記事一覧

ステージⅣのガンからの生還!乳がんからリンパ節転移、肝転移、骨転移、肺転移と診断されてから半年で再起!その秘密は①

今日は、旧暦(陰暦)1月1日なので、
また、お正月です。
年賀
今年二回目のお正月!

めでたいことは、何度やってもいい!
と、いうことで、
1月7日にしまいこんだ正月飾りを、また玄関に飾りました・・・

ィェ━ヽ(*´∇`)人(´∇`*)━ィ!!

そして、午前中、用があってでかけたら、

かわいく咲く、白梅紅梅を発見!

白梅

購買

さて、
私、ステージⅣガンから生還して、
10ヶ月経ちます。

ガンと診断されのは、2021年9月6日でした。

原発乳がんでした。

この時の診断は、
左乳腺を置換するような長径69mm腫瘤有り。
乳癌の疑い
左腋窩リンパ節長径12mmまで腫大している
肝臓S814mmの低吸収腫瘤あり。
肝臓 右葉S6には、血管腫
【診断】
左前胸部腫瘤:乳癌疑い、
左腋窩リンパ節転移+肝転移の状態

まあ、ね、
左胸は、紫色になって、今にもはちきれて
膿みが出てきそうな感じに固くぱんぱんになってましたから、
まあ、すごいだろうな、とは思ってましたが・・・

そして、約二ヶ月後の2021年10月29日、

左乳腺を置換するような長径74mm腫瘤有り。
周囲の娘結節と思われる腫瘤も増大。
左乳腺皮膚の肥厚も増悪
左腋窩リンパ節 12mm→15mm
第3頸椎:椎体の大部分に溶骨性腫瘤を認め、椎体高は減少、
    腫瘤の脊柱管内への進展認める
    右優位に両側横突孔にも病変が進展
右第6肋骨後部溶骨性病変あり、前回から認め増大
肝S814mm S710mm 低吸収腫瘤
肝S2、3にも8mmまでの低吸収域
肝右葉S6血管腫

両肺5mmまでの結節あり
一部前回もわずかに認め、増大している

【診断】
左乳癌、リンパ節転移、肝転移、肺転移、骨転移
増加、増大しています。

・・・検査結果を写真で載せようかと思ったのですが、
やはり、ちょっと躊躇しまして、
それで、なかなか、書けず、また、日にちだけが経過しました。

・・・ともかくも、こうやって書き出してみると、
すごかったんだなあ、と、自分ながらに思います・・・


ということで、
これほどまでに、ひどい癌の状態なので、

とにかく、まずは頸椎の癌が心配!

頸椎は1番から7番まであるのですが、
頸椎3番がレントゲンに映らない、
となると、ここには、大事な頸髄があり、
その頸髄を痛めてしまうと、
四支麻痺!(手足の麻痺)

∑(๑ºдº๑)!! ワオ!!

特に、頸髄の1~5番あたりでは、呼吸が止まる・・・

=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇) ヒエー!!!


ということで、同じ病院の整形外科を受診して、
抗がん剤より先に、頸椎への放射線、ということになり、

11月中ころから、10回の放射!

11月29日・月曜日に放射線終了して、
12月3日・金曜日に抗がん剤、第一回目をやりました。

翌週12月9日・木曜日に、
白血球が、800しかなくて、(基準値は、3300~8600)
正常1/4!

