いて座の羽生結弦くん

 29, 2015 18:56
真央ちゃんと一緒に、羽生君を挙げたのですが、
これまで、あまり人気のなかった男子のフイギュアスケートをここまでの注目度にした羽生君なので、別にアップすることにしました。

2015 NHK杯 男子の優勝者、羽生結弦くん
羽生結弦


今回、SP106.33点、フリー216.07点、総得点322.40点、と、3つの世界記録を打ち立てての優勝は、男子のスケートを別次元に持っていってしまいました。
本当にすばらしいです。

昨年はアクシデントがいろいろあったようですが、さすがに火の星座いて座

終わった後のインタビューで言ってましたが、「やってやる!、っては思ってましたけど、へへへ」

最後は照れ笑いでしたが、そうこれこそが、
火の星座 射手座なのです。

その上、火星が獅子座にあるので、四回転ジャンプも躊躇なく、軽々と飛ばせていますね

そういえば、今回、羽生君は、「自分自身にプレッシャーかけて、自分は王者だぞ、と言い聞かせながらやっていました」、と話していました。

これが、月が水瓶座なのだと思います。

自分というものを、自分の世界の中で、こうだ構築できると、それを信じ込めるのでしょうね。
それが、彼の自信となって、羽生君を後押しして、ノーミスの演技になったのだと思います。


ほんとうにすばらしかったですね。

羽生君、言ってました。
「もう、ほんとに血のにじむような、もう、ほんとに辛い努力、練習をしてきました」、って、ほんとに辛かったことがわかるような嫌なものを吐き捨てるように、言ってましたね。

軽々と、この結果が出たわけではないんだ、と、ここぞ、とばかりに、絶対に言うぞ、って気概で、喋っていました(o^^o)

ほんとに、ほんとに、大変だったんだぞーっ、という苦労話は、真央ちゃんにしても、他の選手にしても、あまり言わないのではないかしら。
逆に、練習をがんばったので、ここまでできたんだと思います、と、謙虚に話すると思うのですけど。

たぶん、これが、腹の天胡星かしら、って、私は思います。

次の高みへ!行くぞ!羽生結弦くん!

羽生結弦 日の丸


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?