国籍選択宣言をしていなかった蓮舫氏、日本人なら辞任して責任を!

 16, 2016 20:08
蓮舫議員が、日本国籍の選択をしていなかった!


民進党の蓮舫代表は15日、
日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、
都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし
戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。
都内で記者団の取材に答えた。

 蓮舫氏は記者団に
「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、
強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。

蓮舫氏は9月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出。
一方で、国籍法で義務づけられた日本国籍の選択宣言をした時期への言及は避けていた。

国籍法14条は日本国籍の選択について、
外国籍の離脱によるほか、戸籍法に従い、日本国籍を選択し、外国籍放棄の宣言をすることによると定めている。
http://www.sankei.com/politics/news/161015/plt1610150010-n1.html


やっと、蓮舫さん、話しましたが・・・・・

ですが、「強く行政指導されたので・・・」と、まるで他人事・・・・・

(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ


今回、やっと蓮舫氏が話したのは、

10月14日(金) 時事通信が18時25分配信した、

金田勝年法務大臣は14日の記者会見で、
民進党の蓮舫代表が「二重国籍」解消のために行ったとしている手続きに関し、
「一般論として、
台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は(日本では)受理していない
と指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000115-jij-pol

からなんですね。


なんと、蓮舫氏は10月13日の会見でも、

「戸籍法106条にのっとって適正に手続きしている」と説明していたのですが、


「106条では、二重国籍を持つ人が相手国の発行した
国籍喪失許可証を提出すれば二重国籍を解消することができるが、
日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、
許可証を受理していない」

許可証が受理できない場合は、
同104条に基づき、日本国籍だけを所有する意思を宣誓する
「国籍選択宣言」を日本政府に提出する必要がある。
法務省は台湾籍を離脱する場合、同宣言の提出を求めている。

国籍選択の宣言をすれば、手続きした日付が戸籍に明記されるが、
蓮舫氏は戸籍謄本の公開に応じていない。
蓮舫氏の事務所は「本人がいないので分からない」としている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000115-jij-pol


金田法務大臣が口を開いたのも、


10月13日午前の参院予算委員会で、
三原じゅん子議員は、NHKの生中継が入った審議で
「(蓮舫氏は)いつの時点で『日本国籍』を選択したのかを明らかにしていない。
国籍法14条の『国籍選択の宣言』が行われていなければ国籍法に反している」と指摘。

それを受けて、

安倍首相
「(米国籍が残っていた)わが自民党の小野田紀美参院議員は『戸籍謄本』を示して
『(国籍)選択』という義務を果たしたことを証明した。
蓮舫氏も自身の責任において国民に対し、
小野田氏が自ら証明されたように努力を行わなければならない」と
明言した
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161014/plt1610141140002-n1.htm


それに対して、蓮舫氏は、

蓮舫代表は13日午後に
「国会の審議を見ていないので分からない。コメントしかねる」と述べ、
戸籍謄本の公開については否定的な考えを示しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000085465.html

蓮舫 戸籍謄本1


民進党の代表ともあろうお方が国会の審議を見ていないとは、おかしな話ですね・・・・


それにしても、

金田法務大臣、ほんとうに、おっとり刀ですね。

安倍総理とその内閣は、民意が熟してくるまで、じっと待っていますね。

蓮舫さんが9月23日に「手続き完了」と言っていたときにも黙っていて、

蓮舫さんの嘘が多くの国民にわかるようになるまで、待っていたように思えます。


だけど、金田法務大臣の一言のおかげで、
蓮舫さん、「実は・・・」と話すしかなくなりましたね。



さて、この問題の発端は、

八幡和郞氏が、蓮舫氏の二重国籍問題につながる投稿が引き金でした。


その最初の投稿は、
今年(2016年)8月11日
「台湾から帰化した蓮舫が首相になれる条件」

翌12日には
「蓮舫が帰化人だから愛国心を疑うのは間違いか」

8月15日
「せめて戸籍通り村田蓮舫で首相をめざして欲しい」

8月16日
「蓮舫は自衛隊最高司令官たり得る存在か」

8月19日
「蓮舫のセクシー写真と宰相の品格」

8月21日
「ケンブリッジ飛鳥と謝蓮舫では好感度が違う」


そして、8月29日
「蓮舫にまさかの二重国籍疑惑」

この記事が火付け役となって、

蓮舫氏は、本当に日本人なのか?

国会議員になる資格のあった人なのか?

となったのですが・・・



蓮舫氏は、日干支が丙申です。

今年は、丙申年

そして、八幡さんがアゴラで、蓮舫議員の疑惑について書き始められた8月11日は、
丙申月でした。

今年は、8月7日の立秋の日から、9月6日までが「丙申月」


このときの蓮舫氏の命式を書いてみると、

大 年 月 日 月 年
      干 干 干 
運 運 運 支 支 支

丙 丙 丙 丙 辛 丁
辰 申 申 申 亥 未

(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォ


自分の日干支と同じ干支が並ぶことを、「律音」と言います。

自分を律する(ある一定の規範を設けて統制・管理する)時期だ、ということです。

だから、テーマは自分自身、つまり蓮舫さん自身。


八幡和郞さんが、問題にされたときに、
蓮舫さんは自身を律することもなく、保身に走りました

自分の運気に向き合わずに、逃げてしまわれたのですね

( ノД`)残念デス…


そして、昨日15日、
東京10区補選の練馬駅南口での応援演説で
「おい!蓮舫!おい!蓮舫!
てめぇの二重国籍どうなったんだよ!
国民に説明しろよ!蓮舫!」
聴衆から批判されて、蓮舫がその場から逃走www
500円@_500yen

蓮舫さんが、日本国籍の選択をしたのは、10月7日だそうですが、

ということは、

ずっと日本国籍をお持ちでなかった、
つまり、日本人ではなかったのですね・・・・


足立康史氏は、

今となっては、可能な限り速やかに議員辞職するのが、
国のためであり、民進党のためであり、蓮舫氏ご本人のため、です。

とおっしゃっておられます。


日本人なら、潔く責任を取ります

蓮舫さん、あなたは「日本人なのですか? それとも・・・・・?」


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?