『新潮』の提灯記事ヾ(▼ヘ▼;)

 20, 2016 17:50
連日のSMAP報道で、スポーツ紙はバカ売れだそうですね。

そのうえ、今まで書けなかったジャニーズ事務所公認の内容だから、心配ないし、とのこと。

昨日の、「なんで中居さんが四番目?」の理由がわかりました。

「複数の関係者の話を総合すると、生放送は18日午前7時に急きょ決定。草なぎは放送で「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれた」と、木村がジャニー喜多川社長(84)との橋渡しになってくれたことに感謝したが、当初はリーダーである中居に、そのニュアンスの言葉が託されたという。
 だが、中居は難色を示したため、その場の雰囲気を察知して、草なぎが感謝の言葉を話す流れになっていったという。」
 (サンケイスポーツ)

そりゃ、中居さん、拒否するでしょう。

まず第一に、キムタクが裏切り者なのに、これを言えば、キムタクが正しかったことになってしまいます

第二には、「ジャニーさんに謝る」という文言は、メリー喜田川副社長が起こした問題なのに、加害者と被害者が完全に入れ替わっています

そして、次の記事・・・

デイリー新潮 1月20日(水)3時0分配信
【SMAP】「メリー喜多川」独占インタビュー “中居からも誰からも何の連絡もありませんでした”

メリー喜田川


全く、連絡しようにも、連絡が取れなかった、と、聞いてますよ

 この騒動と『田辺』との関連について尋ねると、メリー氏はこう答えた。
「昨年末、12月27日だったと思いますが、私の友人からの伝言で、田邊さん(昭知・田辺エージェンシー社長)が、私に『4人を元に戻してくれないか』と言ってらっしゃるのを知りました。田邊さんは、SMAPはひとつであるべきだし、ジャニーズ事務所を出てはいけない、とのお考えだったようです。
 田邊さんによれば、中居に対して、あとの3人をきちんとまとめて、ジャニーズ事務所に挨拶に行くこと、そして、仲間が1人、ある意味ケンカみたいになっているのだから、木村にも謝ってきなさい、と既にきちんと伝えてあるとのことでした。そこで私は『では、それを待ちます』とお返事をしておいたのです」
.

そして、次の『新潮』の文言を見ると、インタビューさせてもらったので、
メリーさんいい人、中居ら4人はいい加減なやつ、
という印象操作をしているのが、よくわかります。

「中居ら4人がなぜ躊躇し、すぐに行動に移さなかったのかは定かではない。事態を甘く見て、正月休みをのんびりすごしていたのか、それとも高を括っていたのか。」

そして、あまりにも、大嘘でしょ?というのがバレバレの一文!

「きちんと言っておきたいのは、私は4人を追い出したわけでも、受け入れないと言ったわけでもありません。むしろ田邊さんから言われて『受け入れます』とお返事をしました。それなのに、誰も挨拶に来なかった。これははっきりとさせておきます」
 

これが、芸能界なのでしょうかね。

一般人にはわかりません。

ただ、「道理」がむちゃくちゃなので、口を突っ込んでしまいました。

脱力~ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?