ミリオンセラーなのに、派手な振る舞い避けたZARD坂井泉水さん

 03, 2016 19:39
ミリオンセラーを連発しながらも、
派手な振る舞いを避け続けた坂井泉水さん。

ZARD2

ZARD.jpg


人気絶頂期の96年11月には、東京の都心ではなく、郊外の町田市に一戸建てを新築
40坪足らずの新居に親を呼び寄せたが、
「町内会に入ることも、近所付き合いもなかった」(近所の住民)
自宅には約105平方メートルもの地下階がある。
坂井さんはそこで、歌の練習や作詞活動でもしていたのだろうか。
http://dot.asahi.com/dot/2015052600053.html?page=6


服装も、ジーンズにシャツ姿

o(´^`)o ウー地味すぎる~



メディアへの露出が少ないためか、街角で突然ファンにサインを求められる経験も少なかったようだ。
シドニーのロケでの出来事だ。
坂井さんが散歩している姿を撮影していると、
気がついた日本人の新婚カップルがサインを求めてきました。
坂井さんは少し困ったような表情を浮かべて、
映像制作担当者のもとに歩み寄り、こう言ったという。
「こういうときって、サインしてあげてもいいんですよね?」
この担当者が「してあげればいいんじゃないかな」と答えると、
うれしそうな様子でサインに応じたという。(同上)


( ̄-  ̄ ) ンー、謙虚すぎる~

これって、月の山羊座・・・・



93年のころ、ラジオ番組で対面した音楽評論家の富沢一誠氏はこう話す。
「写真で見たイメージどおりの美人でした。
女性アーティストのなかには、人気が出てくるとおごりが見える人もいますが、そんなところはなかった。
一つひとつの質問を受けとめて、言葉を選んで話す
文学少女のイメージがぴったりの女性でした」(同上)


テレビでは、緊張のあまりとんちんかんな答えをして、
そのあと沈黙・・・だったようですが、

ラジオでは、そうではなかったのですね。


月に山羊座をもつ坂井さん、

山羊座は、抽象的分析能力は高いのに、
話し言葉への反応が遅くて

とろく見られることがありますが、全くそんなことはないのです。

ただ、言葉の発声が遅いだけなのです。


テレビの歌番組では秒単位での会話になるので、
それでついていけなかったのかもしれませんね。


YouTubeの
「坂井泉水は日本語をメロディーに当てはめる天才ではないか」
https://www.youtube.com/watch?v=_cfW8DJT3dU


坂井さん、一曲一曲、大変な時間をかけて制作していたようです。


他の動画で、「ライブをしたい」という抱負を、坂井さん述べておられますから、

そのせいで、ライブをやる時間がなかなか取れなかった、のかもしれません。


こだわりの水瓶座と、忍耐強い月の山羊座の性格が、
テレビやライブから遠ざけた・・・のかな?



とにかく、マイペースの方だったようですね。

坂井さんの日干支 辛丑は、

マイペースで周囲に振り回されないという意味での自己中心的行動が吉」だそうです。


そして、
マイペースな坂井さん、
結婚、出産、子供、というものからは、縁遠かったようですね。



スポーツも万能で、中学では陸上、
高校時代は硬式テニス部に所属。
校内のミスコンで優勝し、
他校の男子生徒がのぞきにくるほど、彼女の評判は広まっていたという。
「高校1年のとき、
彼女は俳優の伊藤英明さんに似た先輩を好きになって告白したんですが、
なぜかフラれて相当ショックを受けていました。
『サッチをフッたなんて信じられない』と、女子生徒からブーイングがあがりました」
http://dot.asahi.com/dot/2015052600053.html?page=3


坂井さんは、恋愛の座が乙女座で、
そこに冥王星と天王星が乗っかり、
その二つを、土星が虐めています



ものすごく恋愛が下手で、奥手な方です。


そんな彼女が、思い切って告白・・・・

清水の舞台から飛び降りるくらいの大決心だったと思いますが、

撃沈・・・・(ノ◇≦。) ビェーン!!



坂井さんの詩、たとえば、

「サヨナラはいつもこの胸に居ます」

地下鉄の駅ひとつ乗り過ごし、
見慣れた町を横切ったら
星空を数える頃あなたの部屋に明かりが・・・
もしあなたがいつか独りになって、
私の事を思い出したら、すぐ連絡してね
好きだから追わないと心に決めたの


「好きだから追わない」って、なんて後ろ向きなんでしょう・・・・

。。。。(( T_T)トボトボ



『マイ フレンド』では、

本当の愛なら きっといろんなこと乗り越えられたのに
星空のパレード 涙がこぼれないように
大きく息を吸った
ひとりでいる時の寂しさより、
二人でいる時の孤独のほうが哀しい


本当は恋人でいたかったんですね、
だけど、「本当の愛」ではなかったから、
あなたは、恋人ではなく、「私の友達」・・・・


「あなたを想うだけで」いい、って本当に消極的・・・

p(´⌒`。q)グスン



『あなたを感じていたい』

今すぐ飛んで行きたいけど
全てを捨てて行けない私がいる
口に出さないやさしさが痛い

「待っているから」と、どうしてあの時
素直に言えなかったのだろう



(-""-;)モウ!マッタク!ダメジャン!


自分から身を引いてしまっている坂井さん・・・・

彼女の詩を見ると、本当によくわかります。


恋愛、って、もっと積極的にならないと、実りませんよ~



もし、坂井さんが、結婚して、赤ちゃんを産んでいたなら、

子宮関係の病気になることはなかったかもしれない・・・

って、考えると、本当に残念でなりません。

・゚・(ノД`;)・゚・


どうぞ、安らかにお眠りください。
ご冥福を、お祈りします。

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?