「このまま入院してください、危ないです」
ということになり、緊急入院・・・

そりゃあ、そうですよ。
放射線、回を重ねるごとに、どんどんが痛くなり、
10回目は、放射線、もうやりません、と訴えたのですが、
説得されて・・・

第3頸椎、って、場所としてはちょうどちんこのあたり、
飲み込みするところですね、
そこを焼いてしまったので、辛い辛い・・・

水も飲めない、唾も飲み込めない、
当然、夜も眠れない・・・

・・・だのに、乳腺外科の主治医の先生は、
「抗がん剤をすぐにやりましょう!」

「やりたくないです」と抵抗しましたが、
決め台詞は、
「あなたの体がもたないかもしれない」

・・・仕方なく、12月3日に、
これまた、最悪の抗がん剤・ドセタキセルと
まあまあのハーセプチン・・・

その結果、
体の中で戦ってくれるはずの白血球が、大幅になくなり、

12月9日から10日間の入院生活。

そんな状態なのに、主治医の先生は、
3週間サイクルなんだから、年末で病院が休みになるし、と、
12月22日に抗がん剤を予定されていたのですが、

水も飲めない、ものも食べられないから、無理!
と、断固、拒否して、


2022年1月5日に、
「正常細胞には悪さしない抗がん剤だから」と説得されて、
ハーセプチンの抗がん剤をやりました。


2月16日にまたハーセプチンの抗がん剤をやる、ということで、

2月14日に、CT、血液検査をしましたら、

左乳腺腫瘤は前回から縮小している。
正常乳腺との区別難しい

(*˙˙*)⸝ ヤッター!!!

ただし・・・
縮小した腫瘤~乳腺に小石灰化多数みられる

両側腋窩リンパ節は、前回から縮小し、
今回有意な腫大を認めない
ほか有意なリンパ節腫大なし

頸椎3番椎体の溶骨性腫瘤縮小し、
今回同部に破壊と硬化性変化を伴った椎体が認識できる

右第6肋骨後部溶骨性腫瘤縮小し、
硬化性変化が進んでいる

8mmまでの淡い低吸収結節が複数ある
前回から縮小、消退している

肝S6に既知の血管腫あり、前回同様

両肺に前回出現した小結節は縮小、消退している

٩()۶✧ ワーイ!!!


こんなに早く、癌が縮小・消退!

主治医の先生は、
「抗がん剤がすごく効いたんだね!」

私(そうなのかなあ?)
 (全否定はしないけれど・・・)


この最高の検査結果を聞いたので、
もう、抗がん剤はいいです、と、申し上げましたが、

「ここでやめないほうがいい」と説得されて、
ハーセプチンだけ、受けました。

その一ヶ月後の3月16日、
また、腫瘍マーカーがさがっているので、

私「これ以上は、抗がん剤、やりません!」

主治医の先生
「この先、絶対に、悪くなると思うよ」

私「大丈夫です。私、自分で治します」

٩(ˊˋ*)و

ちょっと強気すぎましたけれど、
4月20日も大丈夫、

6月の血液検査も大丈夫、で、

このころから、テニスも復活・・・

そして、現在に至ります。


なにゆえに、こんなに早く?
何がよかったの?

詳細はまた書きますが、

やはり、
体の基本がしっかりできていたから、

というのは、ありますね!

ケイ素で体の基本は作っていた、という思いはあります。

そのケイ素は、含有量が多くて、安全で安心のもみ殻微粉末から、どうぞ!

daiyamondo-silica-jpg_20220529105258f2a.jpg

特選ダイヤ

もみ殻シリカ






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uranaiwanko

Author:uranaiwanko
算命学とホロスコープ、タロットカードで、人の生まれ持った性格や運気を占う占い師です。
自分自身が健康で元気でいたい、その一心から調べまくって、塩(ナトリウム)とケイ素、この二つのミネラルに大切さに気づきました。
結果、精製塩の良さに気づき、またもみ殻微粉末のケイ素にたどり着いたことで、販売することになりました。応援よろしくお願いします。

ダイヤモンドシリカご注文フォーム

ダイヤモンドシリカと特選ダイアモンドのご注文フォームです。お名前、メールアドレス、郵便番号 ご住所 電話番号 個数をご記入のうえ、ご送信ください。ご送信後、数時間経っても当方からの返信がない時は、お手数ですが、marie-mama@kni.biglobe.ne.jp までご一報くださいませ。すぐに対応いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント・ご感想をどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス解析

もみ殻そのままのケイ素・ダイヤモンドシリカ

https://blog-imgs-135.fc2.com/u/r/a/uranaiwanko/daiyamondo-silica-jpg.jpg

赤血球が瞬時にきれいになる?梅醤エキス

梅醤エキス 250g - いんやん倶楽部

価格:1,782円
(2021/6/8 12:51時点)
感想(0件)

俺のフレンチ・イタリアン

最新記事