須藤理彩さん、人生って大変だけどがんばってください!

 22, 2016 15:14
東洋の占星学の算命学では、

一家の運勢の総量は決まっている、という考え方があります。
(天格法)

例えば、父がその総量の大半の運勢を取るような大活躍する人生を送ったとすると、
その妻や子供たちが取る運勢の量は少なくなるということです。

逆に、父の寿命が短くて、早くに亡くなった場合は、
妻や子供たちが、その分、大きな量を取ることができるということ。


ロックユニットBOOM BOOM SATELLITESの川島道行さんがお亡くなりになられましたが、

亡き川島さんにお伝えしたいのは、

脳腫瘍で、大変な人生を送られた上に、志半ばで倒れてしまわれましたが、

でも、その川島さんの短かった分の運勢の量は、
妻の須藤理彩さんや、子供たちがプラスして大きく取れるということなのです。


川島さんが47歳という若さで亡くなられたのは、
本当に悲しいこと
だけれど、

川島さんは、その分、長寿という幸せを奥様や子供たちに
プレゼントできているということ・・・



そう、この世界って、決して不平等ではないのかな、って、思います。

チョットダケド、(´▽`) ホッ!トスルネ



さて、妻で女優の須藤理彩さん、


川島さんが亡くなったときの報道に使われた涙を拭う写真は、

2014年10月4日の、
主演映画「小川町セレナーデ」が封切られたときの舞台挨拶で、
思わず、涙してしまったときのものでした。

須藤理彩 涙

笑顔で話し始めた須藤だったが、
みるみるうちに目が潤み「もう、やだあ」と思わず涙。

「本当に楽しい現場で、原監督の作品に関われて嬉しく思います」と感無量の面持ちを浮かべた。
2児の母親である須藤は「(娘の)小夜子は役の中でどんどん成長してく。母親としての関わり方がブレなければ私も一緒に成長していけると思って演じました」と、自身の母親としての経験を役に投影したことを明かした。
http://news.ameba.jp/20141004-304/


夫・川島さんは、2014年の春のツアー終了後に
4度目の脳腫瘍を発症されています。
そして、余命二年の宣告でした。

この舞台挨拶は、その年の秋ですから、

母親役を演じた須藤理彩さんの脳裏には、
夫・川島さん、そして、お嬢さん2人のことが、浮かんだことでしょう。


隠していた不安が、このときに思わずあふれ出してしまったのでしょうね。

(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!! 
辛かったでしょうね・・・


須藤理彩  1976年7月24日 横浜市生まれ
太陽・獅子座  
月・双子座 夜8時40分以降は蟹座
火星・乙女座  金星・獅子座
日干支・丁丑  申酉天中殺



「今年に入ってからは、ゆっくりしゃべるのがやっと。
春以降は、まったく話せなくなってしまったんです。
バンドの盟友・中野さんでも意思疎通が難しいのに、
須藤さんは『彼が何を言いたいのか目でわかる』と言っていました。
実際そのとおりで、みんなで『すごいね』と感動してたんですよ。
須藤さんは
『たとえ会話をしなくても同じ空気を共有できるのが家族。
黙っていても互いに分かり合えるようになって初めて“本物の夫婦”になれる』と。
結婚10年で、須藤さんは川島さんと本物の夫婦、家族になったんです」(音楽関係者)
http://news.livedoor.com/article/detail/12164473/


「話すことができなくなっても、夫の目を見ればわかる」
というのは、妻の理彩さんと夫の川島さんの気持ちが一体化していたのでしょうね。

それは、日々の生活が常に夫とともにあったからできたことでしょう。

須藤理彩さんの生まれた時間は不明ですが、

理彩さんの月は、双子座ではなくて、蟹座でしょうね。

蟹座は、沈黙星座ゆえに、
黙っていても相手の気持ちを忖度できる力を持っているのかもしれません。

双子座は、言葉の星座ですし。

たぶん・・・・d(゚ー゚*)


須藤理彩さんは、
Wikipediaによると、1995年から活動を始めて、
1998年には、NHKの朝の連ドラの「天うらら」で主役。

須藤理彩 天うらら

獅子座の理彩さんは、
元気はつらつで、大工をめざす女の子の役には、ぴったりですね。

おまけに、

バスを追いかけるシーンを撮影する際は、
たびたびバスを追い抜いてしまうほどの俊足である。
高校時代にインターハイに出場した実績をもつ陸上競技選手であったことから、
通常の撮影では適切と思われる車輌の速度では須藤の場合は足りなかったという。
(wikipedia)

理彩さんのオフィシャルサイトによると、

「高校時代、陸上部に所属し、200Mで25.2秒の記録を出し
神奈川県1位のスプリンターとなる。
インターハイでも準決勝まで進出し、全国ベスト16に入る。

スタタタタタッ(((((((((((*゚.゚)ノノ 速っ!



須藤理彩さんの大運は、16歳で、甲癸の境目を迎え、

車騎星=走る、に、
天将星の無限大エネルギーがまわってきて、

陸上での活躍を後押しし、
「100時間オーディション」も楽々こなしたのでしょうね。

(*^▽^)/★*☆スゴイ!


26歳からは、
理彩さんに配偶者運が回ってきていました。

二年後、28歳・2004年
蜷川幸雄さんの舞台出演していた須藤さんは、
川島さんとの結婚を、
共演者の寺島しのぶさんに相談したとのこと。
http://news.livedoor.com/article/detail/12164473/


そして、2006年・丙戌年に、結婚!

うーん、2006年は、川島さんの天中殺年での結婚だったんですね・・・・


寺島しのぶさんに、川島さんとのことを相談された2004年も、

甲申年で、
理彩さんの天中殺年・・・・

<( ´ ⌒`)ゞチョット、キビシイナア


そして、13年間無事だった脳腫瘍が再発したのが、2012年。

まさか、でしたね・・・



私たちは、自分一人で、この世に生まれてきたわけではありません。

親がいて、そして、ご先祖がおられたからこそ、
この世に生を受けることができているのです。

そして、「因縁」
=先祖が起こしたある原因から子孫が受け継ぐ悪業、というものもあります。

この「因縁」を受け継いでいない人は、この世にはいないので、
みんな、何らかの「因縁」を持っています

私たちが生まれた時にもらってくる「宿命」とは、
この「因縁」の受け皿
なのですから・・・


川島さんが、
ご自身の日干支・辛未にとって、天殺冲動となる
日干支・丁丑の須藤理彩さんとご結婚されたのも、
「因縁」なんだと思います。


でも、川島さんと須藤さん、

おつきあいされてから、12年の間に、

お子さんもお二人も生まれ、

そして、目だけで意志疎通ができるくらい
一心同体のご夫婦に、お二人はなられました。




このミュージック・ビデオの愛らしい女の子は、
川島さんと須藤さんの長女さんだそうですね。


須藤理彩さん、がんばってくださいね。

川島さんは、あの世から、ご家族のことをずっと見守られておられることでしょう。


川島道行さんのご冥福と、
理彩さん親子のこれからのお幸せをお祈りいたします


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?