人間の基本ができていなかった高畑裕太、母・淳子の子育ては?

 28, 2016 23:32
2016年8月23日に逮捕された高畑裕太容疑者の
脅威の自供が本格的に行われようとしている。

昨日初めて母親の高畑淳子と面会し、終始謝罪をしていたというが、
強姦致傷という取り返しのつかない罪を犯してしまった。
その具体的な犯行内容や動機、
また計画性があったのかが取り調べで明らかになってきた。

高畑裕太 送検


歯ブラシを持って来てほしいと深夜にフロントに電話したことに対しては
なんら不自然ではないが、
そもそも泊まったホテルには、 予備の歯ブラシが何個か置かれており、
また無くなっても自由に持っていっていいようにセルフ式なっている。

前日の夕方から飲んでいたという高畑容疑者は、
飲み終わり,、この時間になりフロントに電話。

このときフロントは被害者女性1人だったという。
それに目を付けて電話したのではないかと疑いがある。

また強姦の犯行内容は、
女性が部屋に歯ブラシを届けると
腕を掴み、部屋に強引に連れ込みそのままベッドに押し倒した

女性は抵抗するも、高畑容疑者は両手をおさえつけ、
両手を用意していたタオルで縛り上げ身動きが取れないようにし、
また別のタオルを口に入れ声も出ないようにした。


女性の衣服を脱がし、高畑容疑者は犯行に及んだという。
強姦は1度ではなく2度に及び
犯行の最中、被害者女性は終始、泣き続けていたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000059-spnannex-ent

行為が終わると被害者を解放し高畑容疑者はそのまま就寝した。

被害者女性が朝になり知り合いに報告したところ、犯行が明らかになった。
http://geinou2news.blog.fc2.com/blog-entry-27318.html


これは酷い犯行ですね。

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…弁解の余地なし!


裕太さんは、衝動的に欲求がおさえられなくなった、と、言っていたようですが、

高畑裕太 容疑


こうなると、計画的犯行でしょう。


この強姦の酷さは、金性地支一気格の最悪パターンの、

攻撃のコントロールが効かなくなってしまったというのが出た感じですね。


ですが、同じ日に生まれた人がみんな、高畑と同じような犯行を犯しているわけではありません。

高畑裕太固有の何かがあるはずです。



「子育ては順調ではなかった。
2016年8月26日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、
高畑容疑者が中学時代に生活が荒れ、
部屋からは母と子の怒鳴り合いが聞こえた過去や、
全寮制の高校に進学したことに関して、
淳子さんが
「邪魔だったから出したみたいな感じがちょっとあって、
すごく罪悪感みたいなのがあった」と振り返っていた。

高畑容疑者が俳優を志し、テレビに出るようになると、
淳子さんから頻繁に「ダメ出し」が浴びせられるようになったという。
厳しく仕込もうという親心が垣間見られる。
その一方で、(裕太が)番組で性に関するあけすけな発言をしたり、
芸能界の大先輩にも「タメ口」で会話したりと、
成人男性としては少々常識にかける行動については、
注意や助言をしていたのだろうか。
こうした先輩芸能人のひとりに、淳子さんは後日息子の非礼をわびに来たそうだが、
高畑容疑者本人に対して叱ったかどうかは不明だ。

淳子さんの高畑容疑者への向き合い方について、
8月24日付のスポーツ報知(電子版)は
「演劇関係者から『甘やかしすぎ』という声も上がっていた」と報じた。
ただ、具体的にどの点が「甘やかしすぎ」なのかは触れていない。
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/08/26276210.html?p=2


