橋下徹氏が明言!森友学園に「はしごをかけたのは松井氏ではなく僕!」①

 11, 2017 18:42
橋下徹氏が森友学園問題で告白
「はしごをかけたのは僕」2017年3月28日 12時2分

橋シタ徹


[当時大阪市長として各分野の規制緩和を進めていた橋下氏は、
大阪府が私学の審議会で、
森友学園に対して審査の甘い条件付き認可を出したことを認める

「ここにはね、僕の意向、忖度(そんたく)がありました」と、
自身に対する役人の忖度があったことを明言した。]

やっぱり認可は出されていた・・・・
d(ー.ー )ホラネ、ハシゴハ掛ケラレテイタ


[さらに、大阪府が受け入れを拒否した私学について
「職員を呼んで『おかしいじゃないか!』って、
かなりキツく言ったこともありました」
と、発言を続けた。
このように新しい学校の誘致に強気だった橋下氏に、
当時の大阪府庁、大阪市役所の職員が
「できるかぎり私学(の申請)を却下しないように一生懸命やっていたのは事実」だと認めたのだった。

この告白を聞いていた杉村太蔵氏が
「それは忖度なんですか? 指示じゃないんですか?」と詰め寄ったが、
橋下氏は「僕は具体的に指示は出してない!」とそのことは強く否定していた。]

(・"・;)エエエッ???
「きつく言」われたら、部下は指示されたと思うよね?

だけど、さすが弁護士・・・
「具体的に」は出していない、と、逃げましたか・・・・


[さらに、
「正確には松井知事と橋下前知事がはしごをかけた?」と質問すると、
橋下氏は
「いや、松井さんじゃなくて、僕でしょ。はしごをかけたのは」と答えたのだった。]

(゚0゚*)ワ--ッッ!!!スゴイ!
松井さんをかばって矢面に立つんですね、橋下さん・・・・


[橋下氏は
「森友学園のようなところもね、私学審議会の受付けができるようにしたのは僕ですよ」といい、
「はしごをかけた」というのは
あくまでも「規制緩和をしたこと」という意味であると説明している。

しかし、橋下氏は
「僕がもし森友学園からお金をもらっていたとしたら逮捕してください」と豪語し、
そのことを否定。一連の騒動に事件性はないと明言した。]
http://news.livedoor.com/article/detail/12857550/


「忖度」の「忖」という感じは、
「忄」は「心=こころ」で、
「寸」は手の脈をはかる、長さを測るで、
相手の気持ちを推しはかることです・・・・

籠池理事長の、どういう気持ちを推し量ったのでしょうね・・・・


2011年11月の大阪府知事・市長同日選挙のとき、
松井 橋下 籠池
松井一郎氏に、橋下徹氏、そして、籠池諄子さんが見えますね。
諄子さんの右奥のスーツにネクタイの男性は畠元衆議院議員のようにも見えますが・・・

森友 松井・籠池
籠池氏が、松井知事の選挙スタッフだったようですね。
ということは、橋下さんも応援したわけで・・・・

職員に「きつく」言ったくらい森友学園に肩入れしていたのに、
選挙の応援もするくらいなのに。
献金て、なかったんだ・・・・
( ̄- ̄)フーン・・・・


なるほど・・・
森友学園の籠池理事長が、国会の証人喚問で、
最も怒りを覚える政治家は、と、問われて答えたのは、
「大阪府知事!」でした。
他には、と問われても、「大阪府知事!」

「松井府知事」と答えなかったのは、
元橋下府知事のこともはいっていたからなんだね・・・・


《日本一の売春街飛田の顧問弁護士 
橋下徹大阪市長の闇》 2015年11月18日

実力も人気も№1のコメディアン島田神助が飛田遊郭に通っていて
飛田新地の管理売春業者の顧問をしている面白い弁護士を見つけて
読売系テレビに売り込んだのが政治家橋下徹の原点だった。
もともと、橋下徹が世に出てきたのは、
紳助が司会を務めていた『行列のできる法律相談所』(読売系列の日本テレビ)への出演がきっかけ。
茶髪のチャラい弁護士として、
品の無い毒舌で司会の暴力タレント紳助と丁々発止とやりあった姿が、
視聴者に強烈なインパクトを与えたが、
触れてはいけない汚物(橋下徹)に光を与えたのが
島田神助とテレビ(読売)だった。
香具師の葛飾柴又の寅さんの啖呵のように
裏社会のチンピラヤクザが表社会で本音を語れば、
確かに面白いことは面白い。
ところが、基本的にそれは『掟破り』(ご法度)である。
映画や小説の様なフィクションなら良いが
橋下の維新の会の様なリアルな現実では到底笑えない。
今年5月17日『負けたら政界引退』と公言して実施した
大阪都構想の住民投票で敗北し
『大変幸せな7年半でした。本当に悔いはない。
政治家は僕の人生から終了です』といっていた橋下徹大阪市長(45)ですが、
半年後には新党『おおさか維新』を立ち上げ
知事と市長のダブル選だと言い出した。
民主主義の原則を歯牙にもかけない傍若無人な橋下徹の言動を、
『何かの政治活動だ』と見れば限りなくファシズムに近いが、
実態は品性下劣なチンピラが不真面目にも政治ゴッコをして遊んでいるだけ。
いくらマスコミが煽ったとしても
日本国の法令とは無関係な裏社会の住人であるヤクザ(橋下徹)には、
基本的に議員にしろ首長にしろ
如何なる公職にもつく資格が最初から無いのである。
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/e12eb1f3a9bd7fac3cd06030afa2a79b



