安倍総理の「日本再生」シナリオの中で踊った小池女史と、大型ゴミを集めたラン台風⑧

 25, 2017 20:33


2017年10月22日投開票の衆議院選挙

衆議院の総議員数を10人減らしているのに、

自民党が安定多数を占めることができて、ほんとうによかったですね。


そして、余命翁

〉〉〉安倍総理のシナリオ「まず民進党をつぶす」は実現しそうだな。

「1925 2017/9/29アラカルト②」


これも、「つぶす」まではいきませんでしたが、


〉〉〉台風が大型ゴミを吹きだまりに集めてくれた

 小沢、枝野、志位は立件が難しく見送っているが、

 その他はすべて第六次告発

外患罪及びテロリストとして告発されている。

1976 2017/10/23アラカルト


~(^◇^)/アハハ 大型ゴミ、ダッテ!


民進党から「排除」したいリストの15人を含む人たちは、

「立憲民主党」と急ごしらえの党に、移ってくれましたね。


そして、その他は、


〉〉〉第六次告発状概要にリストアップされた

 在日や反日勢力、政治家のほとんどが壊滅状態に追い込まれている。

 選挙が楽しみだね。

「1925 2017/9/29アラカルト②」


そのリストをまず、挙げておきますね


第六次外患罪・テロ等準備罪告発リスト

「1921 第六次告発確定概要」


〉〉〉すでに日本の司法は機能しておらず、

第六次告発も門前払いの可能性が高いが、

今回は2016年6月5日と2017年7月16日

川崎デモの動画とともに、

川崎デモ 


のべ数千人をこえる写真とリストが国際機関に情報提供される。
北朝鮮情勢が緊迫する中で、

テロ実行者だけではなく、

朝鮮人学校補助金支給要求声明という

明らかな憲法違反である利敵行為を推進する団体や

テロリストの活動を支援するツイッター社のような組織は、

罰せられ排除されるのは国際社会の要求である。

そしてこのタイミングで杉田水脈が国政に復帰した。

彼女の努力を神仏が認めたような登場である。

国会議員の肩書きは重い。

国際社会での活躍の場に日本の女性議員が1人もいないのは実に幸運で、

まさに独壇場となる。

その場において、この肩書きは大きな武器となろう。

安倍シナリオには必要な人材である。

期待したいな。

1976 2017/10/23アラカルト


 杉田水脈



「日本の司法が機能していない」

余命ブログでは、第一次から第五次まで、

日本の裁判所に多大な資料とともに、告発を続けてきましたが、

なにやかにやと理由をつけて、受理されませんでした。


それが、今年2017年7月11日

テロ等準備罪、いわゆる共謀罪が施行されて、


「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」

(2000年11月にイタリアのパレルモで締結されたので、
別名パレルモ条約ですが、)

この条約に日本も、締結できることになり、
8月10日から、施行になりましたので、
こちらに告発、という運びになったのです。

 ( ̄□ ̄;)ギョッ!! 
(i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ(byテロリスト)

ご愁傷様(* ̄ノ ̄)/Ωチーン


それはとにかく、今回の選挙で、

辻元清美氏のように、ご自分で「国壊議員だ」と言う議員がいる

「立憲民主党」は、晴れて、反日左翼議員政党となって、

とてもわかりやすくなってくれました


( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!


注:辻元清美氏「国会議員というのは、

 国民の生命と財産を守ると言われているけど、

 私はそんなつもりでなってへん、

 私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や

 東京・渋谷の女性限定のアダルトイベント「女祭」にゲストとして参加した際の発言

 『週刊新潮』2005年10月13日号

 


2:40秒~


さて、

余命翁がおっしゃる安倍総理のシナリオ、というのは、

都知事選挙前から準備されていたそうなのです・・・・


《1116 都知事選アラカルト①》 2016/8/2

やっと終わりましたな。みなさん、ご苦労様でしたな。

安倍総理、桜井誠氏、余命もそれぞれに日本日本再生にスタンドアロンで

それぞれが戦略目標を達成できたことは再生に頑張った。

いろいろと実現を目にしてもまだ信じられない思いでいる状態だ。
参院選は番狂わせが起こりえない状況で結果も想定内で治まったのだが、
都知事選は少々やっかいだった。
宇都宮の動向と、
公明党と民進党とのパイプがあり、
都議連をバックにする増田の動向が問題であった。
当初から(安倍総理は)増田擁立には難色を示していたにもかかわらず、
石原と内田が強硬に小池排除を強硬したため、
強敵宇都宮が出馬せずという時点で
安倍総理は安心して増田を切り捨て
返す刀で石原も内田も切り捨ててしまった。
増田、鳥越では小池とは格違いで勝負にならない。
だめ押しに鳥越は女性醜聞、
石原と内田の小池排除文書に(石原)真太郎の厚化粧ばばあ発言である。
結局、安倍総理のシナリオ通りの結果となってしまった。


