雲龍型の眞子内親王さま

 06, 2015 14:00
今日は、カリスマ性を発揮する「雲龍型」のお話です。

皇族で雲龍型をお持ちなのが、眞子内親王さまです。

秋篠宮眞子内親王さまは、12月2日から、初の海外ご公務で、中米をご訪問されました。

まずは、二十歳のときのお写真をご覧ください。
眞子内親王

そして、今回のご訪問のエルサルバドルでは、振り袖に着替えられて・・・
眞子 着物
いつも、凜としたお姿でおられます。

雲龍型の例としては、ビートルズのジョン・レノンです。

レコードデビューを果たした1962年は、レノンの命式が、雲が登るように、あがっていきます。

この雲龍型は、干合を繰り返し、何度も虚になっていくため、人気という虚の世界である芸能界では、持っていると強いですね

雲龍型ではありませんが、尾崎豊も、「全天地暗号」というカリスマ性を持っていました

尾崎豊は、1982年11月20日に、オーディションに合格、そして、最優秀アーティストに選ばれていますが、このときは、全天地暗号が、大運にもできていました。

まさに、尾崎豊のカリスマ性が、ピークにあったときでしょう。

ここから、翌年、アルバム『十七歳の地図』、シングル「15の夜」で、プロデビューしていくのです。

彼の27歳の死は、あまりに早すぎましたが・・・

さて、この雲龍型が、政治家にあった場合は、とんでもないことになります

政治は、虚ではなく、現実社会のものですから、雲龍型で総理になったりすると、日本はとんでもないことになってしまいます。

その例が、鳩山由紀夫氏ですね。

鳩山由紀夫氏は、2009年、総理に就任した年だけ、雲龍型になりました。
その年の8月30日に行われた、衆議院議員総選挙では、総議席数の3分の2に迫る308議席を民主党が取りました。
これが、雲龍型のなせるわざですね。
実力があるわけではないのに、どういうわけだか、人気が出てしまうのです。

政権の中身は、普天間移設も日米合意にまでなっていたというのに、つまり国と国との約束ができていたものを反故にしたり、
高速道路無料化や、子供手当など、裏付けとなる資金もないのに、夢見ているような政策を打ち出していました。

また、このときに、蓮舫議員が、100年に一度おこるかどうかのものにお金を使うのは、不必要だ、無駄!無駄!と、事業仕分けしてくれたおかげで、火山活動の記録を取ることができなくなり、2014年の御嶽山の噴火が予知できなくて、死傷者を出してしまいました。

この100年に一度起こるかどうかわからないから、と、削られた悪の権化の事業仕分けに、護岸工事がありました。
河川がたくさんあるこの日本で、護岸工事のお金を削ってしまったのです。
そのおかげで、今年、なんと、集中豪雨で、あの、鬼怒川の決壊となり、大変な被害、そして死傷者を出してしまいました。

ばかたれ、蓮舫!日本を壊すつもりか、民主党!
そして、消え去れ、宇宙人の鳩山由紀夫~~~と、思ってたら・・・・・


この鳩山氏の雲龍型は、翌2010年には、消えてしまい、鳩山総理の人気も、運気も、そこまでで、
2010年6月には、鳩山氏は、総理を辞任することになりました。

やはり、政治家は、実力がともなった方にやっていただきたいものですね。

こうやって見てくると、ただ、人気がある、ということで、選挙の時に議員さんに投票している現実が浮き彫りになりますね

今は、ネットで検索すれば、いろいろな情報を得られる、とてもすばらしい時代となりました。
もちろん、ネットの中の情報は、玉石混淆!

だからこそ、どれが本物かを、見分ける目が、私たちに求められるのだと思います。

頑張れ!安倍総理!

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?