継母に完全無視されたさんまさん、その笑いの原点とは②

 09, 2016 20:54
明石家さんまさんの名言集に

「人にやさしくできる人はそれ以上の哀しみを背負っている。」

明石家さんま 3


さんまさんは、お兄さんである正樹さんと二人兄弟。

さんまさんは、3歳(1958年)のときに、母親が病気で亡くなっています。

1958年は、戊戌年 
戊・戌ともに土性で、
さんまさんにとって、忌神の年でした。


そして小学校高学年のとき、お父さんが再婚。
継母には連れ子がおり、
歳の離れた弟ができたと、さんまさんは大喜びだったそうです。



「無限の可能性」さんのFacebookより
さんま(杉本高文)の兄・正樹さんの話

◆中学生くらいの頃は娯楽といえぱ、三枝(文枝)のラジオ『ヤングタウン』でね。
二段ベッドでいつも二人で聞いてたんです。

新しい母には遠慮もしたし、やっぱり反発もあった。

その母が昔、隣の部屋で酒を飲みながら、
『うちの子はこの子(弟)だけや……』って言うのが
壁伝いに聞こえてきたんですよ。


二人でよう二段ベッドで泣きましたわ…。

せやから高文は酒飲む女の人が苦手なんです。

芸能界行くまではほとんど飲まなかったし、
今も本質的に酒は好きじゃないと思います」

継母はずっとさんまを完全無視してて、
まるでさんまがそこにいないかのように弟にばかり話しかける。

さんまはそれでも
継母と仲良くしてもらおう、反応してもらおうと
毎日毎日必死で面白いことを考える。

そのウチ学校でもそのノリで暮らすようになって
一躍人気者、お笑いの道へ…。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=564422916940820&id=483341671715612


継母さん、さんまさん兄弟の何が気に入らなかったのでしょうね。

継子いじめですよね・・・・

\(*`∧´)/酷い!

知人のおとうさんも、
母親がなくなって継母になったら、
継母が自分の子供にだけ食べさせて、
継子のおとうさん兄弟には、ご飯を食べさせなかったそうで・・・・

かわいそうすぎる~(/-\*)ウゥ…

そんなひどい継子いじめがあったんですね・・・・


さんまさんが、母親から完全無視のいじめにあっていた、
9歳からの10年(第一旬)には、
なぜだか、第一守護神がめぐってきていました。

(゚∇゚ ;)エエッ!?

いじめられていて、辛い思いをしていたのに、
運気は、守護神がめぐっていた?
それも、一番強い第一守護神・・・・

アレ?( ・◇・)?(・◇・ )ナンデ?

こういうときって、普通、忌神が回ってきてるんじゃないの???


明石家さんま(杉本高文) 和歌山県串本町にて出生
太陽・蟹座  月・蠍座
火星・蟹座  金星・双子座


継母に無視されつづけたこの時期に、
必死に面白いことを毎日考えて、継母の前でやった結果、
さんまさんは、学校でも一躍人気者になり、
これが土台となって、
そのあとの超人気者の明石家さんまが生まれたのです。


守護神とは、甘やかして守ってくれるものではありません
その人を守るために必要なら、厳しい試練を課したりするのです。


さんまさんの第一旬は、龍高星でした。

龍高星は、学んで、それを自分流に改革する星です。
独創的な創造性に富み、個性的な智恵を出す星です。


この龍高星が第一守護神でした・・・・

だから、面白いことを見つけては、自分なりにアレンジして、
やって見せていたんですね。

それが結果的に、さんまさんを学校の人気者にし、
「芸人としての明石家さんま」が形成される素地となったのですね・・・・


さんまさんは20歳までの初年時に、
表現の星の鳳閣星
そして、研究熱心な天庫星を持っています。
これも後押ししましたね・・・・・


ですけど・・・・・

いくら継母に仲良くしてほしい、反応してほしい、とはいえ、

この継母は、「うちの子はこの子(自分の連れ子)だけや」と、
はっきり言っていた人です。

さんまさんとお兄さんは、
「二人でよう二段ベッドで泣きましたわ…。」
というくらい、しょっちゅう言っていた継母です。

その言葉通り、
継母は、さんまさんとおにいさんを、完全無視!

「まるでさんまがそこにいないかのように弟にばかり話しかける」・・・・


もし、
あなたのおかあさんが、不幸にしてなくなり、
こんな人があなたの継母になったら、
あなたはさんまさんのように、
無視され続けても、継母に面白い話をしようと思いますか?

ブンブン!( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブンブン!ヤンナイ、ヤンナイ

やらないよね~。
だって、完全無視をする継母なんだよ、
いくらやっても駄目だよー。
やるだけ無駄だよー。


だけど、さんまさんは、やり続けました・・・・・

ナゼ?(・・?))ナゼ?((?・・)ナゼ?


