FC2ブログ

同盟国の韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が海上自衛隊機にレーダーを射撃!己亥年の始まりも大変みたい

 04, 2019 14:36
2019年あけましておめでとうございます
2019賀状 

今年の干支は、己亥(きどのい)

己亥年が始まるのは、2月4日の立春の日からで、
実際には、まだ、今は戊戌年なのですが。

己土大地です。
平地であり、田園の湿土。
性質は、博く厚い
行動は、従順で平穏

広々と広がる田園は、のんびりとして穏やかで、
五穀の豊穣を約束し、百花の成長を促し、憩いを与える。

戊土・己土は、土性であり、
地球上のすべてのものは、土性の影響下にあります

(* ̄ρ ̄)”へぇー、そうなんだ

特に、己土は、
人間に必要なものをすべて包括します

・・・そうですね、
大地から取れる米や野菜などの農作物、

それに、大地には、
たくさんのソマチッが生息しています。

ヾ(*゚Д゚*)ノ゙スゴイ!!!

万物を育成し、発展させる偉大な大地・己土、

高い次元の愛情を持つので、
人や物を育てた成果について、
奢り高ぶることはまったくありません。

さて、今年の干支の己亥
の本元が壬水なので、水性となり、

「柔土の泥濘」と言って、
大地が水浸しの状態です。

その上、亥の季節は冬ですから、
真冬の冷たい水の中の畑になります。

亥は、臓干といって、
十干の中の、壬水とともに、甲木も持ちますが、
この甲木の木が、このぬかるみの冷たい畑では育たない
そういう干支が己亥です。

(゚ロ゚;)エェッ!?(;へ:)困ル!

だから、今年は、
太陽である丙火が、とっても必要な年なのです。

暖かい太陽の光で、今年はあたためてあげないといけないのです。

ですから、

消費を落ち込ませ、
経済を停滞させる消費税10%の増税は、
絶対にやめてほしいですね!

( ̄^ ̄ゞオ願イシマス


ところで、

お隣の韓国さんが、なにやらまた、
どう見ても、無理筋のことをやっているみたいですが・・・・

事は、2018年、昨年末の12月20日
韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」
(クワンゲト・デワン DDH-971)が

海上自衛隊P-1哨戒機に対して、
火器管制用レーダー射撃レーダー)を
複数回、照射した事件が起きました。
つまり、攻撃用のレーダーって、ことですね。

(; ̄Д ̄)なんじゃと?

・・・日本と韓国は、同盟国ではなかったでしたっけ・・・

・・・まあ、あんまり、
一緒にはやりたくはない方たちですけど、一応、まあ

・・・ってことは、
味方の国に対して、銃を向けて、射撃したって、ことですよね?

これって、戦争するぞ!という意思表示だし、

(ρ゚∩゚) ヒドイ~

・・・でも、これまでも、
日の丸を踏んづけて歩くは、
天皇陛下や、安倍総理の写真をつけた人形を燃やすは、
日本がかかってこれないことを知って、
やりたい放題やってくれてましたけどね・・・

ですけど、今回は、違いました。
いままでのように、見て見ぬふりはしませんでした・・・

12月28日、防衛省
P-1哨戒機が撮影した当時の映像を公表しました。

それが、これ



で、



・・・そうなんです、まさに意図的に打ちました!

海上自衛隊機は、
中国海軍の潜水艇を哨戒する目的で、
能登半島沖を哨戒していたときに、
韓国軍艦から射撃用レーダーを照射されたのです。

注;哨戒
敵の航空機,艦船が一定の空域,水域へ侵入するのを,
哨戒機,哨戒艦艇,レーダ,見張り所などを用いて警戒すること。

(≧ヘ≦)ホント!ヒドイ!

Face Book での友人の上野貴寿さんが
投稿された記事で、なるほど、と、思ったのですが、

・・・実は、

この照射事件の一ヶ月前の11月20日に、
韓国海上警察庁が、
それも、日本の排他的経済水域(EEZ)内において
日本の漁船に対して、
操業停止退去を命じる、ということがありました。

((((((ノ゚⊿゚)ノエエエー!!

・・・って、日本の海域だよ、漁船が操業していたのは!
何がいけないの?!

・・・何をまた、トチ狂ったこと言ってるの-!
ちょっとおかしな国だとは、思ってたけどさ・・・

∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

このときは、
日本の海上保安庁が、これを無線で確認して、
この韓国の無法な行動に抗議して
韓国側はひっこんだ、ということがありました。

して、
ちょうど一ヶ月後の、今回のこの事件です。

(゚∇゚ ;)エッ!?イミシン?

韓国海軍は、日本の領海内で、
韓国漁船の保護任務をしていた、と発表しました。

はあ?何、それ?
Σ(*゚◇゚*) 口ガ塞ガラン

韓国5001 ボート 

韓国警備救難艦「サンボンギョ5001」の横に漁船が一隻。
そのそばにゴムボートが二隻。

そして、このときに、
駆逐艦「広開土大王」は、こちらに向かうために、
船首を回していました。
上記のビデオで、31秒あたり
「クワンゲト・デワンは回頭中」と言っている部分です。

・・・この海域「大和堆」まで、
小さな漁船では来れないそうですね。

〉〉〉小舟を引っ張る母船が必要で、
韓国艦船がその役目をになっていたと考えられる・・・って・・・

〉〉〉現場は好漁場の「大和堆」(ヤマトタイ)の周辺で、
大量の北朝鮮漁船によるイカの密漁が問題となっている
〉〉〉日本政府関係者は
韓国軍は北朝鮮漁船の救助に
普段から関わっている可能性があり、
日本に知られたくなかったのではないか」と分析している。

ヾ(。`Д´。)ノ彡☆酷イ!!!

