アルバイトにボーナス・退職金も出す《ホワイト企業》富士そば・丹道夫社長とは(前編)

 16, 2016 20:16
残業させても残業代支払わないばかりか、
残業時間も過少報告させている《ブラック企業》のニュースが多々あるなかで、

《ホワイト企業》だと評判の「富士そば」

そのダイタングループの社長・丹道夫さん。

丹道夫


なにゆえ、《ホワイト企業》だと評判なのかと言えば、

従業員を大事にする企業だから!

アルバイトにもボーナスや退職金が出る会社だから!なんですね。

スゴイ!!! o(^O^*=*^O^)oスゴイ!!!


『週刊プレイボーイ』のインタビュー記事 2016年11月15日 6時0分

丹:(ボーナス・退職金)出してるね。
人間は平等なんだよ
僕は生まれた頃に父が死んで、
母は僕を学校へ行かせるために再婚したの。
でも、弟が生まれてからは、継父は弟ばかりかわいがって、僕はいじめられた
その時にみんな平等じゃないといけないと思った
それにそのほうが楽なんですよ。
売り上げを増やせば、自分たちに返ってくるとわかってるから、
僕が何も言わなくても、なんとかして売りたいといろいろ考えてくれる。

―今、世の中にはブラック企業と呼ばれる会社も多いですが。

丹:あれは損してるなと思うよ。
なんでブラックにしなくちゃいけないかね。
ちゃんと待遇をよくしてあげれば、みんな働くし、自分も楽ができる
どうしてそんなことをするんだろうね。
ああいう企業の経営方針はよくわからない。

―大きい会社でも、内部留保でお金を貯め込むことが問題になっています。それについてはどう感じられますか?

丹:いや、これも内部留保なんだよ。
みんなにお金をあげれば、やめずに働き続けてくれるでしょう。
従業員は資産だから。
http://news.livedoor.com/article/detail/12283459/


従業員は資産!
だから、大切にする!

なるほど・・・
従業員=資産=お金、であれば、誰だって大切にするね!

《ブラック企業》の社長は、それに気付かない。
だから、従業員を粗末に扱うのですね・・・・・


丹社長の会社の組織はシンプルそのもの

・ 社長→7名の常務→係長→店長→従業員
常務は、よそから転職で取っていない。
 従業員から叩き上げの人間だ。
・ 常務は、すべての権限を持たせている。
・ 分社制度、6店で分社して会社経営させている。


また、事務所=会社社屋にお金はかけない。
もちろん、社長室もない。

店は、立ち席ではなく椅子席、
そして、大理石の床にして、きれいな居心地のいい店にする。


丹道夫  1935年12月15日 名古屋生まれ
太陽・射手座  月・獅子座
火性・水瓶座  金星・蠍座
日干支・乙丑  戌亥天中殺



丹さんは、初動天中殺と言って、
生まれて最初と次の大運(第一旬と第二旬)が天中殺の方です。

天中殺の時期と、それが終わった後では、
本人にとって、世界が全く別になります。

夢と、現実が全く違うものであるように、

天中殺は、夢の中で生きて居る時期なので、
天中殺が終わって現実に戻ってみたら、全く違うわけです。

ですから、初動天中殺の人は、
天中殺が明けたあと、生き方が大きく変わってきます。


この天中殺の時期に体験したことを土台にして、
反面教師的に、別の生き方を探すことになります。


丹さんは、3歳から23歳になるまで、天中殺だったのですが、
このときに、辛い体験をされました・・・・


名古屋で生まれたが
生後すぐに父親が死去したため
母親の実家のある愛媛に転居。
その後は芸者をしていた母親に育てられていたが、
道夫が4歳の時に丹氏と再婚。
弟の誕生を機に義父から冷たい仕打ちを受けるようになり、
辛い雑用を押し付けられるようになった。

http://www.wadamame.com/tanmichio.html


丹さんの母は、丹さんを学校へ行かせるために再婚したのですが、
弟が生まれると、義理の父が継子いじめを始めたのですね。

この辛い体験から、
「人間は平等ではないといけない」と強く思うようになられたのでしょう。

これは丹さんの実際の経験から出た切実な思いだからこそ、
アルバイトであっても、ボーナス・退職金を出すのですね。


中学卒業後に高校に進学したが、
「通学用の自転車がボロで、前に進むのもままならない」という理由から
体力に限界を感じ、1学期で中退。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131214/Nicheee_1954843.html

