甘利大臣 罠か?午未天中殺~

 26, 2016 00:31
一月も終わりのこの時期になって、甘利明内閣府特命大臣の金銭授受疑惑が浮上するとは・・・

甘利明-2

甘利明氏 1949年8月27日 太陽・乙女座、月・天秤座、午未天中殺

甘利大臣、午未天中殺でいらしたんですかΣ(|||▽||| )

まあ、誰でも、天中殺時期はくるので、それはしょうがないことなのですが。

甘利大臣、TPP担当相として、本当にがんばっておられました。


このTPP交渉、選挙のとき、安倍総理は、「『聖域なき関税撤廃』を前提とするTPPには参加しない」と言っていましたが、

それは当たり前で、なんでもかんでも自由に解放、では、
力が強い国が得するだけで、日本の国益を守ることができないからですね。

ですが、安倍総理大臣はオバマ米大統領との会談で、
「TPPでは『聖域なき関税撤廃』が前提ではないことが明確」になったので、2013年3月に参加となったわけです。

これも、
オバマ大統領が、「中国のような国ではなく、われわれが世界経済のルールをつくる」と宣言したように、
TPPは太平洋を取り巻く広大な経済圏をつくるだけでなく、
対中外交・安全保障という政治的な側面があるからだった。
http://www.sankei.com/politics/news/151026/plt1510260005-n3.html
ということなのですね。


「TPP反対~」「TPPは危ない」とか言っておられた方もいるようですが、

日本の将来のためにも、この通商交渉・TPPは大事だったと、本当によくわかりますね。


その大切な通商交渉に、甘利明議員は、担当相として抜擢されていた、ということであり、
交渉に負けることなく、立派に任を果たされていたのですね。

そう、アメリカの通商代表部(USTR)のフロマン代表と、火花を散らした交渉の様子を見ると、よくやってくれました、と、拍手したいですね。
なにせ、日本側は、どの分野も勝利している模様

フロマン 甘利

フロマンさん、優しそうな笑顔とは裏腹に、なかなかのお方で・・・

麻生副総理が、一度ばらしてましたが、
フロマンさんが通商交渉で決めたとしても、アメリカ議会がそれのOKを出すかどうかわからない、
なので、フロマンさんも回答を出せないそうで・・・

甘利「事務的に詰め切れていないのに、何をしに日本に来たんだ!」
フロマン「そうではない」
甘利「これ以上、閣僚同士で協議を続けても物別れだ。もうお引き取りいただいて結構だ」

これが「交渉」なのでしょう。
焦らせて焦らせて、相手の手の内を見切ろうとする。
が、甘利さんも、日本側の弱みは見せない。


大筋合意が、2015年10月5日になされ、なんと、五年越しで、やっと・・・。
今後、最終合意・署名、議会承認等の各国の国内手続を経て、発効を目指すことになります。

つまり、この通商交渉、やっと道程の半分ほど来たところ
まだまだ、これからなのです。

甘利さんのお仕事は、おわっていません。

で、このタイミングで、この事件。

よっぽど、甘利大臣に、このままやって貰っては困る方たちがいるのでしょうね、たぶん・・・


だいたい、おかしいのは、
外国人のビザ申請で清島健一公設第一秘書秘書に20万円渡した時、
『週刊文春』の記者を同行させて、写真を撮らせていることですね。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20160122-00053681/

この金銭授受が問題となって、「記事にできる=スクープ取れる」から、記者もわざわざ来て写真を撮っているわけです。
これだけ見ても、完全に「やらせ」ですよね?

「1200万円の賄賂」のスクープだって、
会社名が「薩摩工業」であり、資本金1000万円の会社で従業員5名の会社のようで、
その程度の会社が、1200万円の賄賂を出せるはずもなく、
賄賂を出した「一色武」という人物を、この会社の人が知らないらしいし、
千葉の会社なのに、神奈川の甘利事務所に陳情、って、なんでなの?
ですよね?

また、『週刊文春』では、薩摩工業は資本金1000万円だと書いているけれど、
会社の謄本取ったら、資本金2200万円で、これも嘘だそうで・・・・。

おまけに、清島健一秘書も、賄賂を渡した一色武さんも、同じ日に姿を消している・・・
清島さんは、家族ごと消えたらしく、おうちはもぬけの殻、とか・・・


午未天中殺の人は、天中殺中には、目立たず、粛々と日々の生活をする・・・・
そうすれば、禍にぶつかることがないのですが・・・

この通商圏の経済の80%を、アメリカと日本が占める、その日本の交渉のトップであれば、目立たず、は、まず無理ですよね。

最後の最後で、足を取られましたね。

甘利さんの人生観は、世の中甘くない、って思っておられる方なので、注意されておられたはずですが・・・・

太陽が乙女座の甘利大臣、事務的なことを適当にされるわけがないのですが・・・

やはり、この天中殺、という魔物は、こういう方も、油断させるのでしょうね。

あーあ、ほんと、やだやだ、天中殺・・・o(T^T)o

安倍総理も、申酉天中殺ですから、この時期のガタガタは、あっても仕方がないのでしょうね。

日本は、スパイ天国、スパイやり放題、という話も聞きます。
安全管理は、しっかりしたいですね。

甘利大臣、そして、安倍総理、日本の安全と将来のために

なんとか、この難関を通り抜けていただきたいですね。
オネガイッ…(*゚。゚)m。★.::・'゜☆
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?