2013年6月1日 『レックの色々日々』
《ヤクザの息子、不倫、売春街の弁護士・・・橋下氏の素顔》

ノンフィクション作家の上原善広氏が月刊誌の『新潮45』に寄稿した
「最も危険な政治家 橋下徹研究」だった。
上原氏は
安中にある墓所には橋下徹から三代前の曽祖父の名が刻まれている」と書いた。
「代々住んでいたわけではない」とする母親のインタビュー内容を覆す事実だ。
決定的証言は橋下市長の叔父、橋下博焏(ヒロトシ)氏の口から出た。
スキンヘッド姿で土木・設備工事会社を経営する叔父は、
同和事業の利権に絡むやくざの出身だった。
その息子は金属バットで殺人事件を起こし、服役した前歴がある。
「アニキが入ってたんは土井組や、
わしも入っとったけど、今はもう解散してない」(博焏氏)
橋下市長の父親と叔父はいずれもヤクザで、
安中で生まれた同和出身者だった。

昨年10月に波紋を起こした「ハシシタ・奴の本性」と題する週刊朝日の暴露記事はもっと具体的だ。
「ノンフィクションの巨人」と呼ばれる佐野眞一氏は
之峯氏(橋下徹の父)の遠戚の証言をこう書いた。

「(けんかが)強かった。相撲も強かった。
何でそんなに強いのって聞いたら、
『奈良の少年刑務所で相撲しとった』って言ってた」
「(大阪府の)柏原に土井組系の津田組というのがあった。
そこの若い衆をやっとった」
(入れ墨をしていたかとの質問に)
「若い頃はちょろちょろっとミッキーマウスの漫画のようなものしとった。
でも、自殺する10日前に安中の銭湯で会ったときはすごい入れ墨やった。
そんときワシ『あんなんその体?』って聞いたんや。
そしたら、おっさんが
『ちゃうがな。これはお前、彫師にカネ貸しとって、取りに行ったらカネない言うから、
これ(入れ墨)で返しよってん』
って言うんや」
http://blog.livedoor.jp/j1bkk/archives/2060140.html

ヾ(▽^ )ゞアハハハ


『週刊文春』(2011年11月3日号)によると
「橋下の実父は、とある関西地方の山裾の寒村の被差別部落の出身」という。
つまり橋下は被差別部落にルーツがある。
その寒村の橋下姓の老婆は
「昔は“橋下(ハシシタ)”という家が六十軒ぐらいあった。
大概の者は名前を“橋本”に変えて出て行った
と聞いている。」と述べた。
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-2260.html

そう、父親がやくざであっても、
安中の同和出身者であっても、
本人がしっかりした人なら、別に何も問題はないのだけれどね・・・・・

(*゚.゚)(*。。)ウンウン


でも、ちょっと不思議なのは・・・・

wikipediaから・・・
学校での成績は芳しくなく
現役時代には早稲田大学を2学部受験するも、不合格に終わった。
卒業後、一年間の浪人生活を経験。
早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。
早稲田大学政治経済学部を卒業した1994年に司法試験に合格

Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!?

超難関の司法試験を、
経済学部経済学科を卒業した年に一発合格って???
いくら早稲田大学であっても、そりゃあ、ないよねー、
学校での成績はかんばしくなかったわけだし・・・・

これって、超難関司法試験の一次試験免除で、
二次の面接のみ、ってやつですか???
○○特権とかって、言われてるやつってこと???


[橋下氏の弁護士としての経歴に問題があることは、
橋下氏を現在最も痛烈に批判しているのが、
96年当時に法律事務所で橋下氏の「親弁(指導役の弁護士)」だった
人権弁護士、樺島正法氏である点からも分かる。

樺島弁護士は講談社の雑誌『g2』に掲載された記事で、
橋下氏についてこう振り返った。
「優秀だった半面、金銭に対する執着心も感じた。
国選の刑事事件などは避け、
損害賠償保険の交渉業務など、金になりやすい紛争を好んでやっていた気がする」

 「(同和問題に関する訴訟で)同和地区に住んでいたけど、私は同和じゃなかった。
だから、補助金ももらえなかったし、深く恨んでいる。
私は同和問題はやりません』と言いだした」
http://blog.livedoor.jp/j1bkk/archives/2060140.html


橋下さんは、同和=被差別部落出身者ではないんでしょ?
同和じゃないから補助金もらえなかったんでしょ?

だのに、なぜ、「恨んでいる」の???
それも「深く・・・」って???

そりゃ、同和出身者なのに、補助金がもらえなかったのなら、
それは、「深く恨む」のは当然だと思うのだけど、
違うのだから、
もらえないのが普通だし・・・・

それにしても、
弁護士の経歴に問題あり・・・って?

②に続く・・・・




 
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?