政治家の手から国民の手に、アメリカを変えるトランプ大統領誕生!

 22, 2017 19:33
2017年1月20日 ドナルド・トランプアメリカ大統領が誕生しました。

^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

トランプ大統領



ロバーツ最高裁判所長官、カーター元大統領、
クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ大統領、
そしてアメリカ国民の皆さん、世界の皆さん、ありがとう。
私たちアメリカ国民はきょう、アメリカを再建し、
国民のための約束を守るための、国家的な努力に加わりました。
私たちはともに、アメリカと世界が今後数年間進む道を決めます。
私たちは課題や困難に直面するでしょう。
しかし、私たちはやり遂げます。
私たちは4年ごとに、秩序だち、平和的な政権移行のために集結します。
私たちは政権移行中の、オバマ大統領、そしてファーストレディーのミシェル夫人からの寛大な支援に感謝します。
彼らは本当にすばらしかったです。

しかし、きょうの就任式はとても特別な意味を持ちます。
なぜなら、きょう、私たちは単に、1つの政権から次の政権に、
あるいは、1つの政党から別の政党に移行するだけでなく、
権限を首都ワシントンの政治からアメリカ国民に返すからです。

あまりにも長い間、
ワシントンの小さなグループが政府の恩恵にあずかる一方で、
アメリカ国民が代償を払ってきました。

ワシントンは栄えてきましたが、人々はその富を共有していません。
政治家は繁栄してきましたが、仕事はなくなり、工場は閉鎖されてきました。
既存の勢力は自分たちを守ってきましたが、
国民のことは守ってきませんでした。

彼らの勝利は皆さんの勝利ではありませんでした。
彼らが首都で祝っている一方で、
闘っている国中の家族たちを祝うことはほとんどありませんでした。

すべてが変わります。
いま、ここから始まります。
なぜなら、この瞬間は皆さんの瞬間だからです。皆さんのものだからです。
ここに集まっている皆さんの、そして、アメリカ国内で演説を見ている皆さんのものだからです。
きょうという日は、皆さんの日です。皆さんへのお祝いです。
そして、このアメリカ合衆国は、皆さんの国なのです。
本当に大切なことは、どちらの政党が政権を握るかではなく、
私たちの政府が国民によって統治されているかどうかということなのです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847631000.html


おやおや、壇上に居並ぶ前・元大統領たちを前に、
トランプさん、ぶち上げましたね

「彼らはアメリカ国民を守ってきませんでした」って。

「政治家は繁栄してきたけれど、国民はその富を共有していない」って。

(`д´ )ゞ ラジャッ!!ソノトオリ!!!


ブッシュ大統領一家は、
フィリピンのマルコスの亡命と引き換えに金の延べ棒と宝石を強奪したあげく、
サウジ王室とビンラデンと組んで、麻薬資金洗浄をしながら、
テロリストを養成して、「テロとの戦争」で莫大な利益を得ている
・・・・
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/746.html

( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!!ホッ,ホントナノ???………

911アメリカ同時多発テロ事件は・・・・という話もありますし・・・・


クリントン元大統領とヒラリー・クリントンは、

「クリントン財団」という事実上の政治資金団体の暗い噂
とりわけ赤い中国から意味不明のカネが振り込まれていたことは
多くのアメリカ人が知っている。
選挙中にビル・クリントンとヒラリーが司法長官を飛行機に呼びこんで、
三十分の秘密会談をもったが、
これは明らかに司法長官に圧力をかけたと言われた。
これほど腐敗した夫婦はない
かれらは中国のエージェントとなってアメリカを売った売国奴だ、
と共和党のタカ派が騒いでいた。
《2016・11・24 宮崎正弘国際ニュース》

(_△_;ガァーーーン!!

日本のメディアはこぞって、ヒラリーさん勝利、って言ってたよね・・・・・


《トランプが大統領選挙に勝利した2016年11月のときの
『余命三年時事日記』への桜丸氏の投稿記事》

大統領選当日米TV局の放送を見ていたのですが、
最初はヒラリーで決まりとタカを括って
キャスターもゲストも余裕しゃくしゃくだったのが、
トランプ氏の優勢が迫って来るとキャスター及びゲストのコメントが、
トランプ氏を選んだ民衆の悪口に変わって行ったのには笑いました。
米マスコミはどうしてもヒラリーに成って欲しかったんでしょうね。
その為に新聞TV他様々な媒体を使ってヒラリー当選の工作をしたのに、
それが叶わなかったのは民衆がバカだからだと決め付けたかったようです。

