小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。今の癌治療への疑問を呈しつつ・・・・

 24, 2017 19:09
歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん、

小林麻央1

2014年に乳がんがわかって、闘ってこられましたが、
2017年7月21日に容態が急変されて、
翌22日夜に、自宅で亡くなられました。

謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

(-∧-)合掌 m(゚- ゚ )祈リマス


2016年6月9日に、
夫の市川海老蔵さんが、闘病中であることを発表されたあと、
当ブログでも、麻央さんが早く治られることを祈っておりました。

http://uranaiwanko.jp/blog-entry-136.html


2年前、32歳の時に、私は乳癌であることを宣告されました。
娘は3歳、息子はまだ1歳でした。
「治療をして癌が治れば、元の自分に戻れるのだから、大丈夫!」と思っていました。
けれど、そんなに簡単ではありませんでした。
今も、私の身体は、がんと共にあります。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955


これは、BBCに寄稿した小林麻央さんの「色どり豊かな人生」の冒頭です。

癌が発見された2014年のときの麻央さんの命式

        乙 甲
甲 甲 乙 丁 壬
午 辰 巳 未 戌


左から年運・大運・日干・月干・年干で、
年干と月干の「壬」と「丁」は干合して変化し、
それぞれ、「甲」と「乙」になります。

天干がすべて木性になって、
地支には土用の辰・未・戌の土性と、
「巳」と「午」の火性で、地支が燃えさかる「火」の状態となって、
天干の木性が焼かれる状態で、
その火を消すための水が一切なかった年でした・・・・


それまで私は、
全て自分が手をかけないと気が済まなくて、
全て全てやるのが母親だと強くこだわっていました
それが私の理想の母親像でした。
けれど、病気になって、
全て全てどころか、全くできなくなり、
終いには、入院生活で、
子供たちと完全に離れてしまいました。
自分の心身を苦しめたまでのこだわり
失ってみると、
それほどの犠牲をはたく意味のあるこだわり(理想)ではなかったことに気づきました。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955


何時から何時までと決まった時間の仕事ではないテレビの仕事を抱えながら、
子供たちだけでなく、夫のことまで、
すべてやろうとしておられたようですね。

身体も気持ちも酷使されておられたのでしょうね・・・・


天干が焼かれてしまい、
自分自身である日干の「乙木」が燃えたのでしょうか・・・・

乳がんが見つかったのは、この年の10月でした。

この火を消す水がなかったのが残念でなりません・・・・・

。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。悔シイ・・・エーン


麻央さんのホロスコープ、
9月に記事を書いたときは、月・獅子座で考えていましたが、
もしかすると、月は蟹座?だったのでしょうか・・・・・
この日の午前7時35分までが蟹座で、それ以降が獅子座となります。


麻央さんの生まれた時間がわからないので、なんともですが、
麻央さんの太陽蟹座だけでなく、
もしかしたら、
女性そのものである「月」が
凶星三羽ガラスの「土星・火星・冥王星」にいじめられていたのかも知れません・・・・・

蟹座自体が、母の宮の星座ですから、
女性特有の場所がやられる、ということは充分に考えられます・・・・・


そして、これも9月ときの記事には書けませんでしたが、

今年の7月21日の誕生日は、
大運が変わる節目であり、
「甲癸の境目」が来ていました・・・・・
人生の大きな節目を迎えていたのです・・・・・

それを迎えるほんの少し前に麻央さんは・・・・・

。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

【注目】
ここで、ちょっとご理解いただきたいのは・・・・・
これまで、何度もお話していることですが、

私がお話しているのは、
「占いの当て物」ではなく「占星学」です。

麻央さんと同じ日に生まれた方は、たくさんおられますし、
同じ時刻に生まれた方もおられるはずです。
その方たちが、麻央さんと同じように
乳がんになって、人生を閉じてしまったか、と言うと、
そうではありませんね。

