W杯個人総合優勝の高木美帆選手とマススタート初代女王の高木菜那選手、この姉妹の性格の違いはどこから?

 25, 2018 20:30

平昌オリンピックで、金・銀・銅の3つのメダルに輝いた

スピードスケート高木美帆選手が、

2018年3月10日、11日にオランダ・アムステルダムで行われた

世界オールラウンドスピードスケート選手権

日本人初、アジア勢初の総合優勝を果たし、


高木美帆 オールラウンド 


17日・18日には、今季最終戦のワールドカップで、

1500メートルで優勝して、この距離の今季種目別総合優勝と、

全種目での獲得得点による総合優勝を飾りました。


高木美帆 w杯総合優勝 


凄い!すばらしい!

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


平昌オリンピックでのパシュートでの金メダルも、大感動でしたが、


パシュート 日の丸 


オランダでの表彰式で、

掲揚される日の丸と、流れる君が代!

o(T^T)o感動!!!



広いスケートリンクを、独り占めにして、ウィニングラン!



〉〉〉地元じゃ有名な天才少女っぷり。

やはりメダリストになる選手には、“仰天伝説”があったーー。

〉〉〉「“神の子”だと言った指導者の方もいましたが、

それが言いすぎではないくらいの選手でしたねぇ」

そう話すのは、昨年まで帯広南商業高校スケート部顧問だった東出俊一さん。

東出さんは、女子スピードスケートの高木美帆の高校時代の恩師だ。

「私は顧問ではありましたが、

高校時代の彼女に、特に何かを教えたということはないんですよ(苦笑)。

小学生のころから地元では知らない人は誰もいないくらい図抜けた存在で、

中学生でオリンピックに出ている。

「本当に能力が高く、のびのびやってほしかったので、

余計なことは言わないように気をつけて、たまにアドバイスした程度でした」(東出さん、以下同)

競技もオールラウンダーなのですが、

私生活においてもオールラウンダーな子なんですよ。

地元でいちばんの進学校に入る学力もあったのですが、

競技の関係で、うちの高校に入学しました」

中学時代には国内で敵なしといえる、天才少女だった高木だが、

その才能はスケートだけにとどまらなかった。

「在学中もW杯であったり、国内外で遠征が多かったので、

1年のうち3分の1程度は学校を休まざるをえなかった。

それでいてテストなどは学年でトップレベルの成績を出す

学力だけでなくサッカーをやっても、

ダンスをやっても、なんでもできる子でした」

http://www.jprime.jp/articles/-/11674

週刊女性2018年2月27日号




すごいですね。

中学生でオリンピック出場・・・

史上最年少・・・



【女子団体パシュート金メダルの裏に。高木菜那・美帆 姉妹の絆と確執】


「妹がスーパースター、

中学生でオリンピックに出たということもあって、

すごく嫉妬して、

美帆ちゃんのおねえちゃん、と言われることにも、

すごく屈辱を感じたようですね」

(中学恩師・東出俊一 1分36秒~)


五輪のウエアに無邪気にはしゃぐ妹を見て、

「ウェアー、燃やしてやりたい」

応援席で日の丸を振りながらも、

「転べ!」と、思っていた菜那さん。


私は私、高木菜那であって、

「高木美帆のおねえさん」という名前ではない!


その悔しい思いが姉・菜那さんの背中を押します・・・


そして、次のオリンピックでは

姉の菜那さんが、ソチの出場権を獲得。




兄の影響で始めたスピードスケートでは、

菜那と美帆の姉妹はいつもトップで、表彰台に上っていたそうで、


姉がサッカーを始めれば、妹の美帆もサッカー、

ダンスを始めれば、ダンス。

そしていつも、姉の自分がトップに立ってたと思うと、

妹の美帆が追い越して、トップに立ってしまう・・・・


そして、自分があこがれてあこがれたオリンピック出場の切符を、

妹は、史上最年少でつかんでしまう・・・


同じ遺伝子を受け継いだ姉妹なのに、なぜ妹に勝てないのか・・・


体の小さな姉・菜那さんに対して、

妹の美帆さんは体格がよくて、背も大きい。



高木菜那(姉)1992年7月2日生まれ

 丙 壬

 午 申

     司禄星      天恍星

車騎星  龍高星  調舒星

天胡星  玉堂星    天禄星



高木美帆 1994年5月22日生まれ 

  甲

  巳   戌

     車騎星    天庫星

鳳閣星  龍高星  貫索星

天胡星  石門星    天禄星



菜那さんが己土で、大地

美帆さんは戊土で、大山です。

どちらも土性で、姉がで、妹が・・・・

陽(男性)干で、「大山」の美帆さんのほうが大きいのは、当然?かな???