これで思い出すのが、

2016年7月27日発売のフラッシュの記事
安倍総理は、選挙中盤での小池さんのリードが報じられると、
「小池!小池!小池で行くんだ」って・・・


安倍 都知事は小池 


そして、翌年7月の都議選では、

小池さんは連合東京と政策協定を結び、

また、公明党もついて、圧勝という結果になり・・・・


そのまま連合東京が自分を応援してくれるだろうと思い込んでいる小池さんは、

新党結成して、自分が党首になり、

民進党を吸収して、

自民党と対峙する「希望の党」を夢見たところ、


連合東京からの支援はなく


小池さん自身も、都知事からの国政に鞍替えするつもりが、

形勢不利となって、出馬をやめてしまって、大惨敗・・・・


で、衆議院では、やっかいな民進党はなくなって、

菅元総理・野田元総理・前原誠司・辻元清美・

有田芳生・山本太郎・福島瑞穂らは、テロリストとして告発されて、

日本再生への一歩が踏み出された・・・


(*゚.゚)ホ・(*゚。゚)ホーーッ!!


そうなんです・・・

首都東京にとって、最悪でしかない都知事だというのに、

安倍総理はなぜ、小池百合子を推したの?・・・・


それがずっと、ずーっと、疑問でした。


...?^^);・・)?゚◇゚)? ナンデナンデ???


もちろん、「消去法で小池」だったのですが、


小池百合子は、

今回の選挙での、左翼政党「民進党潰し」に欠かせない人材だった

ということだったようですね。


これまでの小池百合子の飽くなき野望、

「初の女性総理を目指したい」

そして、

それは恩義ある人を裏切ってでも、より強いと思う人に乗り換える、という

風見鶏的性格を、みんなよくわかっていたから、

このシナリオが書けたのだと思います・・・・


都議選で大勝できれば、

次は、国政でも新党を結成するだろうし、

大勝めざして、いろんな話にも乗ってくるであろうことは、

読めていたということなのでしょうね。


小池さんはその読み通り、

都民ファーストの次は、希望の党を立ち上げ、

民進党を吸収して、一大政党ができるか、というところで、

今回のどたばた騒動・・・・


安倍総理の「都知事は小池だ!」は、

日本再生のためのシナリオには、どうしても必要な素材だった・・・・

ということなんですね。


確かに、

日本が潰れたら、東京もなにもないですからね


ラジャ!( ̄- ̄)ゞ


ということは、

この悲惨な東京を救う秘策も、きっとおありなんだと思います。

期待してます、安倍総理・・・


o(*'∇')o))キット、キットネ・・・



ところで、今回の選挙で、余命翁は、


〉〉〉現行の選挙制度のもとでは最高の結果だろう。

 なにしろ(共産党が)10減だからな。

 共産党削減対策については次回と聞いていたから、

 安倍シナリオより1段階先に進んでしまったね。

「1974 衆院選関連⑥」


。( ̄∇ ̄*)oグッド!!d(* ̄∇ ̄)。


そして、余命翁は続けて、


〉〉〉今回の選挙は、

日本と取り戻すために必須である4年の時間

自民党総裁選3選のステップであった。

憲法改正という問題は焦点ではない。

策士安倍、面目躍如だね。

「1974 衆院選関連⑥」


(゚∇゚ ;)エッ!?ソウナノ?


今、日本に絶対に必要なお方は、安倍総理!

安倍政権が、あと4年保証されたのは、ほんとうによかったですね。


ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ


そうなんですけど、

安倍総理の露払いをしておられるのは、余命翁でしたよね?


黒幕は、余命翁さま?

安倍総理との二人三脚だと思いますが・・・・


ところで、連合は一体どうなったのでしょうか・・・


次回⑨でまとめたいと思います・・・・



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?