《余命翁のコメント》
......古い読者はご存じだと思うが、
余命には中国にも欧米にも情報網を持っている。
そこからは、僅差かもしれないが、
「100%トランプが勝つだろう。負けることはない」という
信頼すべき情報がはいっていた。
いちいち理由を挙げると一冊の本になるからここではとりあげないが、
民主党の政策が国民本位ではなく、不法移民側に寄っていたことが
職を奪われ貧困層になった白人層の反発を招いたということだろう。
米は、はじめは移民の国だが、今は米国人がいる。
米国の主体は黒人でもヒスパニックでもアジア系でもない白人なのだ
民主主義国家というのは建前だけで、実際の民族差別は半端ではない。
過去ログで、その実態について触れたことがある。
売春婦の取り締まりの報道についてだが、
護送犯が黒人の場合手錠はかけない。
ヒスパニックの場合はかけることがある。
そして韓国人の場合は手錠に足輪までかけた映像が流された。
問題は取り締まりの警察官の対応だけではなく
テレビというメディアが単にニュースとして流していたということだ。
売春婦は犯罪者ではあっても奴隷ではない。
だがそれが当たり前のような社会が米国の実態なのである。
黒人大統領の8年間で民族問題の改善が進んだと思う米国人は一人もいないだろう。
民主党政権で国民の生活が豊かになった思う人間もいないだろう
ましてや弱者の民主党の候補が対立共和党のトランプよりも10倍もの選挙資金を持っているという
ある種の矛盾は解決のしようがなかったのである。
富豪トランプは選挙においては貧乏だったのだ。
この労働帰属の問題は日本にも当てはまる。
左翼もメディアも発狂気味だが、
彼らが自作自演で踊っているだけで、国民はあっけらかんとしている。
株価の乱高下も持ってない者には関係がない。
1000円下がれば明日は1000円上がるだろう。
在韓米軍撤退も規定の方針で、
日本の核武装も関係議会では堂々と議論されていた問題で、
もう10年も前から日本の自主防衛、核武装は容認がシナリオであった。
ノーベル平和賞のオバマは口に出すことができなかっただけの話で
トランプだからどうのこうのという問題ではない。
オバマは軍からはとうに見捨てられていたのだ。
この関係では、安倍総理は保険をかけている
日本のメディアは報じていないが何重にも保険をかけている。
当然と言えば当然の話である。
【1288 トランプ特集3】より
『余命三年時事日記』 2016年11月13日



【ワシントン支局】
米ワシントンで20日昼(日本時間21日未明)に開かれたドナルド・トランプ大統領の就任式をめぐり、
市内で起きたトランプ氏の就任に反対するグループによる暴動で、
米CNNテレビは20日午後、警察が90人以上を拘束したと報じた。
同日午前11時前に最初に報じられたデモは、
黒服に身を包んだグループが過激化し、店舗の窓ガラスを割るなど騒ぎが広がった。
グループは「トランプはまっぴらだ」などと叫びながら市街地を練り歩き、警察と小競り合いを起こした。
http://www.sankei.com/world/news/170121/wor1701210039-n1.html



「反トランプデモの仕掛け人は?」

アルバイト動員のドサ回りデモ
こうした「反トランプ暴動」、「反トランプデモ」 のほとんどは自然発生的なものではなく、
莫大な資金を投じて組織的に展開されている “演出イベント” である。
報道記者はこのことを報道すべきなのである。
日当をもらってバスで運ばれて各都市を “地方巡業” している 有給の暴徒集団 なのである。
その多くはメキシコ人などのヒスパニック系で、
今回の選挙でも選挙権のなかった連中が、不法移民に厳しい政策のトランプの当選に業を煮やして、
金をもらって大暴れして憂さを晴らしている のが実態である。
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/5f153aa0d1c6110d045823f43d69d098

この資金の出所は、著名投資家のジョージ・ソロス・・・・・・

【反トランプ抗議行動への参加者には手当て(月額28万4000円)が支給されている=米紙が暴露】

トランプ次期米大統領に反対する抗議行動への参加者には
毎月2500ドル(およそ28万4千円)の手当てが支給されている。
ワシントン・タイムズ紙がこの情報をすっぱ抜いた。
http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/2017/01/%E5%8F%8D%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%8A%97%E8%AD%B0%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8F%82%E5%8A%A0%E8%80%85%E3%81%AB%E3%81%AF%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%A6%EF%BC%88%E6%9C%88%E9%A1%8D/


ドナルド・トランプアメリカ大統領
1946年6月14日 10時54分 ニューヨーク生まれ
太陽・双子座  月・射手座  生まれた時間・乙女座
火星・獅子座  金星・蟹座
日干支・己未  子丑天中殺



トランプ大統領は現在70歳
大運は、68歳より辛丑

トランプ大統領は、己土・大地なので、
ご自分は変わりませんが、
大運が辛丑になったことで、
雲龍の雲ができて、
周りがどんどん変化させられていきます。


その運気のトランプ氏が大統領になった、ということは、
本当にアメリカが変わるのだろうな、と、思います。

実際、
トランプ大統領は、就任式を終えた20日に、
オバマケアを撤廃するための大統領令に署名しましたし、

「Protection will lead to great prosperity and strength」
保護貿易(保護主義)が、偉大な繁栄と強さを導く
と、演説したとおり、

TPPからの離脱も宣言しました。


グローバリズムなんて、糞食らえ、ですね。

「国家」という家があるからこそ、私たちは守られている、

イギリスもEUというグローバル世界から離脱しましたしね

(b^ー゚)!!(゚∇^d)~~ ベリーベリーグッド


就任式の左翼の暴徒化も、予想の範囲内のようですが、

日支の未と、大運の丑冲動になるので、

トランプ大統領の改革は、すんなりとは行かず、
いろいろとガタガタするのだろうと思います。

なにせ、既存の権力者から権力をもぎ取る作業ですから、
当然、抵抗は予想されます。


しかし、トランプ大統領は、

射手座の月が、双子座の太陽を見つめて、内省をうながし、
善意の人、謙虚な人となりを作っておられますし、

また、獅子座の火星と、
天秤座の木星が、
太陽と月、それぞれに吉座相
を作っていて、

困難にぶつかっても、諦めず、
それに負けない行動力をもたらしてくれるでしょう。

政権をアメリカ国民の手に戻す、という公約を、
必ずや実現させてくれるのではないでしょうか。


そういえば、
抗議行動に資金を出していると言われるジョージ・ソロスさん、

トランプ大統領になったら、株価は下がると予想して、
10億ドルの損を出したそうですね。


で、日本は?・・・・

安倍総理は、幾重にも保険をかけてある、とのこと。
☆^(o≧▽゚)oニパッ

だいじょうぶそうですね。



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?