記事一覧

18歳過ぎた老犬・龍之介の食事と介護、若返りのミネラル・もみ殻微粉末のダイヤモンドシリカはどうやって食べさせる?②

昨日の3月27日で、我が家のわんこ、
龍之介くんは、18歳と一ヶ月となりました。

IMG_3146 (1)

これまで食べていた、お肉とおから、おさかな、というご飯は、
まったく食べてくれなくなりまして・・・
(PД`q。)・゜・.

特に、私の、毎日同じ、でも手作りご飯、なのに、まったく食べてくれません。

649.jpg

・・・3匹いたときのものです。

664.jpg

・・・半熟たまごがはいる日も・・・

でも、まあ、お肉と言っても、
ささみや、鳥胸肉、鳥レバー、砂肝に、
豚もも肉、豚レバー、ハツ、タン。
それに、刻んだ納豆・・・

ステーキ用の牛肉だと、食べてくれる・・・
それもその日買ってきた生肉だと、食べてくれます。

1098.jpg
この写真も、2018年のものです。

牛肉は、生で食べさせてよいと聞いたので、
人間がステーキの時は、わんこたちもお相伴にあずかって、
豪華食事でした。

665.jpg

あのころは、本当によく食べてくれました。
特に、ヒレステーキを生で、の時は、あっという間でした。

そして、今も、
ヒレステーキ肉や、ロースの薄切り肉なら、
小さく、切ってですけれど、食べてくれます・・・

昔、三匹散歩させていたときに、
「うちの犬は、高級牛肉しか食べてくれなくなっちゃったよ」
って話してくれたおじいさんがおられましたが、

まさに、龍之介もそうなりました・・・

 o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

あとは、おさしみ。

IMG_3304.jpg
・・・生協の冷凍の切り落とし

だけど、
18歳のお誕生日を過ぎたあたりから、
食が細くなって、食べなくて、困っていました。

でも、

IMG_3271.jpg

うちのパパさんが作ったごはんは、食べてくれてまして・・・
ヾ(*゚Д゚*)ノ゙

これです ↓
IMG_3270.jpg

とろとろ、ふわふわ卵の上に、牛の生肉がのっています・・・

この、とろとろ・ふわふわ卵が作れないんですよ。
食べているところをみると、
たまごがやわらかーく、伸びてる・・・

秘訣は、
細かく刻んで、よーく練った納豆をいれたとのこと!

で、こっそり作るところを見てましたら、
少しのおからを水でとかして、火に掛けて、ふわふわにして、
それも混ぜ込むみたいです・・・

あの職人わざの、ふわふわオムレツたまごとは、少し違ってました。
(*ゝω・*)

でも、龍之介が食べてくれれば、それで、OK!

うちのパパさん、頭を使った食事作りが得意なので、ありがたいです。
ありがとぅ*.+゚(๓´͈ ˘ `͈๓).*♡

あとは、海老フライの尻尾を細かく刻んで混ぜ込む!
匂いで食べてくれる・・・

IMG_3293 (1)

こちらは、海老フライの海老と、その衣がトッピングされてます
o(*'▽'*)/☆゚

おいしく、完食してました・・・

でも、食事って、朝晩、毎日です。
大半は、私が担当・・・

それに、海老フライだって、毎日となると、飽きるはず・・・

私もいろいろ考えに考えて、
人間の味付けのものはいけない、とは言うけれど、
食べてくれるほうが先決だし、

・・・ということで、
秋川牧園さんのフライドチキンチキンナゲット、唐揚げとかが、
生協で出ていたので、これをご飯にしてみることにしました。

IMG_3281.jpg

凍った中の肉がやわらかくなるまで、アルミホイルでくるんで、
オーブントースターで焼きます。
包まずに直接焼いたりすると、焦げたり、周りが固くなって、
歯がほとんど無い龍之介に、たべられない、いらない、と、拒否されます。

IMG_3318.jpg

やっぱり、ジューシーですね。

IMG_3338.jpg

やっぱり、おいしい・・・
(๑╹ڡ╹๑)

ちいさく切ってあげたら、完食してくれました。


それに、かぼちゃのペースト・・・

IMG_3330.jpg

カボチャの皮をとって、薄切りにしたのを、
お水でまずやわらかくして、みりんを入れて、練り練り・・・
最後に、北海道てんさいオリゴ糖を入れて、
もう一回、練り練り・・・

これも、龍之介、大好きです。

・・・まあ、お菓子みたいなものなんで・・・

 ( ´∀`)b


そして、
昨年終わりにやっと出会えたもみ殻微粉末のケイ素!
龍之介も、18歳の、老人も老人・・・いや、老犬なので、
からは、ケイ素がなくなっていて、ほとんどゼロ状態のはず・・・

ケイ素は、まさに若返りのためのミネラルなので、
これを補いたい!