同じ命式であっても、
その人がどう生きて、その命式を生かしてきたか、
または、そのときの運気に気づけたか・・・・・
それに、環境も、遺伝子も、違います・・・・・

運命もありません・・・・

その人その人が、その命式、その運気のなかで
どう生きてきたか、生きているか、だけです。

それを頭において、命式の解説をお読みいただければ、と、思います・・・・

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス


さて、
隠れるように病院へ通い、周囲に知られないよう人との交流を断ち、生活していた麻央さん・・・・・

2016年、緩和ケアの先生の、
「がんの陰に隠れないで」の言葉で、
麻央さんは、闘病をBlogで公表し、
自ら、日向に出る決心をされました。


何かの罰で病気になったわけでもないのに、
私は自分自身を責め、
それまでと同じように生活できないことに、「失格」の烙印を押し、
苦しみの陰に隠れ続けていたのです。
(中略)
(だけど)家族は、
私が彼らのために料理を作れなくても、幼稚園の送り迎えができなくても、
私を妻として、母として、以前と同じく、認め、信じ、愛してくれていました。
私は、そんな家族のために、
誇らしい妻、強い母でありたいと思いました。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955


蟹座の女性は、さすが、強いですね。


実は・・・・

うちのわんこのモナ(ポメラニアン・2キロ)は、
麻央さんに抱っこしていただいた
ことがあります。

IMG_0872.jpg


テレビのロケで我が家の近所に来られたいたとき、
散歩で歩いていた3匹を見て、
麻央さんが、かわいい、と、言葉を発してくださったのです。

「えっ!かわいい!って?」

と聞いて、すぐに反応したのが、
腹の天将星のヨークシャテリアのマリィ。
すぐに、麻央さんの傍に寄っていきました。

マリィに負けじ、とやるのが、モナ・・・・

甘えん坊の獅子座のモナは、
後ろ足で立ち上がって、
麻央さんの足を、前足でカシカシカシ・・・・・

麻央さんが、
「えっ、何か言ってるの?この子」とおっしゃるので、
抱っこしてほしいと言っていることを伝えると、
麻央さん、
モナを抱いてくださいました。

携帯があったら、写真の一枚でも、と思いましたが、
持ってなくて、本当に残念でしたが(ToT)

私にとって、忘れられない人生の大事な一コマです・・・・・

ですから、余計に麻央さんのご病気を聞いて、
治られることを、祈っておりました・・・・


麻央さんは・・・・

病気になったことは私の人生を代表する出来事ではない、

私の人生は、
夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、
色どり豊かな人生だからです。

だから、
与えられた時間を、病気の色だけに支配されることは、やめました。
なりたい自分になる。
人生をより色どり豊かなものにするために。
だって、人生は一度きりだから。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955


5月24日の記事でご紹介した
「トータルケア太陽」の、中尾和人先生は、
治らない病気はない、と、おっしゃいます。

中尾和人3


「死去で思う
何で彼女は死んだのかな?

おそらく一般市民である僕たちよりはお金はたくさんあったはず
当然、良いといわれる先生に治療を任せていたはず

でも、それではだめなのか?
とりあえず根本がダメなのが今の日本です。
基がダメだからみんなだめだよね。
悩みのないところにはお金は発生しませんから。

本当のことは簡単ですよ。

とりあえず、
ガンには糖分はダメですよ
Pet診療を知っている人なら入院での点滴に疑問を持つはず

僕はこういうひとつひとつを少しづつ変えたい!
心身療法士 中尾和人
https://www.facebook.com/トータルケア太陽-1435162956732591/


癌になったら、点滴はだめ~!!!!!

Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!?


・・・・でも、言われてみたら、そうだよね・・・・

増殖する癌に栄養与えてどうするの???


そうなんです・・・・

もし、麻央さんが、中尾和人先生と出会っていたら、
命の終わりの日を迎えることがなかったかも知れない・・・・・

実際に中尾先生の施術を受けた私は、
ほんとうに、ほんとうに、そう思います・・・・

麻央さん、どうぞ、安らかにお眠りください

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?