子供が成長する過程における反抗期で荒れたのだと思いますが、

この怒鳴り合いは、母の荒れる息子への叱責だろうと思われます。

淳子さんが叱るから、

金性ばかりの裕太さんは、母に反発し、彼の持つ攻撃力を母に向けたのだと思います

高畑裕太の命式は、8月28の記事を御覧ください。


高畑淳子  1954年10月11日 
太陽・天秤座  月・牡羊座(9:00までは魚座)
火星・山羊座  金星・蠍座
日干支・庚子  辰巳天中殺



今回、マスコミの取材にも逃げずに、
立ったまま、時間オーバーしても、全ての質問に答えていた淳子さん。


月の牡羊座で、火星が山羊座で、

それぞれ、火星の守護星で、火星の高揚の座ですから、

困難にぶつかって、めそめそしくしく、泣くような人ではありません。


記者会見での淳子さんは、

感情的になっていても、感情を表面には出さない天秤座らしく、

冷静に記者の質問に答えていましたね。

強気で、勝ちはあっても負けたくない淳子さん・・・

彼女の子育ては、順調ではなかった、ということですが、どうだったのでしょうか・・・

裕太容疑者が、小学生ころの話のようですが

女子をいじめてしまい、
淳子さんと裕太さんと先生と3者面談をすることに、
先生から「学校に来なくていい」とまで言われたそうです。
それに怒った淳子さんがそのまま裕太さんを引き連れて帰ったそうです。
その後一週間近く学校にいかなかったそうです。

学校に行かない期間は、
母親とキャッチボールをして他愛もない話しをしていたそうです。
その時間がなぜか印象的だったと話していました。-
なんかいい話。
http://laughy.jp/1448337956062140255?page=2


∑('□'*('□'*('□'*('□'*)ええーっ!!!

「なんかいい話」って、いい話どころか、
これって、大いに問題あり、でしょ!


裕太は、「女子をいじめた」のです。

それで、先生は、学校に来なくてもいい、と、まで、言ったのです。

ということは、そのときの虐めは、見過ごせないくらいひどかったのかもしれませんね・・・
もちろん、推測の範囲ですが・・・・

そしたら、母・淳子は怒って、そのまま、母・淳子は裕太を連れて帰ったとのこと・・・・

「来るな」と言われたことに怒ったのでしょう。

そして、家ではキャッチボールに他愛もない話・・・・・


叱った形跡などなさそうですね・・・・

ヤレヤレ… ヽ(゚~゚o)ノ コリャ、 アキマヘンワ


親であるなら、なぜ、女子を虐めたことを、叱って、

男子が、体格も力も弱い女子を虐めることは弱い者いじめであり、
男として、卑怯で、恥ずべき行動である
こと、

だから、力の強い男は、弱い女子を守らなければいけないのであって、
いじめるなど、論外、絶対にやってはならない
こと、と、

しっかりと教え諭さなかったのでしょうか・・・・

これを教えてないとすれば、今回の事件を起こすのも道理なのかもしれません。


男の子には、妻を守っている父親像が必要なのです。

力が強い男は女性を守るものなんだ、という認識

それを、裕太は成長の中で、しっかりと学ぶことができていたのでしょうか・・・


淳子さんは、父親の役目も果たさないといけないのです。

キャッチボールだけでは、だめでしょう・・・


23日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で俳優の高畑裕太が、
自身がいじめられていたときに、
母親で女優の高畑淳子が相手宅に怒鳴り込んだと明かした。

番組では、NHK連続テレビ小説「まれ」でブレイクした高畑が登場し、
さまざまなエピソードを紹介。
その中で、過去にいじめられ、恐喝にあっていたという話があった。

小学校時代の高畑は、母親が有名人だったのと、
自分が「気弱」「ビビり」だったために
いじめに遭い、「コイツ使える」と思われていたという。
そして、いじめられた相手から「1000円よこせ」と言われては、
淳子の財布から金を抜いて渡していたと告白した。

あるとき高畑は、その相手に自宅まで押しかけられたことがあるそうで、
ベッドに押し倒されて「1000円よこせ!」と脅されたという。
そのことを淳子に伝えたところ、淳子はブチ切れたらしい。

そして、淳子は相手の家まで行くと、
いじめた相手に「うちの息子を今度いじめたら絞め殺すぞ!」と脅し返したそうだ。
それを機に、高畑へのいじめは減ったという。

高畑はそんな母親の強気な姿勢に「憧れていた」とも語りつつ、
淳子との思い出深いエピソードを紹介したのだった。
http://news.livedoor.com/article/detail/10867421/


裕太は、強ければ、いじめからも逃れられるんだ、ということを、
母親の強さから学んだだけなのでしょうか・・・・

もし、そうなら、自分が強ければいいんだ、という考え方になってしまった?

