バーニー・サンダースはなぜこれほどに支持されるの?

 07, 2016 00:53
アメリカ大統領選挙の予備選は、
共和党が、テッド・クルーズ氏が2勝をあげて、
トランプ氏が12勝、クルーズ氏が6勝となり、

民主党は、バーニー・サンダース氏が2勝をして、
ヒラリーさんが11勝、サンダース氏が7勝となりました。

バーニー・サンダース


サンダース氏は、2015年
7月から本格的な遊説戦に突入した後、
7月1日にウィスコンシンのマジソンで1万人、
7月18日のアリゾナ州フェニックスで1万1000人、
7月20日のテキサス州ダラスで8000人、
7月25日のルイジアナ州ニューオーリンズでの4500人に続き、
8月8日にはワシントン州シアトルで1万5000人が集まり、
8月9日のオレゴン州ポートランドでの遊説には約2万8000人が参加したと集計された。
ヒラリー・クリントンの最大遊説規模(8月6日5500人)を圧倒する規模だ。



その演説会場の熱気も熱い
演説会場を埋めた聴衆は遊説の最初から "Feel the Bern(バーニーを感じてください)"というシュプレヒコールをあげ、
サンダースが舞台に上がると歓呼が溢れでる。
サンダースが今回の選挙は「億万長者に抵抗する政治革命」と主張し、
聴衆らは「バーニー! バーニー! バーニー!」と連呼して演説会場の熱気を押し上げる。


そればかりか、選挙資金募金と組織化でサンダース・キャンペーンは画期的な様相を見せている
選挙資金については2015年の1/4分期に
共和党ジェフ・ブッシュ候補の1億300万ドル、
民主党ヒラリー・クリントン候補の4750万ドルと比べ、
サンダース陣営は1500万ドルを集めた。
大企業の巨額寄付に依存する主流候補と比べればとても少ない金額だが、
圧倒的多数の草の根小額寄付金で確保した寄付金だけに、額面価以上の価値がある。
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/intl/1440466827508Staff


さすが、ブッシュ一族のジェブ・ブッシュの集めたお金は、100億円を超えるのですね。

すでに、撤退してるけど、このお金は、ジェブさんの懐に???

別にいいんだけど・・・・( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ



バーニー・サンダース 1941年9月8日 12時27分生まれ
太陽 乙女座  月 牡羊座  生まれた時間 さそり座
日干支 己未  子丑天中殺



wikipediaでは、民主社会主義者となっているが、


サンダースはヨーロッパでいえば普通の政治家である
なにしろアメリカというのは一面で、国民皆保険を「社会主義だ」という少しお馬鹿の大国だから、
その標準から政治家を評価していてはまったくの誤りになる。



サンダースの演説は、
アメリカ社会の格差拡大、インフラストラクチャの劣化、不当な選挙資金調達システム、不正な八百長経済などなど
これは進歩も保守もない問題だ。
アメリカの現在の状態は異常だという主張は実にストレートで説得的だ
http://blogos.com/article/159867/



サンダース氏は、
1970年代からヴァーモントで社会活動と政治活動をはじめ、
1981年には、39歳で、ヴァーモントでもっとも大きく影響力のあるバーリングトンの市長となった。

有能な市長であると、評価も高かったという。(同上)


サンダース氏は、31歳で、甲癸の境目を迎えています。

政治の道にはいったのですね。


1987年 46歳の時には U.S,Newsが
サンダースをバーリングトンをもっとも住みやすい町にしたアメリカ最良の市長である
と、評価している。


「住みやすい町にしたアメリカ最良の市長」


こういう人こそが、人々が望む政治家でしょう。


多くの貧困層の人たちが、なけなしの財布から、
なぜ、サンダース氏の選挙活動のためにお金を出すのか、
その理由が、よくわかります。

サンダース氏にこそ、この国のトップに立って、アメリカを良い国にしてほしい
そう、思うからですね。

(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/アイアイサー!


おもしろいことに、
サンダース氏の日干支 己未は、トランプ氏と同じなのです。

人を育てたり、教えたりするのに、最適な干支で、

大地の畑に味のあるおいしい作物が実っている状態=「稼稷の豊穣」と言われるものです。


サンダース氏は、まさに、
人間的に熟した大人、豊かな味のある大人なのですね。


そして、
サンダース氏とトランプ氏、この二人が、
アメリカの1%の富裕層ではなく、
それ以外の99%の貧困層からの支持だ、ということ。


トランプ氏が、ウォール街や軍需産業からのお金をもらわないフリーの立場でいるように、

サンダース氏も少額の寄付金が集まる、民衆の代表者だということなのです。



「私たちが訴えているのは、
腐った選挙費用のシステム、不正な経済システム、
そして壊れてしまった犯罪の捜査と審判のシステムなどの全てに片をつけることだ。
(バーニーサンダースのニューハンプシャーの人びとへのメッセージ)


サンダース氏は、
初年に天将星、働き盛りのときには天貴星
そして、腹には、やんちゃの天南星と、


現在74歳であっても、遜色のないほどにやれるだけの、充分なエネルギー値の持ち主なのです。


サンダース氏の主星は、鳳閣星
本当のことを伝えたい、という星です。


今のアメリカが、誰かの利益のために、歪んでいるのはおかしい、と、言う人です。



現在、サンダース氏は、大運の天中殺中

これもトランプ氏と同じなのですが、

人気は、うなぎ登りです。


それだけではなく、彼の運気は、最高潮なのです。
なんだか知らないけれど、楽しいし、うまく行ってしまう、という、運気

ワクワク♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪ドキドキ



「一方の民主党だが、クリントン夫妻は、
日本で知名度があり、日本人は歓迎するかもしれないが、
私のデトロイト時代の体験でいえば、クリントン夫婦は決して親日的ではない
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/643.html

とのこと・・・・


サンダース氏が、74歳という年齢で、大統領選に出たということ、

35年間、政治の世界にいて、心底、思ったのかも知れません。

トップがアホでは、下のものは報われない、と。
(あれ?どこかで聞いたような台詞?)


下でいくら頑張っても、99%のアメリカ国民は、人としてまともな生活ができていない、と


完璧を目指す乙女座が奮い立ちました。

きっと、完成形に近い世の中を目指して邁進されるのではないでしょうか?

もちろん、理想通りに事は運ばないことは、わかってはいますが・・・・



でも、
「アメリカで最良の市長」であったサンダースさんを、応援したくなりました。

o(゚∇^☆)/フレー\(*^∇^*)/フレー\(☆^∇゚)o
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?