そういえば、

兄より弟のほうが大きいご兄弟がいましたね・・・・


男子フィギュアスケートの、宇野昌磨選手と、弟・樹くんですが、

昌磨選手が陰干の癸水で、樹くんが陽干の丙火ですね・・・

たまたま・偶然かもしれませんが・・・・


それはともかく・・・・

菜那さん、美帆さん姉妹は、

主星が二人とも、

学んたことから新しいものを生み出そうとする龍高星


そして、ど真ん中に、エネルギー値11の天禄星

エネルギー値は、使いやすく、最高にいいですね。


そして、美帆さんは、ご自分の命式に、

姉・菜那さんの日干であるを持って生まれてきました。

美帆さんの人生のテーマのひとつは、姉・菜那さんだったのですが、


相手を意識して、奮起したのは、姉・菜那さんのほうだったのです・・・


「なぜ、私の名前は呼ばれないの」

「負けたくない!、妹には負けたくない!」


一番負けず嫌いで、ぎらぎらしていたのは、菜那

(高校恩師・東出氏)



奈那さんは蟹座

蟹座の守護星は月で、月は女性なのです。


そのせいだと思いますが、

蟹座は感情のエネルギーが強くて、

「意地」があるのです。


姉である私が、妹に負けているなんて、許せない!

私は勝つ、絶対に「勝つ」!


そして、菜那さんの獅子座にあるので、

大舞台に立っても、それほど動揺せずに戦っていける。


「比べられることがいやで、辛くて、

妹のことも話したくないって、なっていたけど、

バンクーバーオリンピックを見て、

世界って広い、

私の目標は妹ではなくて、世界なんだ、

世界と戦っていくんだ、という思いに変わった」

と、菜那さん・・・


高校を卒業した奈那さんは、実業団にはいって、

そして、ソチオリンピック出場を勝ち取り・・・


ソチオリンピックは、平昌オリンピックへの通過点と考えていた妹の美帆さんは、

出場資格を逃します・・・・



10分54秒~


美帆「自分、結構情緒不安定っすよ、

  すぐ、きゅーんって(気持ちが沈んで)行っちゃって」

菜那「(美帆は)ため込んで爆発する感じ、一気に涙が出て、

  その涙がかわいくて、

  本当に悔しそうな顔しながら、大粒の涙をぼろぼろ流すから

  それがかわいくて」

美帆「一番泣いているの自分ですよ」


菜那「今までが、その人に負けたくないって、気持ちでスケートをやってきた

  ソチまでだったら、美帆に絶対に負けたくないって、いう気持ちで練習してきた

  そういうひとつの目標のために全部自分を出していくっていうか」


美帆誰かに負けたっていうより、

  情けないレースをした時のほうが相当気持ちにきちゃうんで」


そうなんですね、

お二人のがんばり方って、全く違うのです。


蟹座の菜那さんは、

目の前のライバルに勝つということに全てを賭けています。


もともとという生き物は、武器はハサミだけの弱い生き物なので、

まず、敵か味方かに分けて考えることが多く、

そして、理想のために動くというより、

常に現実を見つめ、その現実に添って、対応を考える星座なのです。


だから、

目の前にいるライバルを超えることにすべてを賭けるのが菜那さん。


それに対して、

現実より理想を追い求める風星座

双子座・天秤座を太陽と月にもつ美帆さんは、

現実の誰かに勝つ、ということよりも、

自分の理想に添わない自分が情けないと思い、

それがいやだから、がんばろうとする・・・・


下は、二人がそれぞれの性格を話している動画ですが、




姉の菜那さんの性格を聞かれた美帆さん、

楽観的に見えて繊細ってところがある」


月の獅子座の菜那さん、

何事にも動じないところがあるので、

美帆さんから「楽観的だ」って評されてますね。


で、水星座の蟹座のやわらかい感じがあるので、

「・・・に見えて繊細」と。


それに対して、姉・菜那さんからみた美帆さんは、「大人ぶってる


菜那さんが天真爛漫に無茶やっていると、

それを冷静に分析して、菜那さんをいさめるそうで


それをやられる菜那さんは、

「姉の私が、なんで妹から叱られるの?」って、怒り出すそうですね。


理論(言葉)の星座である風星座の双子座を太陽に、

そして、天秤座を月にもつ美帆さんは、

蟹座の無茶ぶりを、冷静に批判して言ってしまうのでしょう。


パシュートの仲間も、言ってましたね。

いつもしゃべっているのが、菜那さん、

それに、冷静に突っ込みを入れているのが、美帆さん、て・・・・


o(〃^▽^〃)o


菜那さんに、妹の美帆さんが生まれてきたこと、

それが、マススタート初代女王の菜那さんを生み出したのは

間違いないし、


姉の菜那さんがいて、その後を追ったからこそ、

スピードスケート界の女王・高木美帆が生まれた・・・・


それを考えると、

二人が同じ土性の己土と戊土で産まれてきたのも、

そういう因縁だったのかもしれません・・・・


美帆さん、菜那さん、

これからも、すばらしい記録を残してください。

期待しています!


☆(*^o^)乂(^-^*)☆


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?