・・・それにしても、
一隻の漁船の警護に、
韓国海軍の、警備救難艦と駆逐艦2隻、って、
一体全体、何なんだ???

・・・わざわざ、見つかるように・・・とか?

( ̄ー ̄?).....??アレ??

おまけに・・・・



翌12月21日には、日本に対して、
「公表しないでほしい」・・・だって・・・

もし、ここで、日本が強く出なければ、
11月20日の事件が象徴しているように、

日本の領海である大和堆を、
韓国のもの(韓国の領海)としようとしていた?のかも・・・

何せ、駆逐艦の名前が、「広開土大王」
広く、領土を開いていく駆逐艦、ですもの・・・・

レーダーを照射された時、自衛隊のクルーが
「めちゃくちゃすごい音だ」(6分44秒)と言っていましたが、

射撃用のレーダーでも浴びせておけば、
日本は、怖がって黙る、とでも思ったのでしょうか?・・・

・・・本当に、韓国は日本を、
どこまで舐めてかかっているんでしょうね・・・

それで、

韓国側は照射した事実を頑なに否定しているので、
12月28日、防衛省は、上記の映像を公開したのです・・・

その前日の12月27日、
朝日新聞は、社説で、
「日韓防衛摩擦 不毛な悪循環を避けよ」

合成写真 朝日新聞 
朝日新聞掲載の写真ですが、

これって、まるで、韓国の駆逐艦の上をすれすれに
日本の海上自衛隊機が飛んでいるように見えますね・・・

だいたい、
哨戒機の大きさと、駆逐艦の大きさを考えれば、
合成写真ということはすぐにわかるのですが、
ぱっと見には、まるで、駆逐艦すれすれを飛行・・・

こういうのを、印象操作、というのですけど・・・
で、twitterで、湧いて出てきたのが、

合成写真3 

〉〉〉韓国軍の映像が出てきましたね。
どう見ても威圧飛行です。こんな距離で飛んで
威圧するとは同盟国の態度ではありません〈〈〈

・・・あのね、
せめて、飛行機から車輪を出していない写真を使えばいいのにね、

・・・これって、
着陸寸前の写真をもってきて、の、合成だって、すぐにわかるよ!

・・・おまけに、飛行機と駆逐艦の比率画無茶苦茶だし・・・

そして、そして、
昨日、1月3日の夕方になって、

【ソウル時事】海上自衛隊のP1哨戒機が
韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、
韓国国防省報道官3日
日本側の主張に反論するための映像の作成が最終段階にあり、
「準備ができ次第、(ホームページなどに)掲載する予定だ」と述べた。
「できるだけ早く掲載するよう努力している」(時事通信)

ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)エー!?作成!?

・・・いやあ、さすが、
「息を吐くように嘘を吐く民族」と言われていますが、
ここまでくると、開いた口がふさがらない!

韓国は、北朝鮮に囲い込まれているそうで、
文在寅大統領も、北の勢力の一員だとか・・・

それに、韓国の執拗な慰安婦問題は、
実は、
Chaina が裏で糸をひいていた、という話も聞きますように、

この海域には、中国の潜水艦がうろうろしているようですね。

〉〉〉海上自衛隊機は、
中国海軍の潜水艇を哨戒する目的で、
能登半島沖を哨戒していた、

そのときに、漁船一艘にゴムボート2つ、
そのそばに、なんと、
韓国海軍の、サンボンギョ海上救難艦と、
クワンゲト・デワン駆逐艦がいたのですから・・・・

この二隻出航させるのに、どのくらいのお金がかかる???

そこに資金を提供する誰かがいるよね、って、思ってしまうのですが・・・

誰の目にも明らかなこの問題、

それでも、半島人の韓国が堂々とやるその理由を
上野貴寿さんが分析しておられますので、引用させていただきます。


〉〉〉大陸国家や半島国家は儒教の国です。

儒教は「公(おおやけ)」より

「宗族」に重きを置く価値観を持ちます。

宗族とは一族や組織にだけメリットを与える行動や発言を美徳とします

その為、噓を言っても、

一族や組織が有利になる行動や発言が信用を得る行動であり、

真実であっても、

一族や組織に不利になる発言をする人が信用を失い非難されます。

これは文化と歴史の積み重ねの違いです。


〉〉〉日本は「和」を前提に話し合いで物事を決める歴史を歩んでいますから、

日本は(おおやけ)が基本となりますが、

話し合いで物事が決まることがなく、

全ては争いと力により物事を決めてきた大陸や半島の国家は

「宗族」だけが生き残るための価値観となっていて、

それが浸透しているのです〈〈〈

【FB 上野貴寿さん 2019年1月1日投稿記事より】


・・・まあ、かの国には、かの国なりの言い分は論理があるのでしょうが、

でも、この国際社会の時代、

それは、通るものではないのですけど・・・


日本の平和を守る、って、本当に大変なんですね!

安倍総理、お察し申し上げます。


そして、今年も、どうぞ、日本をよろしくお願いいたします。



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?