生田與克さん、怒りの住民訴訟!豊洲市場は安心・安全で、建設費6000億に都民の税金使っていません!

 07, 2017 16:33

小池都知事は、2016年8月31日に、

老朽化して、アスベストもまだ残る築地市場

最新設備の整った豊洲新市場に移転することが決定していたのに、

なんと、独断で中止してしまったことは

これまで何度もお伝えしてまいりましたが、


その決定に対して、

築地卸市場内マグロ卸の有限会社「鈴与」の

3代目社長・生田與克さんがおかしい、と、

起こしてくださった住民訴訟

それを、今日は取り上げたいと思います。


生田よしかつ 鈴与 

生田與克(よしかつ)さん・築地の「鈴与」前で


生田よしかつ氏のFBより・・・


#小池知事に受けて立って頂いた 

住民訴訟の第1回口頭弁論期日でのオレの意見陳述全文です。


生田よしかつ 住民訴訟 



《意見陳述》

平成29年9月15日  原告 生田與克

1 この度は、意見陳述の機会を与えていただき、有難うございます。
 以下、本件訴訟の提起を決断した私の意見を述べさせていただきます。
 本件訴訟の原告は数名ですが、

 多くの都民が私と同じ意見を持っていると確信しております。


ヽ(~-~(・_・ )ゝ都民ミンナデ応援シテマース


2 小池知事は見たこともない都政を行うと公言しておりますが、

 まさにそのとおりだと思います。

 ひどいという意味で、です。

 小池知事は昨年知事に就任すると、

 特に確証もないまま

 既に決まっていた市場移転をひっくり返してしまいました。


┻━┻~☆ ヽ(´∇`ヽ)エイッ!


