と、舛添さん。


ところが文春が近所や親戚を取材してみるとそんな話は一切出て来ず、

逆に長姉の夫が母をおぶって百段近くある急な階段を登って自宅と病院を行き来する姿が見られていたり、
長姉が「おばあちゃん、ごはんよ」と呼ぶ声がよく聞かれていた

とのこと・・・・


内面の大きさが無限大で、社会での行動が、最小値「1」だと、

こんなにも、大嘘が言えるものなのでしょうかね?


それとも、こんなに平気で嘘が言えるのは、

「息を吐くように嘘を言う」というどこかの民族習性のものなのかな?



舛添さんの公式サイトによると、

「舛添家は江戸時代から続く庄屋の家」とのことですが


「庄屋」ってどういうものかを調べてみると、

庄屋(しょうや)・名主(なぬし)・肝煎(きもいり)は、江戸時代の村役人である地方三役の一つ、
郡代・代官のもとで村政を担当した村の首長。身分は百姓。
庄屋は荘(庄)園の屋敷、名主は中世の名主(みょうしゅ)に由来する言葉である。



簡単に言うと、歴代の村長さんの家、ということですね。

当然、人格者を輩出している家柄なんだと思います。


それにしては、舛添さん、人格者にはほど遠いような・・・

<(_ε_;)>~タリラリラー♪


本当に、「庄屋」の家系なんですかぁ~?


この先、誰に、日本の首都・東京のトップを任せたらよいのでしょう?

オリンピックもあります。


最適任だった猪瀬直樹氏が、
徳洲会「裏金帝王」徳田虎雄氏のお金5000万円で、失脚し、

都知事選で、保守本流の田母神俊雄氏が、
政治資金規正法で、足を取られて逮捕されて・・・・


その始末がついたら、
これまで問題になっていた舛添知事の問題が
やっとテレビでも報道されるようになって・・・・


ああ、悩ましい限りですねε-(;ーωーA ハア・・・


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?