高畑裕太 筋肉

自分の力が強ければ、それで世の中なんとかなる、と、思ったとしたら、
それこそ、本末転倒ですね。


「8月17日に放送された、
SMAP・香取慎吾とアンタッチャブル・山崎弘也がレギュラーを務める「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)に、
高畑容疑者が出演した際、
番組内での行動が異常だったと話題になっている。

「『おじゃMAP!!』では香取や高畑が動物園のバイトを体験するという内容だったのですが、
彼らが車に乗って猛獣ゾーンに入った際、高畑の異常な行動が視聴者から注目されました。

その場所はライオンなどがいるため、
係員から『危険なので窓は絶対に開けないでください』と何度も注意されているにもかかわらず、
高畑は何度も窓を開けようとしたり、

動物用のエサを突然ボリボリと食べるなどの異常行動が続きました。

高畑裕太 食う

そのため香取は
『やめろって!』 『ヤバイよこの子』と本気でドン引きする一幕も。
さらに高畑は異常なテンションで
ヨダレを垂らしながら絶叫していた
ことで、
視聴者からも『目がヤバイ』と薬物使用を疑う声まで上がりました」(前出・テレビ誌記者)
これらの言動により、ネットでは余罪の追及を求める声が殺到しているという。
http://u3oi7.wp.xdomain.jp/%E3%80%90%E9%AB%98%E7%95%91%E8%A3%95%E5%A4%AA%E3%80%91%E9%A6%99%E5%8F%96%E6%85%8E%E5%90%BE%E3%82%82%E3%83%89%E3%83%B3%E5%BC%95%E3%81%8D%E9%AB%98%E7%95%91%E8%A3%95%E5%A4%AA%E3%81%8C%E9%80%AE%E6%8D%95/


高畑親子のことを昔から知る人物は、
「裕太の問題行動を助長した責任の一端は、母の淳子さんにもあると思います」と、ため息をついた。

「淳子さんは大学から演劇を専門に学び、卒業後は日本を代表する劇団の一つ、青年座に入団しました。
舞台に限らずテレビドラマや映画など幅広く活動する大女優になっていく中、
2003年にそれまで青年座のトップを務めていた西田敏行さんが退団すると、
繰り上がりで淳子さんが頂点に君臨
この頃には裕太も劇団に出入りしていたのですが、
彼は青年座の女性付き人にちょっかいを出すようになった
んです」

こう語るのは、青年座の関係者。

「みんな、裕太への対処には困っていました。
というのも、淳子さんの機嫌を損ねたり逆らったりすることは、
業界を追われることに等しいと言えるほど、
彼女の力が大きくなっていたから。
当然、裕太に対しても所属俳優らはヘコヘコせざるを得ない状況で、
ついに手を出されてしまった女性もいました」


そんな中、淳子の息子に対する明らかな過保護が浮き彫りになる“事件”が勃発したんだとか。

「ある日、淳子さんの財布からお金が消えたことが発覚。
まぁ、淳子さんが知らなかっただけで、
団員はみんな、裕太が盗ったことを知っていたんですけれど。
もちろん、誰も告発できずに黙っていたのですが、
裕太にずっと手を出されていたという女性研究生が、
後になって裕太本人に確認したところ『黙ってろ』と口封じされたそうです。
そして、これが気に障ったのか、裕太は母親に『彼女が犯人だ』と告げ口。
淳子さんは事情も聞かずに息子の言うことを鵜呑みにし、
その女性の契約を解除してしまいました
」(同)

淳子は女手ひとつで裕太を育て、その甲斐あってか親子仲が良いことでも知られていた。
しかし、息子を溺愛するあまり甘やかしていたのであれば、
劇団内に限らずさまざまなシーンで周囲が迷惑を被っていた可能性も否定できない。
関係者も、
「今後、似たような話が噴出するでしょうね」
と、呆れていただけに、
逮捕された裕太のみならず淳子に関しても、今までのような芸能活動は難しくなってくるかもしれない。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160826-34029816-tocana


こういう話を聞きますと、
やはり、淳子さんは、息子の裕太を溺愛して、
人間として踏み外してはならない道を教えては来なかったのでしょうか・・・



他にも、

バイト先で、相手のきもちを考えずに、「汚ねぇ、くせぇ」と大声で喋る

乗せてもらっている車の中で、五分と立たないうちに爆睡する

という話もありました。


真っ当な人間として、戻ってこられることを祈ります・・・


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?