 市場の移転は、いわば100年に一度の大プロジェクトです。

 数年前から都庁をはじめ業界団体を中心に協議を重ね、

 2016年11月7日の移転に備え準備をしていたにもかかわらず、

 ほんの3カ月前になって延期を決定してしまいました。

 小池 豊洲移転延期


 この決定も、議会に諮ることはせず、

 数人の取り巻きの意見を聞くだけで、

 独断に近い形で安易に発表されたものです。

 民主主義の根幹を揺るがすものと言わざるをえません。



3 そもそも市場の整備は、我々市場で働く者だけでなく、

 市場行政に携わる人々の長年にわたる悲願でした。
 ここで、簡単にではありますが、

 豊洲移転が決定されるまでの経緯について述べさせていただきます。
 

 最初は、昭和35年以降、大井市場(現大田市場)への移転計画が進められました。

 しかし、この計画はとん挫し、

 築地市場での営業を行いながらの現在地再整備が決定され、工事が始まりました。
 しかし、これも計画の甘さが露呈し

 結局途中で頓挫してしまいました。

 その間、我々市場業者は決して指をくわえて見ていただけではありません。
 市場内の同業者で同じ商品(魚)を扱っているにしても、

 その業務運営、経営はそれぞれであり、百社あれば百通りのやり方があります。

 違う商品(魚)を扱っているとなれば、なおさらです。

 仲卸業者にいたっては、かつて1000業者、現在でも550業者以上あるのです。

 だいたい中小零細企業の経営者というものは、

 寅さん映画に出てくるタコ社長のごとく、

 訳の分からない能書きをこく、頑固おやじばかりです。


寅さん タコ社長 


 その人たちが経営する店が1000を越えているのです。

 これを取りまとめるというのは

 至難の技であることは容易に想像できると思います。
 しかし、我々の先輩たちは、

 時には胸ぐらをつかまんばかりの激しいやり取りをし、

 時には涙を流し、

 折れるべきところは涙を呑んで折れ、

 ようやく2016年11月7日、豊洲市場開場というところまで漕ぎ着けたのです。



《3分でわかる!豊洲市場 by生田よしかつ》


 これまでに至る年月は30年以上に上るのです。
 確かに時間がかかり過ぎたことは否めませんが、

 これに至るまでには

 市場行政に携わる都の職員の誠実な協力があったことは言うまでもありません。

 いわば官民が協力し合い、

 やっと成し遂げられる寸前まで来ていたのです。

 私としては、このような

 市井の人々の目立ちはしないが地道にコツコツ積み重ねてきた努力を、

 自身のパフォーマンスのためにないがしろにした知事を、

 どうしても許すことができません。


4 その上、

 市場移転先への根も葉もないデマ、心無い言葉によって

 風評被害まで引き起こしてしまいました。

 知事は、風評被害払拭のために先頭になって…と言いましたが、

 いまだに具体的なことは何一つ行われていません。


小池 豊洲 風評被害 

〈豊洲の風評被害はアテクシが払拭しまーす!2017/9/9〉


 そこにも市井の人々がいる。

 ある人は子育てをするために、またある人は終の棲家として。

 皆それぞれがその地に根を下ろし、夢を描いていたのです。

 そのささやかな夢さえも、

 いとも簡単にぶち壊してしまったのが、小池知事です。

 まさしく無責任の極みと断じて余りある行政を行っているのです。


生田 小池もてあそぶ 



5 話を市場移転に戻します。
 行政と我々が真摯な努力を積み重ね決定してきた市場移転を、

 知事は次のような理由で延期としました。
 ① 一つ目は安全性の問題
 ② 二つ目は高騰した建築費の問題
 ③ 三つ目は情報公開の不足


小池 移転延期表明 


 しかし、一つ目について言えば、

 今に至っては触れる必要がないほど、豊洲市場の安全性は明らかになっています。


》とにかく反対して、

豊洲移転を止めさせて、オリンピックを潰したい、と考える

日本共産党とその一派が、マスコミと一緒になって、

地下ピットにたまっていた水を問題にして、

「猛毒のヒ素が、環境基準の4割も出た」と騒ぎました。


これをテレビで放送したので、

日本中が豊洲は安全ではない、と思ってしまったのです・・・


だけど、よっくよく考えてみたら、

4割、って、環境基準値の半分にもなってない数値なんですね。


で、環境基準値というのは、


「毎日20リットルの水を70年間飲み続けて、

70年後に10万人に一人がガンになる、という値」だそうです。


ここまで厳しい値を取っているのが、日本の環境基準値です。


(ノ゚ο゚)ノ ヒエッ!スゴイ、スゴスギル・・・


この環境基準値の0.4しか出ていないのです、豊洲市場では!


つまり、文句のつけようがないくらい、

豊洲市場の土壌は、無害化されているということなのです。




〈生田よしかつさん講演「豊洲は安全です」


》》そりゃ、そうですよ!

共産党が、ン十万倍のヒ素が、とかって、かみついてくるので、

石原慎太郎元都知事

「じゃあ、きれいにしてやろうじゃないの」って、

徹底的にきれいにしてしまったのです。


だから、舛添知事は、豊洲市場の安全宣言を出せたのです。

そう、豊洲市場は、本当に、安全なんです。

安全なら、安心ですよね。


それを、「安全と安心は違う~」って、緑のたぬきおばさん・・・・


コラ!( ̄⊿ ̄)o"三

それって違うだろー!


築地のほうがよっぽど危ないのに・・・・


〉〉〉やはり出てしまった-。

東京都が行った築地市場(中央区)の土壌調査で、

30カ所で採取した土から土壌汚染対策法の基準値を超える

水銀や鉛、六価クロム、ヒ素、フッ素の5種類の有害物質が検出されたと発表した。

「安全」でも「安心」でもなくなった築地。

豊洲新市場(江東区)への移転を遅らせている小池百合子知事だが、

これでも決断しないのか。(夕刊フジ)

2017/5/31 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/170531/plt1705310030-n1.html



 二つ目について言えば、

 これについては都議会で百条委員会まで開かれましたが、

 何もやましいことは出てきておりません。

 もっと言えば高騰した建築費などは、

 都庁内で伝票と意思決定のプロセスを精査してもらえば良いことであって、

 移転を延期する理由にはならないのです。

》》6000億円かかった建築費ですが、

10月10日夜の安倍総理をお迎えしてのAbemaTVで

有本香さんがおっしゃってました。

豊洲市場を作るのに、都民の税金は一円も使われていません。

築地市場を売ることで、これを捻出できるように試算されていたのです。


ところが、小池都知事は、

豊洲に移転する、だけど、築地は残す、と言って、

この計画自体をパーにしただけでなく、

延期することで、日々多額の都税が垂れ流しされている・・・・


(≧σ≦)ヤメテー!