継子いじめされているから、自転車もボロだったし、
ごはんも、しっかり食べさせてもらえていたのでしょうか・・・・

母親が、その子をかばってやればいい、と、考えますが、
そうすると、母親の見えていないところで、
もっといじめられることになるんですね。

なかなか難しいんですね・・・・

(/_<) ナケルネェ


高校中退して、八百屋や油屋(燃料店)で丁稚奉公するのですが・・・

油屋夫婦は美味しいもの食べて、従業員は安く働かせていた。
このため、従業員は不満を言い、売上を誤魔化して物を買って食べていた。
http://yuwakurugby.world.coocan.jp/2013.02.02tan.htm

この油屋の夫婦のやり方は、まさに《ブラック企業》ですね。

初動天中殺の丹さんは、これを反面教師とされたのですね。

(☆。☆) キラーン!!


さて、
17歳で憧れを抱いて上京し、頼りの就職先の面接を受けるも、
その日のうちに落選の知らせが届き、すぐに帰郷。

( ´△`)アァ-・・・
1952年ころですね、
愛媛県から東京ですよね・・・・
当時だと、丸一日で着いたのでしょうか・・・・・大変でしたね


2度目の、上京では、電車を乗り間違えて福島に着いてしまった。
しかし、そのまま福島の工事現場で働きながら
「男には学問が必要」と思い立ち、夜間高校に通った

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131214/Nicheee_1954843.html

∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!

夜行電車だったのでしょうか?
朝、到着したら、福島だったとか・・・・?


丹さんは、太陽も月も火の星座です。

多少のことでは、めげませんし、
どうにかなるさ、と、腹をくくれる
のが、
月の獅子座ですね。

工事現場で働き、お金を貯めて・・・・


だけど、そこで終わらないのが、丹さんのすごいところですね。

学問が必要だと思って、福島で、夜間高校に通うのです。

昼に工事現場で肉体労働して、
夜は、高校に通って勉強・・・・


その費用も、日々、自分で稼いだお金です。

大社長になる人は、こういうところが凡人とは違うんですね。
感心します。

丹さんの主星は、龍高星
過去のものを学ぶ星ですね。
この龍高星を2つお持ちだった、ということもありますが、
並大抵の努力ではないですよね。


作業が終了したため再度上京し、印刷会社に就職した。
東京の高校にも転校したが、
身体を壊してしまい、愛媛に帰郷。
アルバイトをしながら地元の夜間高校を卒業を目指す事に。
(同上)


丹さんは、そこまで大きなエネルギーの星をお持ちではありません。

昼に働いて、夜間高校。
その費用も自分で働いたお金。
住居費も、生活費も、すべて自分で稼がなければならない。

体を壊すのも無理はないですね・・・・

それでも、高校の卒業をあきらめていません。

丹さんの日干支・乙丑ですが、

丑は丑土で、「牛」ではなく、湿った大地なのですが、
着実にゆっくりと人生を歩んでいくところからも、
「丑」は「牛」に通じる気がしますね。

外見は穏やかに見えるけれど、
内面は強情で、自分の思ったとおりに人生を歩む
人だそうです。

d(゚-^*) ♪ ほら、やっぱり「牛」だあ!


3度目の上京では、東京栄養食糧専門学校に入学。

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ おめでとう!


栄養士の免許を取得し、病院の栄養士に就職したが、
父の病気で再び帰郷。(同上)

病院の栄養士として就職したのに、
丹さんをいじめた継父であっても、愛媛に帰るのですね・・・・

親孝行を忘れないんですね。

o(T^T)oクウ・・・えらいなあ


愛媛では自宅で料理教室を開き生徒も集まっていたが、
猛る男の心の勢いを静める事は出来なかった。
そして、26歳でついに4度目の上京を果たす。
食品会社に勤めた後、知りあいとともに弁当屋を開業。
順調に売り上げを伸ばした後、友人の誘いで不動産業に転職。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131214/Nicheee_1954843.html


今回は、丹道夫さんの20代になったところまでですが、

やはり、並大抵の努力ではなかったんですね。

後編に続く・・・・



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?