記事一覧

水晶原料の鉱物性ケイ素は、25億分の1ミリに微細分子化しても156個の分子の結晶!?非晶質にならないし発癌性もそのまま('O'*)!?

現在売られているケイ素には、鉱物原料のものがありますが、
もみ殻原料のものと比べて、どうなのでしょうか・・・

なんと!
WHO鉱物性ケイ素には発がん性があると認めています。

2013年9月5日  化学工業日報 朝刊3面に載った記事の要約ですが、

世界保健機構のWHOでは、
鉱物由来結晶性ケイ素発がん性
作用させるグループに分類しており、
他方、植物由来非結晶性ケイ素
発がん性を作用させる物質には属さないグループに分類されているそうです。

 ( *゚ェ゚))フムフム φ(*゚ω゚´*)メモメモ

・・・これって、言われてみれば、当然で、

など植物は、その地中の発がん物質が含まれているケイ素を、
発がん物質などを取り除いた形にして
もみ殻や、葉っぱや茎にケイ素をちりばめて、自分の身体を守っているのです。


稲 シリカ
だから、植物の中に含まれるケイ素には発がん物質がないどころか、
ケイ素をシリカ(二酸化ケイ素)の分子の形でちりばめている!

分子の形になっているので、非結晶質(=非晶質)なわけです。

これはシリックスさんから、お借りした画像ですが、


稲 スポンジ
・・・つまり、鉱物性ケイ素は、結晶質だ、ということですね!


それの証明を、「シリカエナジー」を例にとって、お話しますと、

《シリカエナジー》
水晶と炭を一緒にして2,400度に加熱し、
炭酸ガスとして酸素と炭素を逃がすことで、 
純度99.9%のクリスタル・シリカを生成します。
その後クリスタル・シリカを、
ミネラルウォーター「きりしまの名水・始元水」の中で醸成しました。

シリカエナジー


シリカエナジーは化学溶剤を一切使わず、

自然の力と常温プラズマの力で半年かけてナノコロイドシリカ水溶液になっており、

原液でも安心して使えます。

また、水分飛ばすとケイ素と酸素で97%で他のミネラルはほとんど検出されない、

純粋なケイ素水なので、ケイ素の力を最大限発揮できます。

「今しかないなら ken2ブログ」より


シリカエナジーは、
25億分の1メートルの単位に超微細分化させているとのこと。
「シリカエナジーの優れた特性」より

これをわかりやすく説明しますと、

10億分の1メートルが1ナノメートルなので、
0.4ナノメートル(0.4nm)に細分化しているということになります。

これを、分子工学としてみると、5nmで1950個の単分子の結晶になっているので、
1nmだと、390個の結晶、
0.4nmは、156分子くっついた結晶」ということになります

25億分の1メートルに超微細分化したとしても、
一つずつの分子にはなっていないということ。
つまり、結晶質であって、非晶質=アモルファスにはなっていないのです。
水に溶解していても、非晶質ではない、ということになります。

シリカエナジーは、非晶質である、とは言っていませんが、
水に溶けているので、非常に身体に吸収されやすい、と、言っています。
発がん性のある鉱物が吸収されてしまったら、逆に問題かと思うのですが・・・

他の水晶を原料としているケイ素の商品の中には、
非晶質=アモルファスを謳う商品がいくつもあります。

(╬◣д◢)!! 怒!!
びっくりです!

WHOが、
鉱物のケイ素は、結晶質であって、発がん性もある
と認めていますように、

地中にあるケイ素の発がん性を取り除き
そして、
単分子非晶質にできるのは、
植物秘めた不思議な力によるものなのです

・・・ということは、
霧島天然水・「のむシリカ」ですが、
シリカ水
霧島山系の自然の水に溶け込む「ケイ素=シリカ」ですが、

溶け込んでいるから、非晶質なのでしょうか?ということなのですね!

1nm(1ナノメーター=10のー9乗)でも、分子工学で調べると390個の結晶です。

シリカエナジーは、0.4nmで溶液化していますが、
自然の水に溶け込んでいるからと言っても、やはり、結晶質!
非晶質の単分子になっていない、ということですね。

ということは、発がん物質も取り除けていない、という話なのでは、と、思いますが・・・

Σ(- -ノ)ノ エ~!!

それに、
シリカエナジーのケイ素の量は、5670mg/L

この数字を見ると、なんだか、たくさんはいっているようにみえますが、
単位は、1リットル中の容量です!

計算してみると、
シリカエナジー50ml(4000円税別)中には、
283.5mgのケイ素
これを、一日に5滴から10滴。
だいたい5mlと考えると、一日分のケイ素量は、28.35mg

もみ殻のシリカのケイ素量は、1gで 235mgもあるので、

シリカエナジー50ml一本分が、
もみ殻シリカだったら、たったの1.2gで間に合ってしまう・・・

w(゚ロ゚)wウオッ!!!

もみ殻シリカなら、一日に700mgから900mg取れるのに、
シリカエナジーは、ちょっと少なすぎますよね・・・

そして、

シリカエナジーの成分表を見ると、
シリカの栄養成分表

「ケイ素量 5670mg/L」
この表示だと、たくさん、入っているように見えますが、
この量は、1リットル中のものであって、本品は、たったの50mlです。
500mlでも、これの半分量のケイ素量です。

(^_^;)ヨクヨク考エテミナイトネ・・・

それに、どういうわけだか、
化学式SiO2の「ケイ素そのもの」である水晶なのに、
塩(ナトリウムイオン)までもが、含まれています。

14.8mg/L 食塩相当では、40mg/L
微量ではありますが、出てきています・・・

〈公式〉霧島天然水のむシリカ

「霧島ののむシリカ」には、天然水ですから、
マグネシウムやカルシウム、サルフェートなどが含まれているのは当然ですが、
さすがに、塩分は含まれていません

シリカエナジーさんは、霧島連峰の始原水を使っておられるので、
同じく、サルフェートやマグネシウムが含まれて当然ですけれど、
水晶にも含まれていないナトリウム=塩が含まれている・・・

「化学溶剤を一切使っていない」とのことなので、
なにゆえに、塩が含まれてくるのか、
この部分がちょっと疑問なのですが・・・

('_'?)...ン?

それは、ともかくも、

化学溶剤を使っていると言われていたumoさんが、
植物(稲)由来のケイ素商品に変えてきましたね!



とは言っても、溶液化させているものなので、
いろいろ問題もありそうなのですが、

この続き、まだあるのですが、
長くなりそうなので、次回にしますね・・・


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセス解析

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

赤血球が瞬時にきれいになる?梅醤エキス

梅醤エキス 250g - いんやん倶楽部

価格:1,782円
(2021/6/8 12:51時点)
感想(0件)

俺のフレンチ・イタリアン

自然治癒力での治療申し込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事