小池 劇場 有本香

有本香 「小池劇場が日本を滅ぼす」


》なのに、小池信者の人たちは、

「この多額の6000億を見直すって、言ってくれた小池さんてすごいなあ・・・・」

って、感動されているようなのですが、

これって、まさに共産主義のプロパガンダですよ、

だって、嘘だもん、

そんな彼等の術中にどうしてはまる???


”(*>ω<)o"ウー!気ヅイテホシイ



 三つ目について言えば、

 これはもう意味不明、理解不能です。

 情報公開と移転延期は何ら関係のない話です。


「情報公開したかったら、すりゃあいいじゃん!」(by生田)


6 このように言いがかりにも近い理由で移転が延期されたことによって、

 いまや市場業者のみならず、都民にも迷惑が及んでいるのです。
 

 移転延期によって、毎日500万円の税金が無駄になっていると言われています。

 これに老朽化している築地市場の改修費、

 また五輪を控え計画されていた環状2号線工事の見直しに伴う費用を考えれば、

 その被害額は計り知れない額になることは明らかです。


東京都が今年4月18日に豊洲移転延期に伴う経費を発表しましたが、

それによると、この日までに95億円・・・

日割り計算で、18日分が4億100万円とのこと。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H95_Y7A410C1CC1000/


で、日割り計算してみました・・・・

4億100万円÷18日=22277777円

一日、2228万円也~

http://uranaiwanko.jp/blog-entry-263.html


( ̄■ ̄;)!? ゲーッ!!!


小池 血税 

そうすると、2017年5月1日で、115億625万円、

2017年12月1日になると、255億7675万円・・・


で、豊洲移転予定が、2018年10月1日とか言われていますので、

合計、約455億円・・・・


これって、延期しなかったら、一切かからなかったのです。

小池都知事が延期したから、かかっているのです。


もちろん、都民の血税です!

毎日垂れ流しです・・・・


それに、環状二号線建設費用やら、

豊洲新市場に計画されている観光施設

「千客万来」を担う民間事業者、万葉倶楽部への賠償額などいれますと・・・・


豊洲 賠償 860億 



7 環状2号線に関しては金銭の問題だけではありません。

 環状2号線工事がとん挫すれば、

 選手村から都心へのアクセスは晴海通り一本のままです。

 渋滞に巻き込まれ、競技が予定どおり行えない可能性すらあります。

 環状2号線の問題は世界の人々をおもてなしすること、

 また地域住民の生活を阻害する要因になりつつあるのです。


環状二号線 晴海 


w(゚o゚)wワーオ!


築地と豊洲って、目と鼻の先ってくらい近いんだね!


ところが、今、こういう状態・・・・


環状二号線 開通困難 

〈環状二号線、五輪前開通困難

・・・都、築地区間の予算盛らず〉 

2016/11/18 毎日新聞

http://mainichi.jp/graphs/20161118/hpj/00m/040/004000g/1



8 首都東京でこのような行政が行われていることによって、

 都も国も大きな損失を被っています。
 私はそれを止め、正しい行政が行われるよう願ってやみません。
 裁判所に置かれましては、庶民の声を汲んでいただき、

 正しい方向に向かう道しるべを示して頂きたいと思います。

 以上


小池 受けて立つ 





生田 住民訴訟 忖度しろ 


こんなに酷い都政をやっている小池都知事に対して、

都民を代表して、訴訟を起こしてくださった生田よしかつさん!


私たちはなにもお手伝いできませんが、

せめて、応援だけは精一杯したいと思っています!

がんばってください!

許さないぞ、小池~!

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?