草笛光子・芥川也寸志 2年の破局

 01, 2016 20:17
82歳で現役、どころか、
スウィング、タンゴ、ワルツ、フォックストロット、チャチャ、コンテンポラリーの6つのダンスを
踊ってしゃべって着替えて、2時間半出ずっぱりの舞台を、200回近く・・・の
驚異の草笛光子さんですが・・・


草笛光子さん、あの音楽家・芥川也寸志さんと、ご結婚されていたのですね。

芥川也寸志

でも、たった2年で破局でしたが・・・

ご結婚されたのが、1960年 庚子年 27歳

草笛さん、子丑天中殺なのでした
( ̄□ ̄;)!!

おまけに、結婚された27歳は、大運のほうも、天中殺中でした・・・
(ノ_-;)ハア…

天中殺結婚でした・・・やっぱりだめかー。


芥川也寸志さんのほうに連れ子の女の子がいらして、
そのお子さんとうまくいかなかったことが原因なのだそうですが・・・


芥川也寸志さんを見てみましょう。

芥川也寸志 1925年7月12日生まれ 辰巳天中殺

最初のご結婚が、1948年23歳。
この年の7月12日に、長女真実子さんがお生まれになっていますね。

しかし、このとき、芥川也寸志さんは、大運天中殺中

なので、芥川さんの大運が明けた、32歳で、離婚されています。

離婚されたとき、お嬢さんの真実子さん9歳。

そして、次に草笛さんと出会って結婚するときに、
お嬢さんは、12歳。
そろそろ思春期ですね。

性に目覚める時期なので、
このころに再婚、というのは、かなり難しいと思います。
新しいおかあさんを、素直に受け入れられない、というのはわかりますね。


おまけに、草笛さん、大運と年運、二つの天中殺がかぶっている時期ですから、
大変な結婚生活だったのかもしれませんね。


なので、芥川さん、草笛さんとも、離婚。


三度目の正直で、1970年、芥川さん45歳のときに再々婚されていますね。
お嬢さんの真実子さんも、20歳超えて成人されていますから、もう、問題はなかったのでしょうね。
また、天中殺にもかかっておられません。

芥川さんが亡くなられる1989年64歳まで、添い遂げられたのかな?

この亡くなられた1989年1月31日は、戊辰年。
年運天中殺で、お亡くなりになってしまわれたのですね。

芥川さんはまじめな方で、過労でなくなられたとか・・・・。

体が弱っているときに、運気の弱いのがきてしまうと、だめなんでしょうかね・・・


ところで、芥川也寸志さんと草笛光子さんは、
音楽で結びついたお二人なのでしょう。

お二人とも、火星♂と金星♀がぴったりくっついているホロスコープの持ち主
一緒にいて、お互いを高めあいたかったのだろうな、と、思います。

芥川也寸志さんは、
『芥川也寸志と結婚した時、幸せなハズなのに、
彼は、いつも 孤独を抱えていた』と(草笛さんが)後に述べています
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11134027371

芥川也寸志さんの音楽、『八甲田山』を聞きましたが、
メロディーのきれいな良い曲ですね。
つい、聞いてしまいました。

最後、とりとめがなくなりましたが、
今度、父親である芥川龍之介さんの命式も、見てみたいな、と、思いました。

 
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?