・・・・それはね・・・・

さんまさんが、蟹座だからなんだよ・・・・・

(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
どういうこと???



蟹座
身内の人間には、一切気を遣いませんが、
他人には、そこまでするのか、と思うくらい大切に扱います


もし、
継母が、自分の腹を痛めた子供(弟)とおなじように
さんまさん兄弟をかわいがっていれば、
さんまさんは、面白い話を考えて話そうとはしなかった、と、思います。


だって、身内だもん!

└(^∇^ )X( ^∇^)┘モン!モン!


蟹座は、自分の殻の中か、外かで、分けます

家族のことを「身内」と言いますが、
まさに、言葉どおり、自分の体の中なんです。

だから、働いてお金を家にいれてくれるおとうさんに対して、
ご飯を作ってくれるおかあさんに対して、
毎日毎日、いや、毎度毎度、お礼なんかしませんし、
感謝の言葉すら言いませんよね?

「今日も、おとうさん、働いてきてくれてありがとう!」
「おかあさん、今日もご飯を作ってくれてありがとう!」

なーんて、毎日毎日、言わないですよね?

だって、家族だから・・・・・
言わなくてもわかるから・・・・・


だけど、他人は、そうはいきません
やってもらったら、お礼を言います。
感謝の気持ちをなんらかの形で表しますね。

それはやってもらうことが、当然のことではないからです。


蟹座の殻の中は、身内(家族)であって、
他人ではないから、
いちいち、感謝したりしないのです。
遠慮もないから、気も遣いません・・・・

ところが、
蟹の殻の外は、すべて他人です。

他人だからこそ、気を遣うのです。
遣わないといけないのです。
その人とうまくやっていくためには・・・・

だから、蟹座は、
自分と関係が遠ければ遠いほど、
より気を遣って、接するのです。

お礼も一杯するのです。


さんまさんが、完全無視する継母に、
一生懸命、おもしろいことをやってみせたのは、
継母が身内ではなく、他人だったからなんです。

継母は、他人だ、と、思うからこそ、ご機嫌を取りにいったのです。
おもしろいこと一生懸命考えてやったのです。

もし、さんまさんが、蟹座でなかったら?

やはり、完全無視して、
「まるでさんまがそこにいないかのように弟にばかり話しかける」継母に、
おもしろいことをやってみせたりなんか、しなかったでしょうね・・・・

そう、おもいませんか?


さんまさんは言います。

「何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、
好きに変わる可能性が残っているから」



さんまさんって、ほんとうに、ポジティブですね。

たぶん、それは、
ネガティブに考えたら、生きていけない幼少期をすごしたからなんでしょうね・・・・

「人にやさしくできる人はそれ以上の哀しみを背負っている」
「人間、どんなに沈んでいても笑うんです」


ほんとですね・・・・心に染みます。


関連記事

COMMENT 2

uranaiwanko  2016, 12. 10 [Sat] 17:21

次は大竹しのぶさん

グレイ猫さん、いつも、応援ありがとうございます。

そう、大当たりです。
次は大竹しのぶさんとなぜ、離婚になったのか?
二人の相性は?
って、書こうと思っていたところです。

> 大竹しのぶさんと婚姻関係の間、確か…「さんまは最近面白くない」とか言われていませんでしたっけ(・・?
> …で、離婚後に「さんまさん、また面白くなった(*´▽`*)」って風向きが変わった印象でした。

そんなのあったんですか・・・
調べてみますね、面白そうですね。

Edit | Reply | 

グレイ猫  2016, 12. 09 [Fri] 23:56

こんばんは!更新ありがとうございます♪

甲殻類(蟹・蟹・蠍)のさんまさんの人生、どうつながっていくのかと興味津々でしたが、「他人」で「逆境」だったことが転職への道のりの第一歩となったのですね。すごい!

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
甲羅はこんな風に使うんだよ~(^^;って思っちゃいました。

さんまさんは若い頃からテレビで拝見していますし、お仕事の移動中などのOFFの人物像などの情報も多いので、すごく親しみを感じます。

裏表なく、誰とでも対等に接する人じゃないかな~と思います。

継母さんの仕打ちは、ただでさえ難しい盛りの少年二人との義理の関係の生活なのに、気遣うどころかグレちゃうような言動です…(# ゚Д゚)
それでもグレなかったのは、どなたか近親者で良き理解者がいたからなのでしょうね♪(おじいちゃんかな?)
素晴らしいご師匠さんとの出会いも、くじけなかったご褒美みたいですね♪

この後、元奥さまの大竹しのぶさんとの相性鑑定の予定はありますか?
大竹しのぶさんと婚姻関係の間、確か…「さんまは最近面白くない」とか言われていませんでしたっけ(・・?
…で、離婚後に「さんまさん、また面白くなった(*´▽`*)」って風向きが変わった印象でした。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?