自分でご飯をたべてくれているときは、
ごはんに、もみ殻の微粉末の「ダイヤモンドシリカ」をふりかけて、
まぶしてたべさせていたのですが、
daiyamondo-silica-jpg.jpg

ご飯自体を、食べてくれなくなると、
せっかくまぶしても捨てることになるので、

IMG_3324.jpg

注射器に入れて飲んでもらうことに。

IMG_3246.jpg

溶かす液体は、我が家の手作りEM菌!
EM菌シリカ1グラムを投入したところです。

そして、よくかき混ぜて、針無し注射器に入れて、お口の中へ。

・・・スポイトだと、シリカの微粉末で、どうしても目詰まりしてしまうのです。

これが我が家のEM菌!
IMG_3311.jpg
EM菌の泡立ち、いいですよね!
もう、2,3日前なら、もっと白い泡がビールのように、吹き上がっていました。

そして、このペットボトルの中のEM菌です。
IMG_3265.jpg
色がきれいなんです。
そして、とっても、しゅわしゅわしています。
酵母菌・光合成細菌・乳酸菌が、
元気に生きてる、という感じがします。

これまで使っていた、セットで売られていた糖蜜をやめて
沖縄の黒糖と、北海道てんさいオリゴ糖に変えました。

IMG_3313.jpg

作り方は、超簡単!
2リットルのペットボトル、2本分ですが、
① 2リットルのお水を、お鍋で沸かして、
② 黒糖100g、22gを溶かしていれて、
 北海道てんさいオリゴ糖も、どろどろって、いれます。
③ 溶けたら、それを半分にして、
お水を加えて、一本分を1,5Lから1,6Lにして、お湯を40度くらいにする。
④ ここに、リンゴジュースをそれぞれ、80mlくらい加える。
⑤ 最後に、EM菌80mlくらいをそれぞれに加える。

一本分なら、二つに分ける手間がないので、もっと早いかもです。

ところで、このEM菌ですが、

EM・1はすべて天然の原料で製造されておりますが、
土壌改良資材・畜産A飼料資材で、
人間の飲用を目的として製造されたものではございません。
EM・1のご飲用はお控えください。
ご飲用の商品としましては、
EMの作り出した微生物培養エキスを含む
清涼飲料水「EM・X GOLD」がございます。

・・・とのことです。

EM菌「EM・1」は、
無農薬、有機の材料で、培養されているのですが、

上記のように、
EMの販売元は「飲用はお控えください」と言っておりますので、
作られる方は、ご自分の判断・自己責任でお願いいたします。

私も、どうしようか、いろいろ考えましたが、
できあがりが1,8L、
EM菌はその中の80ml分でそこまで大量ではない、
残りの1,7L強は大丈夫な素材だし、
糖蜜ではなく、今回の素材で作ったら、
吹き上がるシュワシュワの泡がすごいし、

EM-X goldは、500mlで4650円
続けるには、ちょっと高いかなあ・・・

それと、EMX goldの原材料を見てみますと、
〉〉〉EMX GOLDは、原材料由来の有用成分を抽出したものではなく、
 EM(有用微生物群)が原材料を発酵させる過程で生み出す有用成分を抽出しています〈〈〈

・・・ということは、
EM菌自体を発酵させていることに変わりはないわけで、
発酵させるためのえさである糖蜜などを、
良いものでつくれば、問題ないのかな、・・・

・・・ということで、私は、作り続けることにしました!

作るときの注意点は、
① を入れるのを忘れないこと。
 塩は発酵の触媒となるようです。
入れ忘れたときは、
いつまでたっても、しゅわしゅわしてきませんでした(T_T)

② 水はできたら、塩素抜きになっているものがいいと思います。
 塩素で、EM菌が死なないようにしたほうがいいですね。

そして、
EM菌のビタミンCのためのリンゴジュースですが、

以前は、りんごそのものをおろし器ですりおろして、
ガーゼで搾っていたのですが、

この「りんごストレート果汁 密閉絞り」を見つけてから、
朝のにんじんジュースにいれるりんごジュースも、これにしました。

「密閉しぼり」というのは、
〉〉〉空気にふれないよう密閉した状態で、
りんごをすりおろし搾ることで、
酸化防止剤(ビタミンC)を使用せず
コクと芳醇な香りを引き出す製法です〈〈〈

青森県産のりんご100%、
その上、密閉絞りで、「酸化防止剤」を使用していない!
そして、値段もお安い!
希望の雫
1Lのが、6本入りで、2160円(税込)
1L、1本が、360円(税込)

すごく良心的ですよね!

   ・・・・・・・・・
ということで、今日も長くなりましたが、

18歳過ぎた龍之介!
90歳に近い老犬だけど、
一日でも、元気で、長生きしてね!
ママもパパもがんばるから!

ダイヤモンドシリカのお買い求めは、
こちら↓ からどうぞ!
複数買うと、割引きになります。
《カード支払いもできます》
paypalにご登録の上、ご利用ください。
振り込み手数料の安い《郵便局支払い》も作成しました。
カード支払いは、少し割高になります(_ _。)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセス解析

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自然治癒力での治療申し込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事